So-net無料ブログ作成
アウトドア ブログトップ
前の10件 | -

日本山岳ガイド協会主催「安全のための知識と技術」in盛岡 [アウトドア]

20181116annzenn01.jpg

日本山岳ガイド協会主催、北日本山岳ガイド協会主管の
公開講座「100万人の山と自然 安全のための知識と技術」を
聞くため盛岡市へ行って来ました。

3年前に由利本荘市での講座に参加して以来2度目。
コチラ=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2015-10-10

仕事を早めに上がり職場から直行。会場は盛岡市「おでって岩手」。
受付には職場地元の大川ガイドさんが。そして見知った顔が。
地元岩手だけでなく、秋田、青森の方々も。

開会式から。日本ガイド協会には全国59団体が加入しており
2000名のガイドが所属していること。北東北ガイド協会は、
H27年に結成され、52名のガイドが所属していることなど。

佐々木大輔氏は理事と言うことで挨拶してました。

20181116annzenn02.jpg

最初は、国際山岳医の盛岡友愛病院外科・中島孝之氏の
「登山中の外傷と処置について」
以下、自分用メモ。(私がそう聞いた、だけなので内容は??)
・外傷を洗うのに、ペットボトルに水道水(塩素が良い)を入れて、
 フタをキリで穴を開けた物を取付、シャワー状に吹き付ける。
・穴を開けたフタは救急用具に入れておく。使う時に付け替える。
・ねんざ等の固定にペットボトルの銅を切り開いて使う。
 (ペットボトル使える!)
・医療用手袋有った方が良い。草取りにも使えるw。無ければ
 コンビニ袋でも良いので、直接血には触らない。
・アルコール含浸綿もあれば良い。キズの周りを拭くことで
 キズへの雑菌の侵入を防ぐ。
・救助ヘリに居場所を知らせるのに、LEDヘッドランプが有功。
 点滅にし、ヘリに向ける。樹林でも昼でも見えるそうです。

休憩時間を使って、毎度?のアミノバイタルの説明。
山頂での休憩時に1本飲んでおくと、下りまでに筋肉復活するとか。
んー、芍薬甘草湯ドーピングwはするけど、アミノバイタルは知らなかった。
切実な問題なのでw、試してみます。

20181116annzenn03.jpg

国際山岳ガイドというか我々にとってはエクストリームスキーヤー、
フリースタイルスキーヤーの佐々木大輔氏の登場。
ご両親がワイルドでビックリ。盤渓の山に自宅を自作?。
そんな環境で山に浸っていったんだなぁ、と。
山の状況、心も含めた自分の状況を見極めイメージすること。
な話を聞き、焦ったり大丈夫バイアスがあったり、するけど
常に心がけようと思ったのでした。

20181116annzenn04.jpg

こっそりw、スライドの1枚。三浦雄一郞氏と若かりし大輔氏ですが、
私の注目点は板。K2のこの板、持ってますw。両方ともww

20181116annzenn05.jpg

大輔氏にご挨拶をし、記念撮影。
ヤ〇マーの営業ではありませんww

この後、takahasiさんに誘っていただき、盛岡のスノーボーダーの
皆さんと飲みに行った話はコチラw
https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-11-18-2

西根鍛冶店のクマ鈴 [アウトドア]

秋田県種苗交換会にいつも出品している西根鍛冶店(北秋田市小又)。
http://e-shop.kitaakita-meibutu.com/nisinekajiten.html

嫁さんが包丁を見たいと立ち寄りました。
群馬県の鍛冶屋さんも出店してますが、どうせ買うなら
地元の方が後々便利かな、と。

で、嫁さん出刃と三徳をお買い上げ。ついでに私がクマ鈴をw。

20181106bell01.jpg

前々から気になってましたが、あまりの立派さ?に踏ん切り付かず。
今回は嫁さんの勢いに乗りましたw。

20181106bell02.jpg
左が西根鍛冶店製。右が現在使用中。二ツ井の自然倶楽部で購入かな?w

重量160g。重め。今まで使ってるのが100g。
音は高くて澄んだ音がします。

古い方は引退?と思いましたが、朝日新聞にクマ被害の記事が。
それによると、日本ツキノワグマ研究所の米田所長が、
「クマは異音を嫌うので、
クマ鈴を2個身につけるように&クマ避けスプレー」
なことをおっしゃってるではないですか。

ザックに2個付けます。賑やか~。

クマ鈴の音動画



https://youtu.be/8FcmCTKIm0g

公開講座「百万人の山と自然 安全のための知識と技術」が盛岡で [アウトドア]

公益社団法人日本山岳ガイド協会主催の
「百万人の山と自然 安全のための知識と技術 公開講座」
が盛岡市であります。
一般登山者や自然愛好者の安全に対する知識と技術の向上のため、
全国各地で開催されているもの。
3年前は秋田県由利本荘市(旧・鳥海町)でもありました。
その時の記事=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2015-10-10

すごく勉強になります。役に立ちます。チャンスがあれば参加オススメ。

今回は隣県だしどうしようかと思っているうちに忘却ww。
でしたが、毎度うっかり茶臼岳山頂の新ちゃんがFBで紹介してるのを
拝見してムラムラw。職場(大館市)から直行すれば遠くない。

申込書をメールに添付して送信。すぐOKが来ました。早い。
受付番号的に、まだ50人くらい枠がありそうです。

興味がありましたら如何でしょうか?

日時 11月16日(金) 19:00~21:00 (開場18:30)
会場 盛岡市観光文化交流センター「プラザおでって」3階
   入場無料
内容

  ▼盛岡友愛病院副院長 国際山岳医
     中島 隆之氏
    「登山中の外傷と処置について」
  ▼公益社団法人日本山岳ガイド協会認定国際山岳ガイド
    佐々木 大輔氏
    「大自然に学んだこと  世界の山々を滑る デナリまで」

詳細パンフ。翌日(11/17)の実技講習もあります。 
http://www.jfmga.com/pdf/30_kokaikoza_morioka.pdf
こちらの最後に申込み方法と申込書があります。

30_kokaikoza_morioka_1.jpg30_kokaikoza_morioka_2.jpg
※行ってきました
https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-11-18

今日も白神岳へ 紅葉は残念、二股コースの情報ゲット [アウトドア]

平成30年10月20日(土)

20181020shirakami10.jpg

登山口駐車場6:45-6:50記帳所・登山口6;53-7:19二股分岐-
7:48水場7:50-8:22蟶山分岐-8:59大峰分岐尾根取っかかり-
9:22大峰分岐-9:31白神岳山頂

白神岳山頂10:01-10:11大峰分岐-10:22大峰分岐尾根取っかかり-
10:49蟶山分岐-11:04水場-11:20二股分岐-11:35登山口・記帳所
-11:39駐車場

本日も午後から所用。14時まで、ギリギリ16時頃まで処理できれば、
なので白神岳へw。いつも通り起きていつも通り出勤じゃなくて出動。

職場までの距離と一緒ですが、コチラの流れは素晴らしく7時半前に到着。
駐車場には車11台。続々出発していきます。他県ナンバー、レンタカー多し。

本日の目標、駐車場から山頂まで3時間を切ること。
5週連続の山なので、調子が良いような気がするw。

6時45分駐車場出発。早速太股に違和感が?あれれ??。
一抹の不安を抱えつつ、いつもより早いペース(のつもりw)で歩く。
ゼイゼイしない心拍数を心がけて、です。

ポイントポイントで時間を確認するもいつもと変わらず。
遅くないだけ良しとするか(汗。

20181020shirakami01.jpg

かなり頑張って歩いたつもりながら、通常と変わらず最後の水場。
この後の急登始まりにあるブナが好きだったのですが…
禿げてる!!、つーくらい葉っぱが無い。紅葉前に落ちた模様。
2週連続台風の風及び塩害による落葉っぽい。残念。

20181020shirakami02.jpg

蟶山(マテ山)の紅葉。もっとまっ黄黄になるハズなんですが。
蟶山分岐までの急登、先回より頑張ったつもりでしたが気持ち遅い(汗。

20181020shirakami03.jpg

蟶山分岐を過ぎ、紅葉の尾根歩き。隙間から山頂見えます。
尾根上には小ピークが3つくらい。折角登ってちょっと下り。
自分的には快調に進み、大峰分岐手前の急登も楽々。
蟶山分岐までの急登と比べたら軽い軽い。(個人の感想ですw)。

20181020shirakami04.jpg
大峰分岐手前から南方面。二股コースの尾根が見えます。
歩きたい。

20181020shirakami05.jpg

山頂への途中から。登って来た尾根です。海がキレイ。

20181020shirakami06.jpg

山頂。駐車場から2時間46分。目標達成。
岩木山、今日も見えません。雲の中。

20181020shirakami07.jpg

お昼?行動食は、トマトスープとバター餅。

30分ほどまったりし、10時下山開始。
登りは苦手だがw、下りは得意。スキーヤーなので??w

太股、膝の調子が良いので、ちょっとスピードアップ。重力に逆らわない歩き方。
なので、急斜面は早く、緩斜面は遅い。登り返しは地上に降りたコアラw。
減量効果か膝も痛くなく、順調。

20181020shirakami08.jpg

真っ黄色。こんな色が山中に広がるハズなんですが。

20181020shirakami09.jpg

蟶山を下りながら。これはこれでキレイ。

急斜面のスピードは先回と変わらず。緩斜面の下りを少し頑張り、
登山道入口到着まで94分。駐車場まで98分。
これって、先週の田代岳より早い。

11時40分に駐車場着。
車の数は17台に増えてました。
山頂で会った方々、途中擦れ違った方々、20名以上。賑わってます。


片付けを終え、11:50駐車場出発。
12:40自宅到着。風呂入って、飯食って、所用のため外出。

20181020shirakami10.jpg

市街地に向かう道すがら、白神岳が見えました。
泊まり装備で登る人も多かったけど、海に落ちる夕日が拝めたかな。

※オマケ
山頂で、パトロールの方にお会いしたので情報を伺いました。
・今年の紅葉は、今までで最低。台風の風で葉っぱが飛ばされた。
・二股コースの付け替え工事は完成した。
・完成検査が未だなので、開通はそれ以降。
・今までのコースから見て、30分近く遠回り。
・一ノ沢を過ぎてから山の方へ入る。かなり蟶山コースに近いところまで。
・登山道の草刈を請け負う業者が見つからず、今年度中の二股開通は厳しい。

来年かなぁ、歩きたい二股コース。


田代岳の山頂避難小屋完成間近、池塘の草紅葉が見事 [アウトドア]

平成30年10月13日(土)

大広手登山口7:26ー8:15四合目(荒沢コース合流)-8:22五合目
-8:52九合目(池塘)-9:05山頂9:33-9:47九合目(池塘)
-10:13五合目-10:18四合目分岐-10:48大広手登山口

20181013tashiro07.jpg

午後から職場へ行く用事がありました。じゃあ午前中に田代岳行ってみるか、と。
エクストリーム出社的な何かw。
山頂に建設中の避難小屋(神社)がどうなったかも気になるし。

S師のブログによると9月下旬で屋根が完成したらしい。
コチラ=http://showsuke22.blog44.fc2.com/blog-entry-627.html

能代を6時前に出発。田代岳大広手登山口到着7時過ぎ。
登山口まで未舗装区間が11kmほど。リアショックを交換したパンダ、
前回のように車が崩壊しそうな音はしなくてヤレヤレ。
コチラ=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-06-03

とは言え、30km~40km/hがやっと。
そこへ後方から凄い勢いでアウトランダー。速い。道譲りました。
その後、レクサスやBMWのSUV。エクストレイル。
飛ばしても乗り心地良いんだろうな。にしても多いな?登山客??。
後で考えたら、三菱ロケット試験場へ通勤する方々みたい。

準備を整え、7時26分出発。
上記S師のブログによると登山道に草が被って歩きにくいとか。
先週行った方の記事にも同様の記述。入ってすぐ道に迷ったとか。

20181013tashiro02.jpg

足元が見えないので慎重に。写真、赤いラインが登山道です。

20181013tashiro03.jpg

S師の記事通りヘアピンを抜けたらいつもの登山道。3合目手前付近。
手袋に種がビッシリ。感触良くないので種を払い歩いていると、
突然流れる音楽。♪あたらしい朝が来た~ ~それ1・2・3♪
ラジオ体操です。三菱ロケット試験場に朝が来たようです。8時でしたw

20181013tashiro04.jpg

4合目(荒沢口コースとの合流地点)手前の紅葉。木の上部が紅葉。

20181013tashiro05.jpg

5合目(上荒沢コースとの合流地点)上部の紅葉。
山頂避難小屋建設のためのモノレール軌道と。

20181013tashiro06.jpg

9合目、池塘に出ました。広がる草紅葉が見事。

20181013tashiro07.jpg

池塘の向こうに山頂。あと少し。ですが、まずは紅葉を堪能。のんびり。

20181013tashiro08.jpg

山頂到着。登山口から99分。私的には優秀w。
避難小屋は壁が出来ており完成間近に見えました。

20181013tashiro09.jpg

池塘側(東側)から。
こちらに見える開口部が入口になるのでしょうか?

20181013tashiro10.jpg

雷岳側(西側)から。

20181013tashiro11.jpg

正面(南側)から。
壁に半分に切った丸材を貼り付け鳥居の形を作っています。
避難小屋として整備してますが、神社機能?もOKにする
ナイスなデザイン。設計した人素晴らしい。この入口は神社用?

20181013tashiro12.jpg

秋田県人のソウルフード。たけやのバナナボード。
県内商業高校とコラボした一品。秋田商業高校の抹茶あずき。
アンコとクリームと抹茶と求肥。私のツボを突きまくってますww。
シェラカップに入ってるのはホットコーヒーです。
赤ワインではありませんw。

30分近くマッタリしてましたが、仕事もあるので重い腰をよっこらしょ。

20181013tashiro13.jpg

下りながら池塘の草紅葉。黄金色に輝いてます。
私の写真技術じゃ伝えきれず。もっともっと見事です。

20181013tashiro01.jpg

下りは、紅葉を見下ろす形になっていい感じ。

20181013tashiro14.jpg

下っていたら、紅葉の中を工事の人と資材を乗せたモノレールが
登って来ました。歩くより早いかどうかなスピード。

本日山中でお会いしたのは、工事の2人の方と登山者1人。少ない。

11時前に駐車場到着。自分の車だけ。
車で40分、たしろ温泉ユップラへ。https://www.yuppura.jp/onsen.htm
汗を流し、昼ご飯を食べ、職場到着12時半。一応エクストリーム出社w。

20181013tashiro15.jpg

ユップラの月替わり定食700円。
調理長のおすすめ「チキン南蛮定食」

色づき始めた白神岳へ [アウトドア]

平成30年10月8日(月)

登山口駐車場8:37-8:43記帳所・登山口8;47-9:14二股分岐-
9:47水場9:51-10:21蟶山分岐-11:06大峰分岐尾根取っかかり-
11:32大峰分岐-11:42白神岳山頂

白神岳山頂12:21-12:31大峰分岐-12:46大峰分岐尾根取っかかり-
13:16蟶山分岐-13:31水場-13:51二股分岐-14:11登山口・記帳所
-14:15駐車場

目覚めて外を見たら太陽が出てました。山日和?。
来週末も出勤だし行ける時に行っとくかと準備開始。
途中のセルフでガソリンを入れ、スーパーでおにぎりを買い、
向かうは白神岳。駐車場までなら職場より近いww。

8時15分頃到着。車はまあまあ駐車中。二人ほど見送りながら準備。
8時37分出発。駐車場からの階段がツライんですけど(汗。
大丈夫か?俺。記帳所で登山届けを記入し、久々の白神岳へ。

20181008shirakami01.jpg

白神岳、標高1232mの低山ですがとてもキツい。
駐車場が190m位なので標高差1000m以上、山頂まで
6.5km。鳥海山を駐車場から登るのと変わりません(汗。

さらに、低山なので展望は効かず風は無く気温は高い。
今日は湿気も高く修行にピッタリな山w。
本日の目標「脚を攣らないこと」(汗。
山頂まで3時間半なペースを心がけます。

20181008shirakami02.jpg

登山口から約30分、二股分岐。おや、立ち入り禁止の看板が。
「工事関係者以外 立入禁止」。何の工事でしょ?
二股登山道復活の工事だと嬉しいのですが、山崩れ防止かな。
※追記
 ナリユキさんのブログによると二股コースの整備とのこと。
 http://nariyuki918.blog.fc2.com/blog-entry-250.html
 うれしい。今年の紅葉に間に合う模様。この紅葉がまた見られそう。
 https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2010-10-30-1

20181008shirakami03.jpg

だらだらと標高を上げ、最後の水場。この先から急登。
このコース、一番の難所かも。

20181008shirakami04.jpg

蟶(マテ)山分岐への急登が始まる地点。
ここから見上げる景色が好きです。
新緑もいいし、この先紅葉も素敵です。

20181008shirakami05.jpg

800m付近から色付き始めてます。
緑~黄~赤のグラデーション。色づき始めも良いですね。

蟶山分岐から先は尾根。アップダウンを繰り返しながら
大峰分岐の尾根まで45分。ピクピクしたがる脚を騙しつつw、
登り始めるとガスが。上はガスだったのか…。

20181008shirakami06.jpg

と、一瞬切れました。山頂が見えます。紅葉がキレイ。
黄色の葉っぱに光が当たり輝いて見えます。

20181008shirakami07.jpg

その後はガスに包まれたり切れたり。
大峰分岐を過ぎ白神岳までの尾根から、向白神岳。奥に岩木山。
光が当たり紅葉が黄金色に見えました。
伝わらない写真の腕前でスミマセン…。

20181008shirakami08.jpg

白神岳山頂。登山口から2時間55分。自分的に超優秀。脚攣ってないしw。
暑くもなく寒くもない山頂でマッタリ。入れ替わり3人の方と会話。
40分も居たので、こんな一瞬もありました。向白神岳と岩木山。
岩木山、山頂の雲は最後まで取れず。津軽平野は見えました。

20181008shirakami09.jpg

自撮り、ではありません。東京からいらした方に撮って貰いました。
山頂に自分だけの時が多いかも。ってほど登ってませんがw。

山頂出発12:21。いつになくゆっくり。

20181008shirakami10.jpg

下ってたらガスが切れてきました。海が見える。
尾根、谷の紅葉がキレイです。

フルスピードで下ると、膝、太股が逝きそうなので抑えめに。
登山口まで2時間弱。記帳所で下山届に記入。
脚攣らなかったので、自分としては良い山行でしたww。

八甲田山 ロープウェイ~谷地温泉 縦走 [アウトドア]

平成30年9月29日(土)

八甲田ロープウェイ山頂駅9:17-9:40毛無岱分岐-10:06八甲田温泉分岐-
10:16赤倉岳-10:22井戸岳10:27-10:44大岳鞍部分岐-11:03大岳11:06-
11:37小岳分岐11:40-12:03小岳12:25-12:57高田大岳鞍部分岐-
13:37手前ピーク13:46-13:48高田大岳13:51-15:15谷地温泉

北の方なら晴れが期待できるのでは?、とyasuさんに誘われ八甲田山。
狙いは青空と紅葉。

ロープウェイを利用し、
山頂駅~赤倉岳~井戸岳~大岳~小岳~高田大岳~谷地温泉のルート。
谷地温泉駐車場に集合。一台デポしてロープウェイ駅へ。
チケット販売を待ってる間に団体さん続々。一便に乗れるかなぁ…。
何とか一便で山頂へ。

20180929hakkouda01.jpg

山頂駅。青空が見えてます。
団体さんが出発準備をしてる間に先行。静かな山歩き。

20180929hakkouda02.jpg

田茂萢の湿原からこれから行く赤岳、井戸岳、大岳。
日光が当たり草紅葉が輝いています。

20180929hakkouda03.jpg

赤倉岳の稜線。八甲田温泉への分岐付近から振り返ってパノラマ。
左に毛無岱の湿原、右に田茂萢の湿原。草紅葉が輝いてます。

20180929hakkouda04.jpg

赤倉岳の爆裂火口(写真右側)からガスがモクモクと。
ん~、青空は期待できないかも…。

20180929hakkouda05.jpg

赤倉岳を通過し井戸岳。
井戸岳火口の紅葉がキレイ。伝わらない写真でスミマセンw。
この時点では大岳も見えてたんですよね。かろうじて。

20180929hakkouda06.jpg

井戸岳から大岳鞍部に下りながら、大岳東斜面。
yasuさんご推薦の草紅葉。すごくキレイな色です。
春~夏に滑ってる雪渓の場所がこうなるんですね~。

大岳鞍部までは殆ど人に会わない静かな山行。
鞍部を過ぎて大岳に登り始めると人・人・人… 賑わってます。

20180929hakkouda07.jpg

大岳山頂。ガスの中です。
ちょっと下れば下の草紅葉がきれいに見えるんですけど。
3分ほどで出発。

20180929hakkouda17.jpg

大岳を仙人岱方面へ下りながら。
冬にお世話になる硫黄岳。良い斜面です。

右下の紅葉も日光が当たると輝いてキレイとのこと。
紅葉は日光が当たると輝いてキレイで明るい雰囲気だけど、
当たらないと小寂しい色だな、と個人的感想。

20180929hakkouda08.jpg

ガスはかかったり取れたり。これから向かう小岳が見えてきました。
そしてココは過去に初滑りwをしたことがある場所。
この時=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2010-11-21
アホですww

小岳分岐でクマ鈴装着。あまり人と会わないルートなので不安。
でしたが杞憂でした。今日は20人以上と擦れ違い。
谷地温泉から高田大岳の登山道刈り払いの好影響でしょうか?

20180929hakkouda09.jpg

小岳山頂から望む、大岳、井戸岳、赤倉岳(左から)。
ここで昼食タイム。

あまり休むと冷えるので、20分ほどで出発。高田大岳見えず。

20180929hakkouda10.jpg

でしたが、チラッとw姿を見せてくれました。良い形。滑りたいw。

20180929hakkouda11.jpg

小岳~高田大岳の登山道は厳しい。洗掘だらけ。深い。段差大きい。
そして水、泥。yasuさんは登山用長靴。万全です。

高田大岳鞍部を過ぎ最後の登り。脚にきましたw。いつも通り。
スピードを落とし攣らないよう慎重に慎重に。
這うように山頂の稜線に到着。芍薬甘草湯飲んで休憩。

20180929hakkouda12.jpg

高田大岳山頂。先ほど休憩した手前のピークがギリギリ見える視界。

そして1年前にはかろうじて有った神社の屋根が…
昨年=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-09-27

20180929hakkouda13.jpg

神社裏手、谷地温泉と反対側はガスが切れて少し見えました。
草紅葉きれいです。

いよいよ谷地温泉への下り。私はこのコース初めて。不安w。
1000m付近までの標高差550mをひたすら下る急斜面。
ほぼ直線。脚終わるかも(汗。ローインパクトを心がけ慎重に。
1000mを過ぎるとダラダラと長いそうです。(yasuさん談)

20180929hakkouda14.jpg

天狗の踊り場で踊るyasuさんw。
刈り払いがされて、且つ新しい案内標識がありました。
随分歩きやすくなったそうです。

20180929hakkouda15.jpg

とは言え、道の悪さは変わらず。
これは川ですか?いいえ。沼ですか?いいえ。登山道ですw。
長靴のyasuさんは余裕。カメラを意識して踊ってますww。

私はトレッキングシューズの防水とロングスパッツを信じて突入。

20180929hakkouda16.jpg

谷地温泉の近くは気持ちの良い樹林。

高田大岳の登りからガクッとペースを落としましたが、
無事に谷地温泉到着。
600円払って硫黄温泉を堪能。2種類+2種類の4種類の源泉。

紅葉には少し早く、天気も途中からイマイチでしたが
何とかw歩き切れたので満足な山歩きでした。


※10月1日追記
 yasuさんから動画が届きました。



https://youtu.be/roQjSkXxLkc


レザーマンのマルチツールを購入 しかけたが… [アウトドア]

山へ行くときはプライヤーベースのマルチツールを持って行きます。
ほとんどお守り。使うことはマレ。でも無いと不安。

持っているのは、ガーバーのT3(MP-400)。
プライヤー、ナイフ、ハサミ、+-ドライバー等々。
ナイフは使ったこと無いかも。プライヤーとハサミは時々。

そのガーバーが、一昨日の山行前に見当たりません。
最後に使った記憶は8月の鳥海山。河原宿で何かした記憶が。
車の中or部屋のどっか、と探すものの無い。

取りあえず持たないまま山へ行きましたが無いと不安。
なので購入を検討。無いと不安だし仕方ない。

ネットで調べるとレザーマンが良さそう。
見るからに物欲をそそる佇まい。
その中でも、リープが使用目的にピッタリかと。

こちらの物欲ブログ記事が素晴らしいから。
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=299

持ってるだけで満足感漂いそうな質感。(写真で見ただけですが)
当然ガーバーとはお値段も違います。高いw。
でも、無いと不安だし仕方ないよね。次の山行に間に合わせるためにも
今晩辺りクリックするしか無いよね。仕方ないよねww

と思ってたら本日出てきました。車の中から。何度も探して無かったのに。

んー、残念w。いや、良かった良かった。8,000円が浮いたし。
私の使用目的にはガーバーで充分です。と、諦めますww

20180925gerber02.jpg

20180925gerber01.jpg

出てきたガーバー。ケース付き。
プライヤーを引っ張り出して使います。


鳥海山湯の台コース 八丁坂の数字 [アウトドア]

昨日(コチラ=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-09-24
八丁坂を登っていて、岩に数字が書かれてるのに気付きました。

20180923hacchouzaka01.jpg

3/八。漢数字の八と算用数字。
山の次の日wには有りませんでしたから、ここ1ヶ月くらいの作業?

八は、八丁坂の八?
算用数字はどこまであるのか。八だから8?、それとも10?。
八丁坂の1合目2合目~10合目ということなのか?

と思いつつ、探しながら歩きましたが5は見落としました。

20180923hacchouzaka02.jpg

20180923hacchouzaka03.jpg

20180923hacchouzaka4.jpg

20180923hacchouzaka5.jpg

8/八 以降はありませんでした。
ここは八丁坂を登り切り、鳥海山外輪が見える場所。

なので、八丁坂にちなんで区間を8等分し、
登りの力づけをしようとしてるのかな、と想像。

ネットで検索してみましたが関連情報にヒットせず。
ちょっと気になります。

田代岳の池塘 ミツガシワが咲いてました [アウトドア]

平成30年6月23日(土)

荒沢登山口9:04-林間コース分岐9:22(川沿いコース)-コース合流9:39-
9:52三合目9:57-大広手コース分岐(四合目)10:07-
10:14上荒沢分岐(五合目)10:23-九合目・湿原11:05-田代岳山頂11:24

山頂12:07-12:46上荒沢分岐(五合目)12:55-大広手分岐(四合目)13:02-
三合目13:11-林間コース分岐13:25(林間コース)-コース合流13:39-
荒沢登山口13:54

昨年に続き今年も中学生の登山行事を手伝うことになったので下見へ。
昨年の下見=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-06-25
今年は荒沢コースの下見。案内人は今年も地元のSATOH Teruo氏。

国道7号線から荒沢登山口までは1時間弱。半分近くは未舗装。
大広手登山口はタケノコ採りらしき車で溢れていましたが、荒沢には登山の
先客が1台だけ。我々は6人で出発。

20180623tasirodake01.jpg

素敵な雰囲気の林間を抜け川沿いコースへ。
狭い。足幅より狭い場所や滑って谷に滑り落ちそうな箇所あり。
山歩きになれた登山靴の人なら問題ない箇所ですが、
スニーカーの中学生という前提で、ヤバイかもとチェック。

20180623tasirodake02.jpg

川沿いコースと林間コースが合流した後は尾根に出て歩きやすい道。
ぶなが良い感じ。

20180623tasirodake03.jpg

鉈目のあるブナを発見。何か書かれてるけど。見定?

20180623tasirodake04.jpg

五合目からトロッコの軌道が敷設されてました。
倒壊した神社に代えて避難小屋建設ののため上荒沢登山口から
資材搬入のトロッコ軌道。1000m付近まで伸びてました。
千数百万掛かるけどヘリより安いとか。秋には避難小屋完成予定。
とは地元SATOH氏からの情報。

20180623tasirodake05.jpg

池塘から山頂。ワタスゲ、ミツガシワ、ツマトリソウなど。
山頂への道には、イワカガミ、ゴゼンタチバナ、アカモノなど。
山頂にはウラジロヨウラクなど。

20180623tasirodake06.jpg

ミツガシワ
20180623tasirodake07.jpg

いつものポイントから池塘を振り返り。この景色が見たくて登ってます。

20180623tasirodake08.jpg

山頂には10人くらいの人が。今日は多いかも。
知り合いにも会ったし。
山頂は風強め。風陰に隠れて昼食。40分ほど滞在し下山。

20180623tasirodake09.jpg

ミツガシワとワタスゲ。池塘を歩く同行者。

20180623tasirodake10.jpg

1000m付近。軌道の敷設工事中でした。
このトロッコ、500kgを積載し45度の斜度を登るそうです。

下りは林間コースへ。道は広く谷へ落ちる心配は少ないものの
高低差がキツイ。斜度も川沿いコースよりキツい。さて…

20180623tasirodake11.jpg

林間コースのブナは立派。太い大きい。




前の10件 | - アウトドア ブログトップ