So-net無料ブログ作成

秋田縣護国神社参拝 [雑記]

秋田城跡の一部は護国神社になってます。
新人の頃(遠い目ww)、研修所がこの近くにあり、
新人研修の折に参拝したようなしてないような…

初かもしれないし、2度目かも知れない護国神社参拝。

20171114gokoku01.jpg

鳥居から覗く参道が良い感じ。ちょっとだけ残ってる紅葉、
参道に敷かれた落葉。

20171114gokoku02.jpg

平日の朝、閑散とした雰囲気に落葉した枝がピッタリな風景。

20171114gokoku03.jpg

階段の向こうに護国神社。清々しい。清浄とはこんな感じなのでしょうか。

20171114gokoku04.jpg

人が居ないせいか広々と感じます。
作法に則り参拝。

20171114gokoku05.jpg

神社手前右横に、さざれ石があります。
君が代で歌われるさざれ石。左に解説板有り。へぇ~。

20171114gokoku06.jpg

その横の広場にあるオブジェ?彫刻?なに???
立方体、円柱、円盤、奥のは??
これ何でしょ?。ネットで調べても分かりませんでした。

整備が進む平安時代の秋田城跡へ [雑記]

会議のためバスで秋田市へ。ちょっと早く着いちゃうので、
時間潰しを兼ねて高清水公園の秋田城跡へ行ってみました。

20171113akitajousi04.jpg

奈良時代から平安時代の地方官庁の遺跡。
歴史公園として整備してるとのこと。重機作業中。

20171113akitajousi01.jpg

塀と門。中には基礎の跡に柱。

20171113akitajousi02.jpg

往時の姿の模型。門の前にあります。

20171113akitajousi03.jpg

こちらは外郭東門と外郭築地。井戸と当時の水洗便所!も
再現されています。公園として整備されており散歩の人も。

説明の看板もありますし、資料を展示している秋田城跡歴史資料館
http://www.city.akita.akita.jp/city/ed/ac/default.htm も
あるので、次はもっとゆっくり見たいと思います。


塚本タカセ ソウルライブin二ツ井 地元出身のソウルシンガー [雑記]

能代市二ツ井町切石出身のソウルシンガー塚本タカセ氏。
北星自動車の息子さん。(本人談w)


https://www.youtube.com/channel/UCQ6YRJehc-u1nHvAH7uzY9Q/featured

母校の切石小学校でライブを行い話題に。
今回、二ツ井町でのライブに誘われ聞くことが出来ました。

20171013mokkun03.jpg

会場は二ツ井町の飲み屋街、通称・宝来町の「ギャザー」
開演30分前、外は真っ暗。

20171013takase01.jpg

ワンドリンク付き2000円。チケットはSOULD OUT。
60人定員がオーバーしているとか。開場時刻に来て席確保。

20171013takase02.jpg

正面奥に陣取りw、追加のお酒も準備済w

20171013takase03.jpg

こちらが誘ってくれたHATAYAMA氏。本日の音響担当。
このお店のカラオケシステムで本日の音響構築。

隣に座った人生の大先輩方が「あの人がタカセだが?」と
話していたので「んだ」と… は言わずw訂正しておきましたw

20171013takase04.jpg

演奏スタート。
タカセ氏がギターをポロンと鳴らし始めたのですが、
この音がカッコイイ。歌い出したら声もカッコイイ。
ピアノは西氏。このピアノもカッコイイ。

正直、知らない人の知らない曲を聴きに来たのですが、
一発で引き込まれました。いがった。

カラオケシステムで、この音を響かせているHATAYAMA氏も凄い。

ギャザー超満員。あっという間の1時間ちょい。
帰りにはCDを購入し、タカセ氏と西氏のサインを貰いました。


古い映画を思い出したので「アルタード・ステーツ」 [雑記]

アルタード・ステーツ/未知への挑戦

古いSF映画です。公開は1980年。秋田で上映されたのは翌年か?

細胞レベルで記憶を遡れば人類の起源まで辿り着くのではと実験してる
間に身体も逆進化して…
記憶もおぼろげですが、アイソレーションタンクという比重の重い液体で
満たされタンクに浮かびトリップしていく映像が印象に残っています。

実在した科学者の研究がベースになっているとか。



採用研修で秋田市に泊まりがけだった夜、先輩に誘われて見に行った
映画です。
「俺が専攻した(or専門だった)分野のことで是非見たかったんだよ」
的なことを言っていたような。

その先輩が急逝。相談したり助言貰ったり世話になった方。
まだ実感無いです。お見送りしてきましたが。

とりあえず、生きてる者は頑張ります。

二代目・高橋竹山襲名20周年記念演奏会 青森県平内町 [雑記]

高橋竹山さんの演奏会が日帰り圏内だったので行ってきました。
行きます~の記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-09-05

20171001hiranai01.jpg
会場は、平内町役場 勤労青少年ホーム。
開場は16時から。16時15分に着いたら人がいっぱい。
市街地方面から続々と歩いてきます。お年寄りから子供まで。

20171001hiranai02.jpg
前から3列目に席を確保。しっかり聞きます。見ますw。
開演前の会場に流れているのはジャズ。
なるほど、津軽三味線はジャズっぽいかもしれないと勝手に納得。

商工会議所の方、平内町長さんのあいさつ。
良くぞ呼んで下さったと、ありがたく拝聴。そして開演。

伴奏無しの民謡から。続いて演奏しながらの民謡。三味線独奏。
合間に語り。初代のこと、内弟子生活を6年送った平内町のこと、
現在お住いの糸魚川のこと、唄が北前船で広がったこと等々。

唄と三味線と語り。良かった。

後半、ゲストのピアニストの小田朋美さん登場。
(シンガーソングライター、作詞・作曲・編曲家)

ピアノ伴奏による民謡を2曲。
伴奏というかセッション。竹山さんのボーカルとピアノの。

民謡の力、ボーカルの力、ピアノの力。
怖い!と思うぐらいの違う世界。
どこまでも広がっていく感じにビビったのか?凄い魅力です。

小田さんのソロ、寺山修司氏が竹山のために書いた詩による
オリジナル曲などを経て最後の曲。

即興曲。

会場の雰囲気が変わりました。
聞き逃すまい、見逃すまいなピンと張りつめた空気。
ライブでなければ味わえない時間。良かった。

アンコールはお立ち酒。
しっとりとしたピアノ伴奏。良く聞く曲ですが、別物。
いがった。

20171001hiranai03.jpg
受付で、購入したCDに小田さんと竹山さんのサインを貰い、
握手もしていただきました。
受付では竹山さんとあいさつする人多数。6年暮らした町なんだな、と。

おまけ

20171001hiranai04.jpg20171001hiranai05.jpg
平内町はホタテの町。来たからには。ww
ホタテ活御膳は売切れでしたので(午後4時だったし)、
ホタテとシメジの塩コショウスパゲッティセット。
スープは濃いのですが麺はアッサリ。に、カイワレの辛みが美味い。
食後のコーヒーも美味しくて満足。

鷹巣大館道路と空港道路はどう繋がる? [雑記]

鷹巣大館道路(東北自動車道小坂JCに繋がる自動車専用道)と
国道7号線からあきた北空港前を通る道路がシームレスに繋がる
と思っていたら、そうじゃなくてインターチェンジで繋がるんだと
知ったという話です。

空港道路も蟹沢付近や内陸線小ヶ田駅付近での交差などを改良してますが、
これも現道改良なのか自動車専用道を作ってるのか?どうなんでしょう。

____________
さて、

鷹巣大館道路が鷹巣I.C.まで開通し、八甲田への往復が楽になりました。
とは言え、大館能代空港線を、あきた北空港I.C.予定地を通り過ぎ、
小森で105号線に下り鷹巣I.C.へという遠回りな経路。
(大館能代空港=あきた北空港。道路とI.C.の名前がそれぞれ)

今年度中に、大館能代空港線と鷹巣大館道路が接続するとのことで
そうなると更に楽になります。大館能代空港道路も改良工事中ですし、
二ツ井から大館能代空港道路へも新たな道路を建設中。
(二ツ井今泉道路)。

すべて完成すると八甲田へのアクセスがとても楽になります。
その頃まで自分が元気に遊び歩いてるかは??ww

ところで、今年度中に接続するらしい大館能代空港線と
鷹巣大館道路ですが、どこでどう接続するのか調べても分からず。

新聞記事等では、将来的に琴丘能代道路から鷹巣大館道路まで
シームレスに繋げる予定らしいので、早速シームレスに繋げるのかと
思ってました。でもどこでどうやって?、と。

20170930ic.jpg

先日あきた北空港I.C.予定地前を通ったら見学用の展望所がありました。

どうなってるのか確認しようと寄ってみたら、…閉鎖中w。
月から土の10:00~15:00。残念、15:30でしたorz

でも駐車場に説明看板があり様子が分かりました。

20170930ic2.jpg

20170930ic3.jpg

あきた北空港(大館能代空港)への交差点が、I.C.入口となり、
そのI.C.で接続。なるほど交差点を左折なのね。
鷹巣大館道路から交差点を直進で、空港道の駅。いいかも。

シームレスになるのは道路が延伸されてからみたい。
I.C.から先は手付かずなのでまだまだ先でしょうね。
鷹巣合川線との交差とかどんな計画なんでしょ?

I.C.、この冬から使えるのか?ギリギリ年度中の春になるのか?
ギリギリかなぁ。

二代目・高橋竹山襲名20周年記念演奏会がルーツ平内町で [雑記]

9/3夜のNHKスペシャル、世界初・極北の冒険 デナリ大滑降、
凄かったですねぇ。佐々木大輔氏もサポートの新井場氏、狩野氏、
カメラの平出氏、安全管理の山本氏、中間地点カメラの関口氏、
ほかスタッフも凄い。凄すぎて鳥肌もの。

その佐々木大輔氏が若い頃から出演しているiconシリーズ。
icon3で、佐々木大輔氏の滑りに流れるのが津軽三味線。
二代目・高橋竹山氏。今から15年前。

滑りに合わせて曲を作り演奏したとか、旦那さんが山屋さんでその縁だったとか、
聞いたような、じゃなかったような…。15年前ですからあやふや(汗w




https://youtu.be/1lkKMZlk6I0

大輔氏、坊主頭。そして皆若いw。

で、本題。
二代目・高橋竹山氏が襲名20周年を記念し、初代・高橋竹山氏の故郷、
且つ、二代目も内弟子として修行した青森県平内町で演奏会を開くとのこと。

10月1日(日) 17:00~ 平内町 勤労青少年ホーム

折角のチャンス、日帰りで行ける場所。逃せません。

平内町商工会に問い合わせたところ、県外の方はインターネットサイト
「ポみっと!」が便利とのこと。
コチラ=http://www.pomit.jp/ticket/%E4%BA%8C%E4%BB%A3%E7%9B%AE%E3%80%80%E9%AB%98%E6%A9%8B%E7%AB%B9%E5%B1%B1%E3%80%80%E8%A5%B2%E5%90%8D%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%80%80%E6%BC%94%E5%A5%8F%E4%BC%9A/
チケットは残り少ないようです。

20周年記念演奏会は他の場所でもあります。

二代目・高橋竹山氏のオフィシャルサイト
https://www.chikuzan.jp/


大鮎の里ふるさとまつり(大館市・田代) [雑記]

大館市の旧・田代町で行われる「大鮎の里ふるさとまつり」へ
行って来ました。巨大ビアガーデンの言葉に釣られてww。

電車で往復(会場は早口駅から近い)を考えてましたが、
嫁さんが興味を示し、運転手確保w。

着いたら会場に長い行列。え?鮎の塩焼きに順番待ち??
と思ったら、子ども限定マスの掴み取りタイムでした。
捕まえたマスは捌いて焼いて貰えます。

20170819ayu01.jpg

こちらが、名物の鮎1000匹焼き。一匹350円。3匹だと1000円。

20170819ayu02.jpg

勿論生ビールと。生ビールは地元・伊藤商店のブースから。
その後、他のブースからも万遍なく購入。4杯w。
おつまみは、しらかみフーズの生ハムやら地元トウモロコシなど。
二ツ井のじゃっぷぅも。(ツマミじゃなくてアイスです)

20170819ayu03.jpg

地元中学校の吹奏楽部演奏。演奏も間のトークも良かった。

20170819ayu04.jpg

同じく地元中学生の「田っ中ソーラン」。

20170819ayu05.jpg

自衛隊の展示。子どもたちに制服や迷彩服を着せて記念撮影も出来ます。

20170819ayu06.jpg

貰ったティッシュ。広報戦隊アドレンジャーだって。
何となくネーミングのココロが分かるようなないような。
大館けんすけ。犬(けん)すけ?ですよねぇ~。

この後も踊りがあったり、郷土芸能があったり、
盆踊り、秋田竿燈、花火と続きますが
酔いすぎないうちに撤収しました。
(回収された、とも言いますw)

遠野観光 [雑記]

明がらすが気になり遠野市へw。
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-08-05

明がらすを買うだけなら通販でことが足ります。
現地の空気を感じてこその、えー、まあそういうことです。

遠野と言えば、遠野物語(柳田国男)。
図書館から借りて行く前に読みました。付け刃。
思ったより読みやすく、そして面白かった。

遠野市へ行くのは約30年ぶり。3回目。
30年前は高速道路も無く、夜中走って明け方着いた記憶が。
今回は能代~遠野まで高速が繋がってます。楽ちん。

最初に、市立博物館へ。遠野市の概略、物語の概要等を確認。
ミニシアターもあり、昔話を映像で見られます。
メモ
・遠野市土淵の佐々木喜善氏から聞いた話を記述したのが遠野物語。
・その後、佐々木喜善氏が語り部から採集した話も多数ある。
なので、有名なオシラサマも遠野物語に記述された以降がある。カイコのくだり。

市立博物館では、遠野市の偉人「伊能嘉矩(いのうかのり)」展も開催中。
明治時代の民俗・人類学者で台湾原住民の研究が凄いとか。台湾大学所蔵の
資料も展示されていて見ごたえあり。凄いな遠野市。
研究に協力したのが、後藤新平、新渡戸稲造の岩手県出身者。
凄いな岩手県。

などの知識を仕入れ、市街地へ。前に来た時は博物館ぐらいしか無かったのですが、
市街地の景観をそれっぽく整え、物語の館という施設も出来ており、柳田国男等が
投宿した高善旅館の建物を柳田国男の資料館とするなど見所が増えてました。

20170803toono01.jpg

遠野の風景。奥にあるのが、女神の末娘がGETした早池峰山。
姉に降りた霊華をひそかに頂いたそうです。 遠野物語 二話 

20170803toono02.jpg

来季は花の時期に登りたいですねぇ。今年は天気に恵まれず。

20170803toono03.jpg

ふるさと村や伝承園には南部曲がり屋があり、雰囲気を感じられます。

20170803toono04.jpg

有名なカッパ淵。キュウリ付きの釣り竿がw。
水量豊富で流れも速いですが、カッパが住むには小さい?

20170803toono05.jpg

伝承園・カッパ淵駐車場~カッパ淵の途中にあるホップ畑。
こっちの方が気になりますww

20170803toono06.jpg

釜石線「宮守駅」近くの眼鏡橋。道の駅みやもり敷地内から。
SL運行もしている人気スポット。


8の付く日は「はちくんポロシャツ」着用。勝手に参加w [雑記]


「はちくん」とは大館市の観光キャラクターです。
忠犬ハチ公に大いに関係あると思います。
http://www.city.odate.akita.jp/dcity/kankou/29-7233.html

20170712hachikun.jpg

その「はちくん」のイラストが付いたポロシャツがあります。
(Tシャツも)。

20170712hachikun02.jpg

胸元にに顔、

20170712hachikun03.jpg

腰の部分に後姿と足跡。
なかなか楽しいw。(先ほどのページ下部に紹介があります。)


で、大館市では職員に8の付く日に「はちくんポロシャツ」を
着て観光PRに努めようと呼び掛けているようです。

私、大館市民ではありません。ましてや大館市職員でもありません。
でも、楽しそうなので勝手に参加することにしましたww。
大館市内に勤務はしてます。

申し込んでから1ヶ月、本日届いたとのことで仕事帰りにゲット。
(送料を負担すれば自宅に届きます。料金前払い)

18日に早速第1回目のはちくんポロシャツ着用デー。
それ以前にも、それ以外にも着る予定ですw。

トラックバック(0)