So-net無料ブログ作成

生け垣用バリカンから発煙 [雑記]

本体からじゃ無くてコードからですが。

20190828ikegaki02.jpg

本日も家の外周り作業。人が来る前の早朝作業。
お隣との境のユキヤナギ、伸びすぎて視界悪し。
車VS自転車、とか、人が怖い。

20190828ikegaki01.jpg

境の道路への接続部分だけ大幅なカット。
ユキヤナギ、どうせ伸びますw。

ということで生け垣用バリカンで作業。
手でやるよりずっと早い。快適。と思ってたら…

背後から溶接の時のような匂い。んんん?
振り返るとケーブルから発煙、そして発光。なに~??

オヤジ、延長コードをバリカンで刈りまくったらしい。(汗
勿体ないので繋いで使っていたそう。にしても限度が(汗。



20190828ikegaki03.jpg

自己溶接後?

20190828ikegaki04.jpg

バリカンで刈ってしまったコード。5箇所は修理してました。限界?

新品を導入します。本日、1,000円でamazonに発注しました。

加速装置??w [車・バイク]

加速装置、奥歯の内側にスイッチがあって…
これに反応している方は、それなりのお年かとww。
はい、サイボーグ009です。

20190826enju04.jpg

こちらも加速装置w。
ええ、車のエアコンスイッチ。
追い越し中や急坂を上っているときにこのスイッチを押すと、
あ~ら不思議、ぐっと加速するのです。

って、入れるのじゃなくて切るというww。
非力な車なのでエアコンのスイッチを切ると負荷が減って
エンジンが軽やかに回り始め加速するという…

我が家のアルト5速マニュアル。もちろんターボ無し。効果てき面w。
エアコンのスイッチを切りながら「加速装置!」と叫ぶ、
身に覚えのある方は、それなりのお年頃=同年代です、たぶん。

エンジンチェンソーが欲しいかも [雑記]


この週末はバタバタしてました。
ほぼ父親が独占していた?家周りの作業が私に。

父親、腰を痛めて戦線離脱。後を引き継ぐことに。
エンジュの伐採作業途中だったので、こちらの処理から。

20190826enju01.jpg

切り落としていた枝の片付け。
チェンソーで適当な長さに切り分け移動。その後細い枝を切断。
太い部分、やや太い部分は薪に。それ以外はもっと小さくし、
一輪車に積んで敷地の一角に積み上げ。

20190826enju02.jpg

とりあえず作業中の部分は片付いたが、伐採はまだ途中。
伐採の必要な樹木が最低3本。境界のユキヤナギも剪定が必要。
雑草の処理も(刈り払い機あります)。
その後にはもれなく片付け作業があるし。

花とか庭木とか(父親の趣味)は手に余ります。無理(汗。
嫁さんにあそこもここもと言われながら今後の計画練ってます。

20190826enju03.jpg

電動チェンソー、のこぎりよりは快適だけど非力。
エンジンチェンソー欲しい。
と、作業する前から物欲に逃避しておりますww。

奇跡?のフラット 鳥海山心字雪渓スキー [スキー・ボード]

令和元年8月18日(日)

20190818sinji06.jpg

2週連続鳥海山秋スキー。
先週は嫁さんの車が快調で踏み過ぎガス欠寸前に(汗。
今週は燃費を意識した運転。倍近く違います。6時前に駐車場。

本日の行程
滝の小屋線駐車場6:06-6:22滝の小屋6:28-7:22河原宿7:42-
7:51大雪渓端(1560m付近)-8:21大雪渓3枚目(1710m付近)

大雪渓3枚目12:39-12:58大雪渓端13:25-13:33河原宿13:45-
14:23滝の小屋14:28-14:40駐車場

20190818sinji01.jpg

準備を整え、6:06出発。滝の小屋へ。滝の小屋で青森からの2人と合流。
suzukiさんとmatsuoさん。初の鳥海山残雪スキー。ガイドはyasuさん。

先週と同じ装備、先週より低い気温、なのに絶不調の私。汗ダラダラ。
盆期間中、連夜の飲み会が効いてる模様。悪いものが噴出…

20190818sinji02.jpg

やっとのことで河原宿。休んでると寒いくらい。
先週は繋がっていた大雪渓は3枚に分かれてました。

ゆっくり休んでから雪渓へ。台風の雨のお陰かスプーンカット小さめ。
一番下の雪渓で良いんじゃないかなぁ~。とお疲れな私ww。
でもガイドのyasuさん曰く「大雪渓3枚目が良いはず」。

大雪渓2枚目も良い感じ。ただ、ちょっと短い。
がんばって3枚目へ。なんと、スプーンカットの凸凹極小。
我々的には、ど・フラット(当社比)。

20190818sinji03.jpg

ここを本日のゲレンデとする宣言。(某・番組を真似てw)

20190818sinji16.jpg
外輪山をバックにyasuさん

まずは1本。大きめの凸凹に気をつければ快適斜面。飛ばせます。
1本目は標高差30m距離110m。2本目以降は気持ち上から。
ちょっと長い標高差40m距離150m。

20190818sinji05.jpg
matsuoさん(左)suzukiさん(右)
雪渓でフォーメーションw。その発想は無かった。


雪渓トップへも1本だけ。標高差70m距離320m。
滑ってるうちに気温が上がり雪も柔らかに。ますます滑りやすい。

20190818sinji06.jpg
自分

あえてエグれてる場所を滑ってみたり。楽しい。
我々、いや私としては、いつも以上に精力的に滑りました。

上の小雪渓では岩手のボーダーさん(女性)と五城目のsarutaさん
(BCクロカン)が滑っては登り滑っては登りとパワフルに滑走中。
凄いなぁ。と、休みながら眺める私w

最後ザックを背負って雪渓下まで。途中板を脱いで岩場を通過あり。
プラブーツ厳しいw。

20190818sinji07.jpg

山形名物「冷やしスキー」(ジョークです)。板の汚れを洗って撤収。
次は紅葉とスキー?。車次第です。

登りはヘロヘロだったので下りながら花の写真。
シャジンやフウロが少なくなりチョウカイアザミ、ヤマハハコが増。

20190818sinji08.jpg

チョウカイアザミ

20190818sinji09.jpg

ヤマハハコ



本日の動画 3分52秒



https://youtu.be/tNxUa_gXC-Y


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/OZRf6o7OomU

PC用スピーカーが安かったので [デジモノ・家電]

今期の最高気温38.3度を記録した本日、電気屋へ涼みにw。
嫁さんの台所用ラジオが壊れたので、代替品の物色がてら。

代替品のCDラジオはすぐ適当なのがあったので購入。
後は涼みながら店内ウロウロ。4K安くなりましたね~。
オリンピック前になったら買うかも。などと妄想ww。

そんな中うっかり見つけてしまったPC用スピーカーがコチラ。

20190815pc01.jpg

今使っているのは急遽用意した間に合わせ。でも仮末代w。
もう少し良い音が欲しいな、と思ってました。
コチラ、サンワサプライのパッシブラジエーター搭載タイプ。
驚きの重低音だそうです。少しは期待できる?

決め手はお値段。税込み1,500円。通常は4,000円弱くらい。
1,500円なら試しても良いかなぁ~、と。

20190815pc02.jpg

今まで使っていたのがコチラのタイプ。

早速交換。で、アマゾンミュージックでお試し。

ん~微妙。まあお値段なり。驚きの重低音、なんて有りませんww。
前のよりは低音があるかな、程度。聞きやすさは以前のタイプかも。

イコライザーで調整し、以前並の中高音+前よりそれらしい低音となりました。
満足するためには一桁上お値段のスピーカーと別アンプになるのかな。
違う世界に向かうのでやりません。

午後は、らじるらじるでワンオクロック三昧。
じっくり聞くのは初めてですが、カッコイイですね~。


山の日の鳥海山秋スキーからの岩ガキ、能代ナイト2019 [スキー・ボード]

令和元年8月11日(日)

20190811choukaisan09.jpg

山形名物 冷やしスキー。
冷やしラーメン、冷やしシャンプーに次ぐ名物として(嘘ですw

今年もyasuさん、kimuraさんと鳥海山心字雪渓へ。
もちろん帰り道には岩ガキ、お泊まりは能代。能代ナイトw。

山の日だし連休だし駐車場溢れるかも、と2時起きで出発。
5時前に到着。駐車場残り数台。30分後には路上駐車に。

本日の行程

滝の小屋線駐車場6:13-6:29滝の小屋-7:18河原宿7:38-
7:45大雪渓端(1560m付近)-8:41小雪渓(1820m付近)

小雪渓13:26-13:54大雪渓端14:26-14:34河原宿14:38-
15:16滝の小屋-15:31駐車場

20190811choukaisan01.jpg

滑りを楽しむため、いつものBCクロカンに代え
プラブーツ&ゲレンデ板。重い。大丈夫か自分。

気温も高いし、ゆっくりゆっくり。
八丁坂は風が有り助かる。花もキレイで癒されます。
ハクサンシャジン、トウゲブキ、ハクサンフウロ等々。
写真撮る余力無しw。下りでちょっと撮影したのを↓

20190811choukaisan02.jpg

ヤマハハコ

20190811choukaisan03.jpg

河原宿にトウウチソウ。赤いけど多分シロバナトウウチソウ。

20190811choukaisan04.jpg

河原宿手前から心字雪渓。昨年よりは多い。大雪渓繋がってる模様。
(繋がってました。昨年は3つに分かれてました。)
昨年=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13

雪渓の様子を見ながら登り、一番上の小雪渓へ。

20190811choukaisan05.jpg

ここが良さそうです。スプーンカット小さめ。尖りも甘い。
雪も柔らかなので、当社的にはフラットww。

20190811choukaisan06.jpg

雪渓から庄内平野。黄色い花はニッコウキスゲとミヤマキンポウゲ。

20190811choukaisan07.jpg

雪渓下端は1800m付近。トップは1910m付近。ベースを1850m付近に。
写真は雪渓トップから。

トップからベースまでは標高差60m、距離160m。
もうちょい下ると標高差90m、距離240m。でも登り返しがツライw。
我々にしてはよく頑張ってw、5本滑走。

でも雪渓にはもっと頑張るテレマーカーさんが。

20190811choukaisan08.jpg

群馬からいらしたそうです。プラブーツにステップ板。
滑り降りるとすぐに登り返します。我々の到着前から。
そして我々が下る時にも。

話を伺ったら、今日はプラブーツで明日は革靴細板で、
3日目はBCクロカンというハードなスケジュール(汗。
凄いとしか。

そして昨年もお会いしています。昨年は2日目だった模様。
コチラ=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-08-05

ラスト、ザックを背負って1870m付近まで登ってから滑走、撤収。
雪渓端まで1.3km。ガタガタ。修行。

20190811choukaisan09.jpg

スキーを洗い、靴を履き替えて下山。ですが、
靴を履き替える体勢を取ったら両足痙攣。攣りました(汗。
ここまで良くもちましたが、やっぱり…。
ゆっくり片付けてる間に何とか治まりました。ヤレヤレ。

20190811choukaisan10.jpg

帰り道はいつもの道の駅鳥海の隣の魚屋さんで、岩ガキ。

20190811choukaisan11.jpg

そして能代ナイトw。

本日の動画 2分20秒



https://youtu.be/jZ--PhAC9KA


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/V6uztkgtf0E

急登藪漕ぎ 白神岳二股コース [アウトドア]

令和元年8月3日(日)

気になっていた白神岳の二股コースへ。
登山道が崩れてしまい廃道と化してましたが、
昨年迂回路を整備し今年は復活しているようです。
が!、刈り払いの業者さんが居ないとかで藪漕ぎ必須らしい。

迂回路はプラス30分とガイドさん情報。私にはツライ急登、
そして藪漕ぎ。5時間は覚悟した方が良いかも、と早朝出発。

本日の行程

登山口駐車場5:09-5:15記帳所・登山口-5:42二股分岐-
6:05一の沢-6:39二の沢-6:56三の沢-7:07二股-
8:19 872ピーク-9:31山頂

山頂9:59-10:11大峰分岐-10:36 997mピーク-
11:03蟶山分岐-11:26水場-11:49二股分岐-
12:11登山口・記帳所-12:17駐車場

20190803二股コース図.jpg

駐車場着4:50。私の前に一台。私の後にすぐ1台。今朝は3台。
神戸ナンバーの方が「少ないですね」と。5時だとこんなもん?

5:03出発。虫除けスプレーを忘れてることに気付き、1分で帰還ww。
準備を整え気を取り直して出発。5:09。
二股からの急登を考えゆっくりペース。
なのに、急登を登ってるみたいな滝の汗。湿度が高い。ヤラレそう。

ゆっくりペース、脈拍(ゼイゼイしない)、15分毎に1分休憩を意識。
二股分岐を直進。久々の二股コース。記憶もおぼろ。

20190803二股01.jpg

一ノ沢を渡った先から迂回路が始まっていました。
(旧道は直進、迂回路は左へ)

20190803二股02.jpg

迂回路が始まったのは410m地点。ここから540m付近まで
高度を上げて迂回しています。そして475mの二股へ。
ルート開設するの大変だったろうな、と感謝いたします。

20190803二股03.jpg

二の沢に降りて超えるため作られた階段。
湿度のせいか(言い訳w)、私はヘロヘロ。
そんなところまで材料を運び上げ工事をしてくださった
皆様に感謝。

20190803二股04.jpg

二の沢と三の沢の中間付近で昔の登山道と合流。
30分ほど多くかかってます。
(通り過ぎてから振り返って撮影。左が旧道、右が迂回路)

20190803二股05.jpg

久々の三の沢。高校時代(大昔)、テント張ったのはここかなぁ。
沢の雰囲気、眺めが良いので撮影しました。

20190803二股06.jpg

二股。真ん中の尾根を登って行きます。ここからが本番。
しかし抑えめに来た割にはイマイチな脚。攣らないよう
ゆっくりゆっくり。

20190803二股07.jpg

872mピーク。ここからチラッと山頂が見えます。
今日はガスってますが、山頂のガスが切れてチラッと。
二股からここまで0.9km。山頂まで0.9km。中間。

20190803二股08.jpg

登山道を覆う笹や木はあるものの、噂ほどではないなぁ、と
登っていましたが、私が悪うございました。1000m超えたら訳わかめ。

20190803二股09.jpg

こちら振り返って。ここ、登って来ました。下りたくはありません。
笹が覆っている、灌木が成長して引っかかる。道が分からない…。

登りながら慎重に道の跡、テープ、急坂に付けられたロープを
探しながら方向を探ります。気を遣います。そして体力も。

ガスがかかってる状況(=雲の中)なので、藪は濡れてます。
急坂急登、藪漕ぎでビショビショ、汗も絞れるだけ噴出、満足ですww

20190803二股10.jpg

慎重に方向を定めて、山頂到達。ヤレヤレ。誰も居ません。
何とか攣らずに来ました。が、座った途端に痙攣が(汗。

20190803二股11.jpg

記念撮影。ガスの中です。小屋とトイレもうっすら。
山頂はトンボの大群。そんな時期でしょうか。30分ほどマッタリ。

帰りはノーマルルートw。マテ山コースを下ります。刈り払ってるって快適。
稜線上には花がいっぱい。というか、稜線上にしかありません。

20190803二股12.jpg

オオバギボウシ?とハクサンシャジン?。シャジン、白い?。

20190803二股13.jpg

トウゲブキ?

20190803二股14.jpg

クルマユリ?

すみません。花の名前はさっぱりです。ご指摘頂けると助かりますm(_ _)m。

20190803二股15.jpg

マテ山分岐からちょっと下ったところ.風穴があります。
冷たい風に頭を突っ込んで休憩中。生き返ります。
ガイドのFさんから教えて貰いました。

20190803二股16.jpg

低い位置にもガスが。最後の水場付近。マテ山の急登が始まる所。
お気に入りのビューポイントです。ガスったブナの木がキレイ。

20190803二股17.jpg

ガスってて日差しがないため日中なのに暗い林間。小寂しいw。
二股分岐~登山口まではやや明るめ。ゆっくり下り12時17分駐車場。
車は10台以上に増えていました。

二股コースの確認が出来、急登と藪漕ぎも堪能し満足な山行。
でしたが、期待以下の自分の体力にガッカリ。現実を受け止め(流しw)ます。