So-net無料ブログ作成
食べ物・飲み物 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

愛のスコールって何? [食べ物・飲み物]

いつもの量販店に行ったら、入口すぐに特設コーナー。
「愛のスコール」という緑の缶。

愛のスコール?、愛のコリーダが頭の中に鳴り響きましたww
(クインシー・ジョーンズ)
そんなお年頃。無関係です。


スコール、宮崎生まれの乳性炭酸飲料とのこと。
それとサッポロがコラボしてお酒にしたらしい。

新しもの好きとしてはw、早速飲んでみました。
カルピスっぽいお酒。北海道のカツゲンを思い出しました。
カツゲンの焼酎割り飲みたいなぁ。というか北海道行きたいww

20170914skal01.jpg

美味しかったので追加購入。
ちょっぴりリーズナブルな8本入り。

俺的には甘みが強いので、焼酎で2倍に薄めてます。
薄くして甘さは良いんだけど、やけに酔いが早いww

20170914skal02.jpg

ツマミは明がらすw。白同士、良いコンビかと(爆



館の明がらすミニ 大館市・ねりや [食べ物・飲み物]

「明がらす」というお菓子を遠野市と大館市で食べ比べてます。
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-08-05
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-08-23

大館市への出張があったため、またまた「明がらす」購入。
お菓子のみせ・ねりや(煉屋菓子舗)さんから。
http://www.neriyakashiho.com/

へぇ~、ねりやさんでも作ってるんだ、が最初の感想。

20170913neriya01.jpg

煉屋バナナというお菓子が有名。昭和2年創業時からとのこと
なので、90年でしょうか。
中は白あん+バナナエッセンス。和菓子。東○ばな○より好きかもw

その煉屋さんの明がらす、長いの(羊羹タイプ)は売切れ。
何個かに切り分けたミニと、キャラメル大の一口サイズのみ。

20170913neriya02.jpg

20170913neriya03.jpg

ミニを購入。少しでも大きい方w

寒天、砂糖、クルミのみ。
クルミの比率は山田桂月堂さんと同じぐらいでしょうか。
食感はふわふわ。他と比べれば、という前提付きで。
山田桂月堂=しっとり、一ノ関=むっちり、ねりや=ふわふわ。
僅かな違いです。あくまでも私の感想です。

甘さは、山田桂月堂>ねりや。な気がします。
一緒に食べ比べてないので、そんな気分、です。
どっちも強烈な甘さです。

ほや・ホヤ・海鞘 長者原SAでお土産 [食べ物・飲み物]

仙台の帰りは、長者原SAに寄らなければなりませんw。
お土産にホヤ一夜漬、他を買うために。
それが目的の仙台だったわけではありますんww。

相変わらず牧場の臭いが強烈です。
駐車場から中に入れば大丈夫ですが、出てくればまた…
中でお土産、というかホヤを物色w

20170904hoya01.jpg

主目的(<ぉぃwの「ほや一夜漬」、いつもの「ほや酔明」(燻製)、
そして同じ水月堂の「チーズほや」。並んでたのでついw。

20170904hoya02.jpg

帰宅して早速「チーズほや」。電子レンジ500ワットで60秒。
蒸気の抜ける口が付いてます。

20170904hoya03.jpg


溶けたチーズの食感と、ホヤの食感が似ています。溶けたチーズを
食べてると思っていたらホヤの味がドーン。美味しいです。
540円を安いとみるか高いとみるかは微妙ですが。
ちなみに、ほや一夜漬972円、ほや酔明350円です。

ほや一夜漬の過去記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-11-18-1
ほや酔明の過去記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2007-10-07-1

20170904hoya04.jpg

ほや一夜漬で一杯。(二杯、三杯…ww)



20170904hoya05.jpg
かもめの玉子 秋限定 栗味
岩手県大船渡市の銘菓「かもめの玉子」、季節限定の栗味がありました。
栗チョコ?でコーティングし、栗餡に栗の粒入り。

菓子舗・一ノ関の「明がらす」(大館市 旧・比内町) [食べ物・飲み物]

「明がらす」というお菓子が秋田県大館市と岩手県遠野市にあり、
入っているクルミの切り口を暁の空を飛ぶカラスに見立てて命名、
という共通点の他は羊羹似と生落雁似と別物、と記事にするくらい
「明がらす」気になっていますw
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-08-05

遠野市の「明がらす」は4店ほど食べ比べてみましたが、大館市
の方は山田桂月堂さんだけ。大館市の「明がらす」も数店あります。

20170823akegarasu01.jpg

ということで旧・比内町の菓子舗・一ノ関さん「館の明がらす」。

20170823akegarasu02.jpg

一緒に写っているのは「比内鶏もなか」。デカイ。比内鶏は入ってませんw。
じゅんさい最中にはジュンサイが入ってますが。
比内鶏もなかの記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2007-10-21
じゅんさい最中の記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-08-14

20170823akegarasu03.jpg

脱線しましたw。一ノ関さんの「明がらす」
クルミが多いです。なのでクルミの味が強い。甘さは山田桂月堂さんより
少し控えめなような?。でも強烈に甘いことに変わりなし。
食感は少しネチッとしてて固い感じ。山田桂月堂さんと違い水飴が入ってる
からでしょうか。

20170805akegarasu03.jpg
コチラが山田桂月堂さんの明がら寿。

食感は口の中で溶けるような感じの(溶けませんが)山田桂月堂さんが好み。
味はクルミの風味が強い一ノ関さんが好み。一緒に食べれば満足?ww

煉屋バナナで有名な煉屋さんにも、また他の店でも「明がらす」を
作ってるようなので、機会を作り食べ比べたいと思ってます。
※食べましたw=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-09-13

20170823akegarasu04.jpg

1/4食べちゃいました。うっかり1本食べれそうですw

ホルモン煮込みのレストパークしらかみで一杯 [食べ物・飲み物]

大鮎の里ふるさとまつりからの帰り道、嫁さんがラーメンを所望。
ウチの嫁さん、鶏ダシのラーメンは食べません。
嫌い、なのではなく外食してまでキリタンポ鍋と同じ味は嫌だ、
とのこと。鶏ダシ醤油だとモロ同系統。
我が家はキリタンポ鍋の機会が多いし作るの嫁さんだし、
他所では違う味を楽しみたいらしい。

ということで、鶏ダシ以外のラーメン。
ホルモン煮込みのラーメンは?と提案したらOKとのこと。

レストパークしらかみへ。
以前の記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2013-09-20

20170819shirakami01.jpg

頑固オヤジ味噌ラーメン。
嫁さん曰く、スープはアッサリ。ホルモンにこってり感あり。
ホルモンもっと食べたいから、中華+ホルモン煮込みにすれば
良かった、だって。

なので、私のホルモン煮込み定食から少し回しました。

20170819shirakami02.jpg

私のホルモン煮込み定食。
はい、生ビールも。いつかココで飲みたかった。野望達成ww

本日5杯目の生。飯要らなかったなぁ。ホルモンだけだったなぁ。
と言いつつ完食。美味しゅうございましたw。

麺屋カミカゼ 「中華」 [食べ物・飲み物]

先週のこと。

美味しいバリウムを飲み終わって11時。
さて、どうしよう。職場に戻る前に飯食わないと。
朝から食ってないし。

ということで、久々に麺屋カミカゼへ寄りました。
寄るというには方向が明後日なのは毎度のことですww。

で、到着したら久々過ぎてメニューが変わってました。
醤油と塩が消えて、「味噌」と「中華」に。
以前の記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2015-04-07

お初の中華にしました。

20170809kamikaze.jpg

中華650円+大盛り100円+煮卵100円+ご飯(小)50円。
朝飯+昼飯分だから良いんですw。今日はハシゴしませんしww。

味は最近ハマっている魚ダシ+トンコツ系に感じました。
大館市の孝百のとんこつ、山城屋の魚介豚骨に近い味ですが、
この2軒よりはあっさりした感じ。魚をより強く感じます。

チャーシューは固め。煮豚じゃなくて焼豚。多分、です。

麺はストレートの細め。そして固め。歯応え&スープとの相性が好みでした。

出羽鶴応援やまとしずく 純米大吟醸 [食べ物・飲み物]

先日の秋田県南部を中心とした大雨の被害で、
出羽鶴酒造の蔵も大きな被害を受けたそうです。

我々に出来る応援は製品を購入することぐらい。
天洋酒店さんが企画した出羽鶴応援のお酒を買ってきました。
https://www.facebook.com/tenyousaketen/posts/2353186738153333

20170806yamato01.jpg

へトてん、ではありません。やまとしずく、ですw。
純米大吟醸。

冷蔵庫から出した直後は、私の好みよりかなりキツく感じます。
裏のラベルによるとオススメは7度~常温。冷えすぎのようです。
ちょっと時間が経って呑むと、甘み柔らかさが感じられます。
私の好みよりはキツイけれど美味しいお酒。2合ほど呑んじゃいましたw

20170806yamato02.jpg

ツマミにセキトのしんこ。
ん?変??。いーんです。あんこで酒が飲めるのが秋田県人。
異論は受け付けますww。

昔、某・八Pスキークラブでは「鯛菓子で一升飲めなければ
指導員になれない」と語られていました。
だから私はそっち方面へは行けず(違w

魚介豚骨とガーリックライスとシュウマイ 大館市・山城屋 [食べ物・飲み物]

先日食べた魚介豚骨ラーメンが好みだった山城屋さん。
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-07-27

メニューにあった、ガーリックライスと数量限定自家製肉シュウマイが
気になり、チャンスを作って行って来ました。

20170806yamashiro1.jpg

魚介豚骨ラーメン(並)650円、ガーリックライス250円、
肉シュウマイ150円。計1050円。エンゲル係数高いww

20170806yamashiro2.jpg

ガーリックライス、ニンニクが良く効いたチャーハン?
刻んだチャーシューも美味しいです。

肉シュウマイ、皮が柔らか。肉はジューシー。

ラーメンと合わせ、大変美味しゅうございました。
毎度この組合せでは財布がツライので、組合せ考えますw

でも偶にだからイイか…ww

明がらす(大館市)と、明がらす(遠野市) [食べ物・飲み物]

大館市の銘菓に「明がらす」があります。
乱暴に言うと、砂糖だけの羊羹にクルミが入ったもの。
とても甘いです。
過去記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2009-02-17
お店のページ=http://shop.yamadakeigetudo.com/

同じ名前のお菓子が岩手県遠野市にあると聞き気になっていました。
ということで、観光がてら仕入れにw。

20170805akegarasu01.jpg

大館市(右)と遠野市(左4つ)の「明がらす」。
右 大館市 山田桂月堂
中央上 鶴乃屋  中央下 まつだ松林堂
左上 たからや菓子店  左下 竹林堂

大館市の明がらすは、砂糖、寒天、クルミが原料。

遠野市の明がらすは、小麦粉、米粉、砂糖、でんぷん、水飴、くるみ、ごまetc
店によって違いはありますが、米菓子おもち系?

食べたことの無い遠野市の明けがらすからいただきます。

20170805akegarasu02.jpg

右上 鶴乃屋  右下 まつだ松林堂
左上 たからや菓子店  左下 竹林堂

何と言えば良いのでしょう?和菓子です。生な諸越というか落雁というか。
自分の語彙が少なすぎて伝える言葉がありません(汗
甘さは柔らかです。じわっとくる甘さ。でも一個食べると結構効いてきます。
(4個全部食べて、大館の明がらすも食べましたw)

松林堂はゴマが強め。香ばしいです。
松林堂と竹林堂は固め。たからやは柔らかめで餅っぽい感じも。
僅かな違いです。他にも数店舗で作っているようです。

20170805akegarasu03.jpg

そして我らが?大館市の「明がらす」。
明治時代に京都から伝わった寒氷にクルミを散らして誕生。
その切り口のクルミを、地元の俳人が暁に飛ぶカラスに見立てて命名。

カラスの数がもっと多くても良いかな~ww。
羊羹の小豆の代わりに砂糖を入れた、とも言える砂糖の羊羹。
子どもの頃は甘すぎて食べられませんでしたが、今なら1本いけそうw。
お店の方に伺ったところ、製法は同じそうなので甘さは同じ。
私が甘さに強くなった模様ww。


遠野市の明がらすもクルミの切り口が明け方に飛ぶカラスのようだと
命名したらしいので、クルミと切り口は似ているようですが??、
食べると全く違うお菓子でした。

どっちも美味しいので満足です。

※追記
 菓子舗・一ノ関の「館の明がらす」を食べました
 http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-08-23
※追記2
 お菓子の店・ねりや(煉屋菓子舗)の「館の明がらす」を食べました
 http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-09-13

ラベルに惹かれて「あざくら・りんごちゃん」無濾過原酒 阿櫻酒造 [食べ物・飲み物]

仕事帰り、フラッと伊藤謙商店へ。
http://itoken-akita.com/
https://ja-jp.facebook.com/itoukensyoten/

お父さん配達中?で不在のため、息子さんが書いた

POPをじっくりと見て何を買おうか思案。
(いつもはお父さんに勧めて貰ってますw。
全ての酒に、そそるPOPが付いてます)

で、POPも気になったけどそれ以上にラベルに惹かれたのがコレ。

20170727azakura01.jpg

なに??

20170727azakura02.jpg

なんでしょう、この可愛いラベルは。日本酒っぽく無い。

阿櫻酒造のお酒。ひらがなで、「あざくら」「りんごちゃん」。
ちなみにリンゴは入ってません。リンゴから採取した酵母でも
無さそうです。何故?りんごちゃん。

能書きによると、原材料は米と米こうじ。米は秋田酒こまち。
精米歩合60%。酵母は多酸性の№77。
日本酒度-4。酸度2.4。アルコール度12度。ちょと弱め。

秋田を代表する酒米「秋田酒こまち」に多酸性酵母№77を使用する
ことで酸の利いた爽やかな旨味にしました。また、軽快な飲み口にする

ためアルコール度を無濾過原酒でありながら12%としました。

とのこと。

伊藤謙さんの冷蔵庫から出して我が家まで40分。
まだ冷たいですが、キリッとは冷えてない状態で呑むと
酸味も甘みも、ほんのり。なんか呑みやすい。
試しに冷やすと酸味が頑張る感じ。
このみとしては、冷蔵庫から出して30分かな。

ぼやっとしてると言えばそう言える味ですが、それが好きな私w。
チビチビ飲んでたら半分無くなってました(汗

トラックバック(0) 
前の10件 | 次の10件 食べ物・飲み物 ブログトップ