So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

紅葉とスキー 鳥海山心字雪渓 [スキー・ボード]

平成30年9月23日(日)

駐車場6:32-滝の小屋6:47-7:38河原宿7:46-心字雪渓8:01
心字雪渓12:08-12:20河原宿12:27-13:15駐車場

仕事だったり、天候不良だったり、腰痛だったりwで、久々の山。
雪渓は急激に溶け、大雪渓の一番下なら滑れるかも?の情報に、
ネタにはなるだろうと出発。

日本海側からは鳥海山は雲の中。天候回復が予報より遅い?

20180923choukai01.jpg

と不安でしたが、内陸部からはバッチリ。朝日に輝く草紅葉。
能代から下道3時間で到着。久々すぎてもたもたと準備。

久々すぎるし腰も完調じゃ無いし、ゆっくりゆっくり登る。

20180923choukai02.jpg

八丁坂の紅葉。庄内平野の稲穂が黄金色。
風が涼しく快適。なのに早くも脚ピクピク。早い…(汗
鈍りすぎ。

20180923choukai03.jpg

いつもの場所から鳥海山外輪。雪渓がない!。
中央に見える沢も左上の沢も溶けきってる。これ程とは。
山の次の日に来た時には、例年より多そうだったのに。

5年前の9月23日の記事がありました。
雪の量比較の参考に=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2013-09-24

20180923choukai04.jpg

90分で雪渓到着。近い。鈍った身体のリハビリには丁度良い。
というか、限界ですw。

中央は割れてるし、手前も亀裂が入ってるし、滑る場所あるかなぁ~。
と登ってみれば、

20180923choukai05.jpg

下から見て左側、スキーヤーズライトが奇跡のフラット。
普通の人が見たら凸凹ですがw、この小ささは我々的にフラット。

下部は、前日の雨と高めの気温のためか水が流れてミゾだらけ。
BCクロカン的には厳しい。ええ、転んで水浸しになりましたw。
カッパに履き替え、ズボンは岩の上で乾燥。最初から履き替えとけ、
という話。

20180923choukai06.jpg

カッパにテムレス。防水対策バッチリです。

20180923choukai07.jpg

距離80m、標高差20m。な、割には疲れるw。満足度高し?。
草紅葉とスキーな画像も撮れたしネタ的にも満足。

まったりと休んでいたら登山道から声を掛けてくれる方が。
鶴岡の佐藤さん。今季20日目とか。我々も今季3回お会いしてますw。

以下、佐藤さんからの情報。
・今年は雪渓が溶けるのが早い。2週間ぐらい。
・例年、今時季は上から5つ雪渓が見える。ここ2週間で2つ消えた。
・8月中は例年並みだったが、ここ2週間で急激に溶けた感じ。
・2週間前に上の雪渓で、いつものボーダーさんと会った。板収めとのこと。
・昨年は、10月まで上の雪渓があり、ボーダーさんが滑っていた。
  等々。

佐藤さんと来季もお会いしましょう、とお別れ。
我々も堪能したので撤収。多分これで板収め、今季ラストスキーの予定です。

20180923choukai08.jpg

トウウチソウと雪渓と外輪。

本日の動画 1分53秒



https://youtu.be/N101XsObMn8


yasuさん製作の動画



https://youtu.be/ShMXyLmyIbs