So-net無料ブログ作成
スキー・ボード ブログトップ
前の10件 | -

奇跡?のフラット 鳥海山心字雪渓スキー [スキー・ボード]

令和元年8月18日(日)

20190818sinji06.jpg

2週連続鳥海山秋スキー。
先週は嫁さんの車が快調で踏み過ぎガス欠寸前に(汗。
今週は燃費を意識した運転。倍近く違います。6時前に駐車場。

本日の行程
滝の小屋線駐車場6:06-6:22滝の小屋6:28-7:22河原宿7:42-
7:51大雪渓端(1560m付近)-8:21大雪渓3枚目(1710m付近)

大雪渓3枚目12:39-12:58大雪渓端13:25-13:33河原宿13:45-
14:23滝の小屋14:28-14:40駐車場

20190818sinji01.jpg

準備を整え、6:06出発。滝の小屋へ。滝の小屋で青森からの2人と合流。
suzukiさんとmatsuoさん。初の鳥海山残雪スキー。ガイドはyasuさん。

先週と同じ装備、先週より低い気温、なのに絶不調の私。汗ダラダラ。
盆期間中、連夜の飲み会が効いてる模様。悪いものが噴出…

20190818sinji02.jpg

やっとのことで河原宿。休んでると寒いくらい。
先週は繋がっていた大雪渓は3枚に分かれてました。

ゆっくり休んでから雪渓へ。台風の雨のお陰かスプーンカット小さめ。
一番下の雪渓で良いんじゃないかなぁ~。とお疲れな私ww。
でもガイドのyasuさん曰く「大雪渓3枚目が良いはず」。

大雪渓2枚目も良い感じ。ただ、ちょっと短い。
がんばって3枚目へ。なんと、スプーンカットの凸凹極小。
我々的には、ど・フラット(当社比)。

20190818sinji03.jpg

ここを本日のゲレンデとする宣言。(某・番組を真似てw)

20190818sinji16.jpg
外輪山をバックにyasuさん

まずは1本。大きめの凸凹に気をつければ快適斜面。飛ばせます。
1本目は標高差30m距離110m。2本目以降は気持ち上から。
ちょっと長い標高差40m距離150m。

20190818sinji05.jpg
matsuoさん(左)suzukiさん(右)
雪渓でフォーメーションw。その発想は無かった。


雪渓トップへも1本だけ。標高差70m距離320m。
滑ってるうちに気温が上がり雪も柔らかに。ますます滑りやすい。

20190818sinji06.jpg
自分

あえてエグれてる場所を滑ってみたり。楽しい。
我々、いや私としては、いつも以上に精力的に滑りました。

上の小雪渓では岩手のボーダーさん(女性)と五城目のsarutaさん
(BCクロカン)が滑っては登り滑っては登りとパワフルに滑走中。
凄いなぁ。と、休みながら眺める私w

最後ザックを背負って雪渓下まで。途中板を脱いで岩場を通過あり。
プラブーツ厳しいw。

20190818sinji07.jpg

山形名物「冷やしスキー」(ジョークです)。板の汚れを洗って撤収。
次は紅葉とスキー?。車次第です。

登りはヘロヘロだったので下りながら花の写真。
シャジンやフウロが少なくなりチョウカイアザミ、ヤマハハコが増。

20190818sinji08.jpg

チョウカイアザミ

20190818sinji09.jpg

ヤマハハコ



本日の動画 3分52秒



https://youtu.be/tNxUa_gXC-Y


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/OZRf6o7OomU

山の日の鳥海山秋スキーからの岩ガキ、能代ナイト2019 [スキー・ボード]

令和元年8月11日(日)

20190811choukaisan09.jpg

山形名物 冷やしスキー。
冷やしラーメン、冷やしシャンプーに次ぐ名物として(嘘ですw

今年もyasuさん、kimuraさんと鳥海山心字雪渓へ。
もちろん帰り道には岩ガキ、お泊まりは能代。能代ナイトw。

山の日だし連休だし駐車場溢れるかも、と2時起きで出発。
5時前に到着。駐車場残り数台。30分後には路上駐車に。

本日の行程

滝の小屋線駐車場6:13-6:29滝の小屋-7:18河原宿7:38-
7:45大雪渓端(1560m付近)-8:41小雪渓(1820m付近)

小雪渓13:26-13:54大雪渓端14:26-14:34河原宿14:38-
15:16滝の小屋-15:31駐車場

20190811choukaisan01.jpg

滑りを楽しむため、いつものBCクロカンに代え
プラブーツ&ゲレンデ板。重い。大丈夫か自分。

気温も高いし、ゆっくりゆっくり。
八丁坂は風が有り助かる。花もキレイで癒されます。
ハクサンシャジン、トウゲブキ、ハクサンフウロ等々。
写真撮る余力無しw。下りでちょっと撮影したのを↓

20190811choukaisan02.jpg

ヤマハハコ

20190811choukaisan03.jpg

河原宿にトウウチソウ。赤いけど多分シロバナトウウチソウ。

20190811choukaisan04.jpg

河原宿手前から心字雪渓。昨年よりは多い。大雪渓繋がってる模様。
(繋がってました。昨年は3つに分かれてました。)
昨年=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13

雪渓の様子を見ながら登り、一番上の小雪渓へ。

20190811choukaisan05.jpg

ここが良さそうです。スプーンカット小さめ。尖りも甘い。
雪も柔らかなので、当社的にはフラットww。

20190811choukaisan06.jpg

雪渓から庄内平野。黄色い花はニッコウキスゲとミヤマキンポウゲ。

20190811choukaisan07.jpg

雪渓下端は1800m付近。トップは1910m付近。ベースを1850m付近に。
写真は雪渓トップから。

トップからベースまでは標高差60m、距離160m。
もうちょい下ると標高差90m、距離240m。でも登り返しがツライw。
我々にしてはよく頑張ってw、5本滑走。

でも雪渓にはもっと頑張るテレマーカーさんが。

20190811choukaisan08.jpg

群馬からいらしたそうです。プラブーツにステップ板。
滑り降りるとすぐに登り返します。我々の到着前から。
そして我々が下る時にも。

話を伺ったら、今日はプラブーツで明日は革靴細板で、
3日目はBCクロカンというハードなスケジュール(汗。
凄いとしか。

そして昨年もお会いしています。昨年は2日目だった模様。
コチラ=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-08-05

ラスト、ザックを背負って1870m付近まで登ってから滑走、撤収。
雪渓端まで1.3km。ガタガタ。修行。

20190811choukaisan09.jpg

スキーを洗い、靴を履き替えて下山。ですが、
靴を履き替える体勢を取ったら両足痙攣。攣りました(汗。
ここまで良くもちましたが、やっぱり…。
ゆっくり片付けてる間に何とか治まりました。ヤレヤレ。

20190811choukaisan10.jpg

帰り道はいつもの道の駅鳥海の隣の魚屋さんで、岩ガキ。

20190811choukaisan11.jpg

そして能代ナイトw。

本日の動画 2分20秒



https://youtu.be/jZ--PhAC9KA


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/V6uztkgtf0E

八甲田山で、花と夏スキー [スキー・ボード]

令和元年7月28日(日)

嫁さんの車が一日借りられたので、超久々のスキー。
今季初八甲田。花も見たいし。

本日の行程
酸ヶ湯6:08-6:49下毛無岱休憩所-7:09上毛無岱休憩所7:14
-8:04大岳避難小屋-8:11雪渓
雪渓12:38-12:46大岳避難小屋-13:14上毛無岱休憩所-
13:25下毛無岱休憩所-13:58酸ヶ湯

20190728hakkouda01.jpg

久々というか、今季初の夏スキー。ザックが重いw。
酸ヶ湯出発6:08。暑くなる前に、と思ったが既に涼しくない。
niiyamaさん出発準備中。yasuさんの車到着。

気温は高い、荷物は重い、汗びっしょりで毛無岱へ。

20190728hakkouda02.jpg

下毛無岱から大岳。のハズですが雲の中。ん~。
キンコウカがいっぱい。

20190728hakkouda04.jpg

上毛無岱休憩所。キンコウカとワタスゲがコラボ。

20190728hakkouda05.jpg

毛無岱から分かれて小屋への登り。道脇の花。名前分からず。
道に落ちた小さな花びら達が模様のようで綺麗。それで気付きました。

20190728hakkouda06.jpg

ヤマブキショウマ。

20190728hakkouda07.jpg

ミヤマホツツジ。

20190728hakkouda08.jpg

ヨツバシオガマ。

20190728hakkouda09.jpg

花を撮り撮り雪渓到着、約2時間。自分的には快調。

雪渓はガスの中。様子分からず。そしてスプーンカットは凶悪w。
間もなくyasuさん、niiyamaさんと到着。

20190728hakkouda10.jpg

整地作業。スプーンカットの頭を落とすと滑りやすくなります。
何故か?雪も柔らかくなります。そして繰り返し乗るとフラット?に。

20190728hakkouda11.jpg

SUZUKIさんも到着で、本日は4人の好き者、いやスキーヤーw。
1時間ほど整地作業、その後滑走。厳しいながらも何とか。

20190728hakkouda13.jpg

ガスは時々薄くなるものの晴れることは無し。
回復を期待しつつ昼食。鷹巣町民のソウルフードと金農パンで。
飯食ってたらガスは更に濃くなり小雨まで。本日ここまで。

20190728hakkouda12.jpg

10時過ぎ、一瞬雪渓の全容が見えた時の写真。この一瞬だけでした。
本日の滑走場所、距離120m、標高差30m。
いつもより早く12時半に引き上げ。上毛無岱まではガスの中。

20190728hakkouda14.jpg

上毛無岱から下毛無岱への階段から望む下毛無岱。
キンコウカで黄色く見えます。

スキーを担いだ4人組、他の登山者を驚かせながら
(呆れさせてた??w)、下山。今季初の八甲田、そして
ラスト八甲田でした。満足w。

本日の動画 1分58秒



https://youtu.be/D2CZuzjJlPM


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/F96-1uXxIyM


何とか1本、寒風山 [スキー・ボード]

平成31年3月31日(日)

20190331kanpuzan04.jpg


職場に行かなくても良い本日、雪が積もりました。
微妙な積雪に高めの気温。どうしようか…

20190331kanpuzan01.jpg

家の前はこんな感じ。寒風山へ行っても雪無いかも?な量。
でも行ってみたいw。とりあえず現場行ってみないと。

ということで、能代出発6時。朝のウチなら嫁さんの車使えます。

20190331kanpuzan02.jpg

いつもの場所から。白くは見えますが?

20190331kanpuzan03.jpg

寒風山到着。7時。駐車場は凍結。道路も凍結。
寒風山は草が出ています。滑れるかなぁ??
(無理して草に躓くと痛そうだ)

来たからには出動w。
雪は思ったより(あくまでも思ったよりw)良い。凍ってない。
湿った雪が薄~く張り付いてます。

夏の通路部分が幾分白いのでそこを目がけて登坂。

20190331kanpuzan04.jpg

ここが本日の終点。これ以上登っても良いことが無さそうw。
幅50センチくらいの白い部分だけで、いざ滑走。
転ぶと痛そうだ。

20190331kanpuzan05.jpg

見えるでしょうか?。この直線部分だけを滑ってきました。
何とかなるもんですw。スピード感あるしスリリングだし楽しい。

ということで、久々のスキーを味わい8時過ぎには帰宅したのでした。

小学校のスキー教室お手伝い7 [スキー・ボード]

このシリーズ最後。最後を飾って水晶山スキー場で一日日程。
パンダ2はどこで崩壊しても不思議でないため、安定の嫁さんカー。
パンダ2より広くて速くて快適な軽w。

小学校の出発予定時刻より20分早く出たら前にバスが2台。
はい、小学生たちが乗ってます。早いよ…。

山越えルートを選択し、バスより15分早く到着。準備。
本日の水晶山スキー場。低温(マイナス8度とか)、降雪。風あり。
前日まで気温が高かったため、積雪の下にアイスバーン。厳しい。

20190201susishou02.jpg

一瞬だけ晴れて花輪の街が見えました。街に向かって滑走

担当は高学年。薬師山で担当した子たちよりちょっと上手い子たち。
プルークからパラになりかけ。高速プルークでどんどん滑走。

緩斜面で芸wを伝授。高いポジション、低いポジション、外足ターン、
内足ターン、抜重、なんかに繋がるかもしれないwwお遊びターン。
楽しんでいただけたようです。(子どもの感想から)

子どもはどんどん上手くなります。馴れるというか。
中級コースはもちろん上級コースも転ばずに通して滑走。
上から下までプルークボーゲンで先導した私の太ももは痙攣(汗。

吹雪いてきたのを理由に休憩を宣言したのは言うまでもありませんw
午前午後で正味3時間半、11~12本は滑ったような。(数えてない)
お役には立ったと思いますw

無関係メモ
 ゲレンデに流れる懐かしい曲。
・バービーボーイズ/なんだったんだ7days
・松原みき/真夜中のドア
隣の小学生に「君のお父さんお母さんが小学生の時かも」と言ったけど、
バービーボーイズが33年前、松原みきは39年前。生まれてないかも(汗w

小学校のスキー教室お手伝い6 [スキー・ボード]

6です。当初は6/6で最後が6の予定でしたが、
インフルエンザ流行のせいで、急遽追加で頼まれました。
6/7。ラス前。

20190130yakusi01.jpg

本日も鳥越食堂で中華そばin串カツ。

20190130yakusi02.jpg

今回は中学年。
インフルエンザ明けのため?子ども少ない。スタッフも少ない。
子ども3人を担当。さて、何をやろうか。
って、私ができるのはやっぱり目線とスピード。

当然高学年とは違うアプローチでスピードアップを促します。
本日は前回(5)以上のドフドフ。でも雪質気になりません。
圧雪してあるし。それよりも天気。太陽も出て気持ちが上がります。

太い三角、細い三角、右(左)足だけ太い三角~、などと
言ってみましたが伝わったかな?

私の道具はBCクロカン。登る用務が多いかとw。
ロープトウから落ちた子の回収に役立ちましたw。
雪も春のシャーベットみたいだったのでウロコばっちりでしたし。

今までより短い60分。休むことなく滑りっぱなし。
子どもたち、上手くなったと自己評価。本数こなすの大事です。

そして笑顔。楽しそうな笑顔。スキー、好きになってくれたかな。
この笑顔が見たくて頼まれればホイホイと出かけてますw

小学校のスキー教室お手伝い5 [スキー・ボード]

5ですw。日曜出勤で仕事片付けました。

本日も鳥越食堂で中華そばin串カツ。写真は最後に。
食堂には保護者らしき方々が。と、窓際の方々から歓声。
何事と外を見たら薬師山頂上から滑走する人が。

20190129yakusi01.jpg

楽しそう。気持ちよさそうにターンしてます。
が、降りてきた際に伺ったら雪腐っててストップ雪、大変だったと。
地元出身の方が一人と東京(長野出身)の方が一人。
dpsにテックビン。ザックを背負ってました。

なんて見てたら、余裕を持って来たはずが子どもたち到着。
着替え着替え。あたふたあたふた。

20190129yakusi02.jpg

今回は前回と同じ高学年。スタッフが増えたので人数半分に。
雪はドフドフですが、それよりも好天が子ども向け。
天気が良いとそれだけで楽しそう。

私が伝えられること。目線とスピード。だけ。
荷重、抜重、荷重。切替。に繋がる動きのある芸を?伝えるも
私の能力では伝わったかどうか。面白がってくれたので良しとしましょうw

次はいよいよラストの6。の予定が7までいくことに。
インフルエンザ流行によりスタッフ不足に。急遽1回頼まれました。

20190129yakusi03.jpg

串カツin中華の写真。
最初に載せた写真がツイッターとFBに反映されるための策w

小学校のスキー教室お手伝い4 [スキー・ボード]

4です。仕事どうなってるんだって?。これが仕事です(違w

週末に自主出勤して帳尻合わせてます。合ってないけど(汗。
1の時、昼飯食ってから出たら遅れかけた反省を生かし、
早めにスキー場着。昼飯はゲレ食の鳥越食堂で。
食レポはコチラw=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2019-01-27-2

記事の本数を増やそうとしてる訳ではありますん。
増やしても何もないのですが。

今回から2つめの小学校。担当は高学年。
と、予定していた指導者の一人がインフルエンザA。
人手不足に輪がかかってしまいました。大人3人だけ。
私は、子ども11人を担当することに。何やろう?…

20190125hayasho01.jpg

天気は当たりです。

20190125hayasho02.jpg

指導員じゃないし、引き出し少ないし、いつも通り芸域を広げる遊びw
大事なのは目線。そしてスピード(怖くない範囲の最高速と)。
って、これで良いんでしょうか?ww

子どもたち、わーわー、きゃーきゃー言ってるので、楽しさはOK?。

なーんてやってたら、「何やってるの?」とお声が。
ニセコ忘年会ツアー主催のT氏。
ここら辺=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2019-01-01-1

T氏、指導員です。コソ練?。んー、本物に見られてしまった。緊張ww
さて、次は何やりましょうか。ネタ仕入れないと。



小学校のスキー教室お手伝い3 [スキー・ボード]

3まで来ましたw。

駐車場で準備をしているとテレマークスキーヤーS氏から
「今日お休みですか?」と声かけられました。
S氏、こちらのご父兄(そうだったんだ~)、中学年を頼まれたとのこと。

私は本日も低学年。先回と同じグループかと思いきや
人不足のため1レベル上のグループを担当してくれとのこと。
ロープトウは乗れない(乗りたくない)が、そこそこ滑るチーム。

先回の坂じゃ物足りないだろうなぁ。じゃ、ゲレンデへ。
「おし、板脱げー。ここ登るど」「行ける所まで行くど」。

子どもたち、ツボ足にポール。
私、板3セット抱えてBCクロカン。走れちゃいます。
子どもたち、負けてられないと登ってきますw。

20190121yamase01.jpg

ここまで登りました。ロープトウの半分くらい?

どんどん滑らせ、下に着いたら板を脱がせ即登り返し。
私は板を回収し、BCクロカンで走って追い越し。
老体にはツライ…。子どもたちも何本も登って疲れてるハズ。


「休みたい?滑りたい?」「滑る~!」

辛さ(スキーを履いて登る)を排除し、楽しさ前面の効果。
スキー業界の未来を創造します。明後日の方向かもしれないけどw

最後、上まで行きたいとのことでロープトウ1本分登行。元気だ。
ハラハラ見守りながら下まで1本。終了…しない。

残り時間5分。もう1本行くそうです。1人はロープトウ希望。
1人のスキーを乗り場に、2人分を中間地点に。
2人がスキーを履いて滑り降りたのを確認し、一人をロープトウで上へ。
これまたハラハラ見守りながら後方滑走。

ややフリーなんで、BCクロカンテレターン。転けましたorz。
自分の練習もしなきゃ…。

小学校のスキー教室お手伝い2 [スキー・ボード]

前日に続き、小学校低学年。
ロープトウで上に行くには厳しいグループ3人。
内一人のお父さんと二人で担当。

20190118yakusi01.jpg

こちらの坂で直滑降。自然に止まりますし。
の前に、平地で用具に慣れる遊び。靴で拍手とか、片足スキーとか。

その後、坂に移動。階段登行とか開脚登行とかやらせません。
登ってる時間が勿体ない&疲れると嫌になる。
どんどん滑らせて慣れさせたい。楽しくなって欲しい。

楽しくなれば登るのなんて勝手にやります。
と言うことで、本人達ツボ足。スキーは私が抱えてダッシュ。
上で履かせて(コレも一苦労w)、下で待ち構えるお父さんへGO!

下でスキーを脱がせ、回収した板を抱えてまたダッシュ。の繰り返し。
こんなことになるだろうと、私の道具はBCクロカン。
スキー3セットを抱えて、開脚登行のダッシュ。

子どもたちにはこれが一番ウケましたw。
自分たちもやろうと挑戦。何か分かんないけど効果有り?w

ところで、タイトルが2。と言うことは…、はい6まであります(汗。
最初、別の小学校から3回頼まれOK。そしたらその隣から2回+1回追加。
本業に支障が出るので週末休みに出て処理。本末転倒w。

業界の未来のために、将来の雪上滑走者予備軍に奉仕しますww
(事務所より雪上に居たいだけですが)


前の10件 | - スキー・ボード ブログトップ