So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マフラー修理で復調 16912Qパンダ4x4 [車・バイク]

パンダのタイミングベルトは早め早めに交換しています。
メーカーは2万キロごとに点検、10万キロで絶対交換、
と言ってますが日本車みたいに10万キロ大丈夫とは思えないw

今回も6万キロ超えたので交換依頼。
タイミングベルトは問題なく交換で終了でしたが、
さすが?、21万キロ。他にもいろいろ。

ブレーキディスクローターの縁が錆で盛り上がってるため研磨。
リアタイヤ付近のキュキュ音が解消。
ロアアームが鳴ってると思い諦めていたのですが、違いました。
交換するとなれば10万近いロアアーム、違って良かった。
コチラ=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2014-05-30

さらに、マフラーの継ぎ目が広がって排気が漏れていると。
パンダのマフラーは消耗品?。既に2回交換。純正品が在庫無し、
サードパーティ製が廉価、が重なりボーサル製(現・ARM)。

エキマニにボーサル製のメインパイプを差し込み、クランプで締め付け。
その継ぎ目から排気漏れ。クランプを取り寄せ締め付け直したそうな。

20181023panda01.jpg

写真を見ると鉄板も追加で巻いてるような?

結果、スムースにエンジンが回るように。
実は3000回転を超えるとエンジン音がばらけて、回転上昇もイマイチ。
なるべく回さないように走ってました。回さないと遅いけど。
20万キロ超えてるしこんなもんかな?と思ってましたが、
原因はマフラーだった模様。

これなら次の車検まで、多分25万キロ超まで頑張れそう。
って、他が壊れそうです(汗。頑張って欲しいなぁ…。

※まだ請求書が来てません。お高そうです…(汗