So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

トレッキングシューズ更新 AKU アルバトレックGTX [アウトドア]

ここのところの山歩きでトレッキングシューズの老朽化を感じていました。
とにかく滑ります。爪先が特に。サイドはボロボロ、ソールはツルツル。
今季は我慢しようと思っていましたが限界。

ということで、秋田市の石井スポーツへ。改装してから初。暫くぶり。
スタッフの菅原さんにこちらの要望を伝え選定をお願い。

・白神岳、森吉山、田代岳、八甲田の日帰り山歩き用。
・鳥海山の雪渓へも行くので、雪渓にも強いのが良い。
・スポルディバ・トランゴは素晴らしいけど、もう少し安いのでw
 (今使ってるシューズ。素晴らしい。歩きやすく雪渓にも強い。
  でも自分の山行範囲からすればオーバークォリティww)

で、菅原さんチョイスの中からサイズが有ったのがこちら。

20190717aku01.jpg

AKU ALBA TREK ISG GTX。
(アク アルバトレックGTX、 奥はスポルティバ・トランゴ)

お値段は、スポルティバ・トランゴのソール交換+アルファ。
コチラ=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-04-22-1
私の使用状況的には充分だと思います。
そう言えば、「森吉山に最適」のポップが付いてましたw

20190717aku02.jpg
20190717aku03.jpg

サイトボロボロ、ソールツルツルのスポルティバ・トランゴ。
よく頑張りました。

20190717aku04.jpg

お値段が安かった分、ソールを奮発。シダス。試着は良い感じ。
山ではどうか試してみたい。けど、週末の天気微妙…


クマ鈴2個体制と消音対応 [アウトドア]

クマ鈴については賛否両論があります。
効果がある、ない、逆におびき寄せるなど。

どれも説得力があるようなないような。
殆どが自分の経験から導き出した説で、
他の人にも有用なのか?、他の地域でもそうなのか??
と、自分の身を(命を)預けるには躊躇します。

なので?、プロと呼べる方の意見を参考にしています。
日本ツキノワグマ研究所の米田所長。
https://ha3.seikyou.ne.jp/home/kmaita/
・クマ鈴は2個付ける。
・クマ避けスプレーは2本持つ。
 (私の場合、1本は腰1本は控えでザック内)

以前どっかで書いてたのを読みました。
最近の記事だと十和田のクマは爆竹と拡声器以外は反応なし、
なんてあります〈汗

20190716suzu01.jpg

ただ、不要論者の方の
・うるさい!
・山小屋で鳴らすな。
・人がいっぱい居るところでは不要だろ!
・団体の全員が鳴らさんでも…

等はおっしゃる通りだと思うので、
大勢の人が居るところ、団体さんに追いついた時、
沢山の登山者と擦れ違うような道、では音を消したいなと。

何かないかなぁ、と見つけたのコチラ。

20190716suzu02.jpg

100均に置いてある、テーブルや椅子の脚に履かせる靴下?ニット製。
ザックを背負ったまま履かせることが出来ます。完全な消音とはならず、
ガチンガチンと音がしますが、チリ~ンよりはずっと静か。

クマには遭いたくないので、
単独な場所では鈴の音がクマに、
人が多い場所では100均アイテムが、煩いことに煩いという煩さ方に
効果があることを願っています。

「大山」のお酒が届きました。奥田政行シェフスペシャルセット [食べ物・飲み物]

先日、大山の加藤嘉八郎酒造(鶴岡市)が地震で被害を受け、
イタリアンの奥田政行シェフが支援を呼びかけている、
12000円相当のお酒を送料代引き手数料込みで10000円で
買って貰いたいと。
記事=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2019-06-27

そのお酒が届きました。

20190715ooyama02.jpg

20190715ooyama01.jpg

大山のお酒好きとしては、普通に買うよりお得だし普段見かけない
お酒も買えるし、それが応援になるし、で良いことずくめ。

入っていたのは、
大吟醸槽掛雫酒、 特別純米十水、 限定品 純米吟醸以上のお酒を何か、
夏のお酒 純米酒、ささの舞本醸造(地元のお酒)、 辛口純米酒
と予定通り。

限定品 純米吟醸以上のお酒を何かは
「純米大吟醸無濾過 大山」。

雫と十水について、奥田シェフのティスティングノートが
付いてました。さて、どれから呑もうかw

20190715ooyama03.jpg

夏ですからw。夏の純米酒。
呑みやすい。すーっと入ります。
ほんのりな甘みを感じるスッキリとしたお酒。私好み。
(私個人の感想です。感じ方には個人差がありますのでよしなに…)

※注文は終わっています。
加藤嘉八郎酒造 http://katokahachiro.web.fc2.com/

森吉山ダムカレー(森吉山ダム広報館・喫茶ねもりだ) [食べ物・飲み物]

暫く前から話題のダムカレー。森吉山ダムにもあります。
一度食べてみたいと思ってましたが、わざわざ行くのも…。

そうだ!、森吉山に登った帰りに食べてくれば良いんだ。
こちら、提供日は土・日・祝とのこと。
時間は11:00~、限定20食。

11:00に到着できるよう山行。
コチラ=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2019-07-14

予定通り到着し多分一番目のお客として注文したのがコチラ。

20190714dam02.jpg

森吉山ダムカレー。8分づきの米が堤体を表現。それっぽい。
手前の入れ物には、マルメロ(特産)のジャム。
途中から投入し、味の変化を楽しんでくださいとのこと。

20190714dam03.jpg

あれこれ能書きをご覧くださいw。
東北一のロックフィルダムの長さ786mに合わせ、786円。
リーズナブルではないけど、結構良い材料使ってるしこんなもんかな。
味は満足です。水出しコーヒーとのセットは1000円。次回にでも。

20190714dam04.jpg

森吉山ダム広報館の中の喫茶ねもりだ、で提供しています。
土・日・祝とのこと。冬季休業。

20190714dam05.jpg
20190714dam06.jpg

ダムだけに、ダムカード(ダムカレーカードw)頂きました。

20190714dam01.jpg

森吉山山頂から見た、森吉山ダム。
ここから2時間でカレー到着ですw。

森吉山はニッコウキスゲの季節 [アウトドア]

令和元年7月14日(日)

20190714moriyoshi01.jpg

ほぼ1ヶ月ぶりの森吉山へ。
前回=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2019-06-18

メインの目的は森吉山ダムでダムカレーを食べること。
記事=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2019-07-14-1
カレーだけでは勿体ないので、森吉山の花を見てから立ち寄ることに。
11時オープンに合わせるためw、今回も能代出発4:30で登山口へ。


本日の行程
こめつが山荘5:56-6:56一ノ腰-7:16森吉神社-
7:23石森分岐-7:34阿仁避難小屋-7:56山頂7:58-
8:18山人平(西の又沢コース分岐)

山人平8:35-9:01山頂9:09-9:23阿仁避難小屋-9:33石森分岐
-9:39森吉神社-9:55一ノ腰-10:34こめつが山荘

20190714moriyoshi02.jpg

前回は平日で車0台でしたが、今回は3連休。車が既に4台。
こめつが山荘で登山届けに記入し、5:56出発。前回とほぼ同じ。

今回も毎度の、心拍数を上げすぎない、小股で歩く、15分に1分休憩、
を心がけ、11時ダムカレーを目指しますw
で、入れ込みすぎたのかいきなり心臓バクバク。ゆっくりゆっくり…

前日までの雨のせいか、登山道の岩が滑ります。慎重に。
滑るのは老朽化著しい靴のせいもあります。慎重に。

20190714moriyoshi03.jpg

急・ゲレンデを横切るところにサンカヨウの実。

20190714moriyoshi04.jpg

林間に入ると登山道脇にカラマツソウ。一ノ腰までずっと有ります。
一ノ腰近くには、ハクサンボウフウやゴゼンタチバナ。花の山です。

20190714moriyoshi05.jpg

ギンリョウソウ。森吉山では初めて見つけました。

20190714moriyoshi06.jpg

ハクサンシャクナゲ。

一ノ腰ま来ると眺望と風があります。涼しい。
山頂は雲というかガスの中。着くまでに取れるでしょう。
(希望的観測w)

20190714moriyoshi17.jpg

外輪の登山道脇には、ハクサンチドリ。

20190714moriyoshi07.jpg

ニッコウキスゲと山頂。阿仁避難小屋の近辺から。

20190714moriyoshi08.jpg

山頂手前に、ハクサンフウロ。

20190714moriyoshi09.jpg

ハクサンシャジン。

20190714moriyoshi01.jpg

2時間で山頂。自分的限界?。先着の方お二人。
ここまでで6人の登山者に会ってます。さすが3連休。

20190714moriyoshi16.jpg

山頂には、ヨツバシオガマ。山頂だけでした。

すぐに山人平目指して移動。

20190714moriyoshi14.jpg

前回有った雪渓はキレイになくなってました。
下って行くと登ってくる方が二人。ヒバクラ登山口から来たそう。

20190714moriyoshi10.jpg

前回、チングルマと山頂の写真を撮った場所から。
今回は、チングルマの毛(穂)と山頂。

いつもの西の又沢コース分岐で休んでいると登ってくる方が。
お二人。東京からいらしたそうです。
ヒバクラ登山口からのコース良かったみたい。東北の山は良いですねぇ、
とおっしゃられていました。誉めて頂いて素直にありがたいです。

20190714moriyoshi11.jpg

毎度のw、金農パンと山頂。オヤツを食べて登り返し。

20190714moriyoshi12.jpg

山人平から山頂に戻る途中、雪渓が溶けた後にチングルマとイワカガミ。

20190714moriyoshi13.jpg

同じく、ヒナザクラ。

20190714moriyoshi15.jpg

2度目の山頂。東京からの方にシャッターを押して頂きました。
ゴンドラ営業前なので山頂は空いています。
ゴンドラ利用の方々が登ってくる前にと、そそくさと下山。
石森までに数人の方と擦れ違いました。

その後、一ノ腰で5人ほどと擦れ違い。
滑る石に苦労しながら(靴のせいかも)、10:34こめつが山荘。
下山の届けを書き、着替えて森吉ダムへ。無事11:00到着でした。

中村征夫写真展「世界一の珊瑚礁」エナジアムパーク(能代市) [美術館(の空間)が好き]

秋田県立近代美術館出前美術館が能代市のエナジアムパーク
で開催されています。
 秋田県出身の水中写真家、中村征夫氏の写真展。
 「世界一の珊瑚礁」 レディエリオット島、オーストラリア。
 7/10~7/25 入場無料

20190710nakamura00.jpg
新聞広告から

レディエリオット島は、グレートバリアリーフの最南端に位置する
島とのことです。

20190710nakamura02.jpg

展示はエナジアムパークのカルチャーホールで。
そんなに広くありません。作品数は30。

色に圧倒されました。青に。それだけでなく生物の表情?にも。
自分では見ることのなかったであろう世界を垣間見る機会。
気楽に見に行ける出張美術館ありがたいです。

20190710nakamura01.jpg

ところでエナジアムパークと言えばサザンドーム。
写真の奥に見えるドーム型の建物。熱帯植物園です。

20190710nakamura03.jpg

パイナップルとカカオの実がなっているとのことで見学へ。

20190710nakamura04.jpg

パイナップル。キャベツみたいに実が付くのね…

20190710nakamura05.jpg

そしてチョコレートの原料、カカオ。
何と!、木の幹に直接実が付いてました。しかも低い位置。
リンゴとかナシのような付き方を想像していました。

実際見ると違いますねぇ。そして想像より大きかった。


大館市にボルダリングジムがオープンしました。 [アウトドア]

20190708freaky.jpg

大館駅の近く、御成町2丁目にボルダリングジムがオープンしました。
(元々は、5/24にアップした記事です。オープンします→しました、
に変えて再度アップしています。)

20190524shouji03.jpg

CAMP&CLIMIBING FREAKY
https://www.camclifreaky.jp/

キャンプ&クライミング フリーキー。

駅から5分、御成町2丁目の大通り沿い。
昔の信金?信組?の建物らしいです。

オーナーから聞いた情報をメモ書きで。
(最新情報は、リンクから公式サイトをご覧ください)

・オープンは、7月7日でした。
・課題?のセットは、有名プロに定期的に依頼。
・キャンプ用品も扱う。ガレージビルダーな品を仕入れ予定。
  8月以降を予定とのこと。
・裏に駐車場がある。

オーナーはスキーボード仲間。(昔々ですw)
スキーボードはここら辺参照。
https://wave.ap.teacup.com/hankakusai/829.html

初めて会ったのが21世紀初頭の森吉山、その後同じ仕事と知りました。
その彼が仕事を辞め、新たな道へ進むと言うので送別会へ。
そこで伺いました。

公式サイト
https://www.camclifreaky.jp/

FBページ。
https://www.facebook.com/CAMPANDCLIMBINGFREAKY/

※7月3日追記
チラシを頂きました。
20190703freaky.jpgfreaky2.jpg

※7月8日追記
 地元新聞に紹介されていました。
 素晴らしい笑顔。10歳くらい若く見えます。充実してるからかな。

20190708freaky.jpg

十水(とみず・加藤嘉八郎酒造)でホヤ刺し [食べ物・飲み物]

20190707hoya1.jpg

ホヤ刺し&カツオ、アジの刺身。と来たら日本酒ですよねw。
在庫がなかったので近所の量販店へ。

この量販店、先日記事にした加藤嘉八郎酒造(鶴岡市)を扱っています。
記事=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2019-06-27
早速申し込みましたが、到着までは時間がかかると思います。

のでw、ここの蔵のお酒「十水(とみず)」を買ってきました。
呑んだ時の記事=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-02-01
応援です!!w

お刺身は、地元資本スーパー「いとく」から。ビッ〇より品が良いと思います。
ホヤ、嫁さんが時々ビッ〇で見つけて買ってくるのですが、何か溶けてます。

え~と、ホヤを捌くのは私の係。
で、昨日は「いとく」でホヤを見つけたので購入。(いつもは剥きホヤだけ)。

20190706hoya3.jpg

海のパイナップルです。

20190706hoya2.jpg

分離~。身がしっかりしている。ビッ〇とは違う。あっちはデロ~んな感じ。

20190706hoya1.jpg

乱切り。個人的には、洗う前の海水味ビンビンのが好きだけど
人には出せないしw。苦かったり甘かったり、のホヤ好き。

なお、十水は冷(常温)で呑んだのですが、常温が30度くらいかと。
ぬる燗状態。しこたま甘くキツい感じに。この時期の冷は別世界ww

体力&持久力調査w 白神岳山歩き マテ山コース [アウトドア]

令和元年7月7日(日)

20190707shirakami07.jpg

本日の行程
登山口駐車場5:37-5:44記帳所・登山口-6:09二股分岐-
6:39水場-7:09蟶山分岐-7:40 997mピーク-8:10大峰分岐-
8:19白神岳山頂

白神岳山頂8:33-8:45大峰分岐-9:06 997mピーク-
9:27蟶山分岐-9:45水場-10:03二股分岐-10:20登山口・記帳所
-10:24駐車場

20190707shirakami01.jpg

午前中、嫁さんから車が借りられました。どっか山歩きたい。
ということで早朝出発の白神岳。

この1ヶ月半、なんだかんだと毎週山歩き。
かなり体力&持久力が戻ったんじゃないか、と。
白神岳は、確かめるには良い山。厳しい&近いw。

5:20頃登山口駐車場。車が12台。んー、人気です。

今日のお題も、
・小股で歩く。
・ゼイゼイしなペースで歩く。
・15分に1分休憩。

これを守りながらどの位で行けるか?。足、攣らないか(汗。

5:37駐車場出発。登山口までの車道を歩く。と、いきなりゼイゼイ…
ん~、気合い入りすぎ?入れ込みすぎでしょうか。抑えないと。

登山届けをポストに入れ登山道へ。道が乾いてて快適。
二股分岐、最後の水場とまずまずのペースで通過。いよいよ急登。
マテ山コースのハイライトは、水場からマテ山分岐までの急登だと
思ってます。ここで体力の半分が失われるようなw。

20190707shirakami02.jpg

個人的お気に入りポイント。急登の始まり。
乾いているせいかイマイチ?。道は乾いてる方が良いけど。

足と相談しながら急登。ゼイゼイまでは余裕が有るけど足がw。
攣らないよう攣らないよう…。

マテ山分岐まで1時間半。これ以上の短縮は足が攣ります。俺的限界w。
マテ山分岐を過ぎると気楽?な尾根道。樹林の中を森林浴。
ええ、ここまで花ありませんw。アジサイがチラホラくらい。
白神岳はマイナスイオン?を浴びる山です。

20190707shirakami03.jpg

1050m付近。木々の間から海が見えてきます。
大峰分岐までも急登ですが、マテ山に比べたら楽。
(個人的感想です。感じ方には個人差が…w)

20190707shirakami04.jpg

山頂。駐車場から2時間42分。登山口から2時間35分。
自分には上出来。好調です(当社比w)。

15分ほど滞在し下山。風が強くて帽子飛びそう。
山頂から大峰分岐までには花があります。

20190707shirakami05.jpg

登山道脇にゴゼンタチバナ。

20190707shirakami06.jpg

ニッコウキスゲとイブキトラノオ。

20190707shirakami07.jpg

海に面した斜面は、ニッコウキスゲとイブキトラノオのお花畑。
お花畑の向こうは、マテ山コースの尾根。これから下ります。

下りもお題遵守w。スピード上がるとゼイゼイするし膝に来るし。
駐車場まで2時間弱。到着して10時半。11時半には帰宅でした。

メモ。
登りも下りも沢山の登山者に会いました。人気の山だけあります。
小屋泊まりで下ってきた方だけで18人。え~、入るの??。
団体の方に伺ったら、昨夜は25~6人居たらしい。伺った方々は
ビバーク対応したようなことを言ってような。

白神岳、山小屋だけアテにしてくるとヤバイかも。
自分は日帰り山歩き専門なので詳しくないですが、一応メモ。

半夏生の田代岳、雨のため4合目まで [アウトドア]

今年も地元中学生の登山のお手伝い。
半夏生の田代岳へ。

が、生憎の天気。延期かなぁ~。と思ってたら決行するとのこと。
地元の方曰く「ガスが昇ってるから上がる」とか何とか。
(又聞き)。

ガイドさん、ボランティアの大人、先生、で
荒沢登山口へ。バスのペースでゆっくり。
バスで行けるのも三菱のロケット施設が有るから。ありがたや~。

途中、大広手登山口で山の会の方々数十人が出発式?中。

天気がイマイチなせいか、荒沢登山口には車2台のみ。
準備を整え、9:30出発。時々青空も見えてます。行ける??

20190702hange01.jpg

沢コースはヤバイので、林間コースへ。
このブナの凄さを感じてくれたかな。
ギンリョウソウが有るよ~、ここ滑るよ~、ゆっくりね~
出来るだけ小さい歩幅でね~、などと伝えながらゆっくりゆっくり。

何故か?私が遅い方の班のペースメーカーに。先頭。
これで大丈夫なんだろうかと不安(汗。

小まめに休憩を入れながら、それでも1時間ほどで3合目。
雨が降ってきたので、雨具装着指示。と、土砂降りに。
風も出てきました。ガイドさん曰く「無理だ、天気上がらない」。

で、中止決定。子どもの安全第一。先行する班に連絡しようとしたら
携帯通じず。無線、応答無し。(向こうもテンパってたらしい…)
子どもたちと大人の方々に中止を伝え、安全に下るようお願い。

「え~!」と、子どもたち。無理です。勘弁してください。

私ともう一人の方で、先行する班を追いかけ中止を伝言することに。
「走りましょう」ともう一人の若い!方が。
え~!!。 山で走ったこと無いんですけど…。


頑張りましたよ。端から見れば走ってないかもですがw。

20190702hange02.jpg

4合目で先行する班が降りてくるのと遭遇。無事任務遂行。
3合目から4合目まで必死(自分としてはw)に走って5分弱。

先々回、普通に歩いて7分。これだけ頑張って短縮2分…(汗w。

20190702hange03.jpg

登山道は川に。
登りよりも時間を掛けて慎重に下山。全員無事駐車場。

子どもたちに何事も無くて良かった。

ちなみに、大広手から上がった山の会の皆さんも7合目で中止、
とのこと。

子どもたちに9合目の池塘を見せたかったなぁ。
残念だけど天気には敵いません。

前の10件 | -