So-net無料ブログ作成
車・バイク ブログトップ
前の10件 | -

除雪機が来ました クボタ SLA1070(=和同SXC1070) [車・バイク]

種苗交換会で買っちゃった除雪機がやって来ました。
仕事中にやって来て車庫に鎮座ww

20171117kubota01.jpg

来年買う予定だったのが、うっかり前倒しw。
経緯はここら辺にw=
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-11-05
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-11-05-3

クボタを選んだ一番の理由はクボタオレンジの色w。
って、違いますんw。そうなんですww。和同かクボタかでの決め手です。
それと農機具店から買えること。クボタを扱わない農機具店は無いかと。

20171117kubota02.jpg

機械的な決め手はこのサイドの皿。オーガと一緒に回転します。
固い雪に刺さります。上の部分を外すと更に刺さるんだとか。

20171117kubota03.jpg

説明書には書いてありませんが、そんな情報が流れてきましたw
雪は少ない能代ですがそれでも屋根の下や道路の脇には雪の山が出来ます。
今までは人力で切り出してましたが、もしかしたら期待できるかもw。

20171117kubota04.jpg

そしてそんな時にも有効なハンドル高さが変わらない除雪高さ調整機構。しかも電動。
他のメーカーは人力だし車体の傾きが変わるからハンドル高さが変わるし。

他メーカーでこの2つの機能を持ってる10馬力クラスは無し。
小さくてホンダの13馬力クラス。13馬力はオーバースペック。

ターンはサイドクラッチ。電磁クラッチ。ホンダのハイブリッド並にスムーズ。
らしいw。ヤマハの指先操作には敵いませんが、今までの人力から見れば天国。

そしてお値段も安い。HYからみれば10万円は安い。コスパとても高い。

欠点はエンジン音でしょうか。

20171117kubota05.jpg

ロビン(富士重工)の404ccが載ってます。EX35。
始動性が良くトルクも大きく力強いのですが騒音大。
お隣と離れているのでいいかなぁ~、と。静粛性ならヤマハですね。

も一つ不安はロビンの富士重工が汎用エンジンから撤退すること。
平成29年9月で生産中止になってます。どうなるんだろ?
で、来年にしようかと思っていたのが、初めに書いたとおりww。
天下のクボタがついてるし、ま、大丈夫かと。

さて、使ってみたいから雪が降ってほしいような、
出番がなくて飾り状態でも良いから家の前には欲しく無いようなw。

取りあえずこのまま車庫に置いておきます。

20171117kubota06.jpg

除雪機用のカバー。クボタ除雪機と書いてます。
直方体のカバー。デカイ。

20171117kubota07.jpg

前の除雪機に使っていたカバーがピッタリ。同じクラスだし。
こっちの方がコンパクトだし、掛けやすい。
こっち使おうかな。

タイヤ交換3台目 嫁さんの軽 [車・バイク]

嫁さんの軽も冬タイヤにしました。
来週末にこれで仙台へ行くため。山越え積もるかも、だし。

(嫁さんの軽の方が広く且つ3kwほどパワフル、そして
高速代も安い)

20171112ig50p01.jpg

この前までの最新w、ヨコハマ IG50PLUS。
今まではIG50。後継モデル。そして決め手は価格ww。
組み替え、バランス、取付、廃タイヤも含め23000円弱。

安いなぁ、やっぱり次は軽だなぁ。でもジムニーはタイヤ高いw

20171112ig50p02.jpg

夏タイヤ洗浄。7本スポークは面倒くさいw。
スリップサインまで間もなく、サイドウォールひび割れ。
来春更新を計画しないと。

3台交換したけど、2台は新タイヤ購入だったので夏タイヤを
洗うのがメインだった今シーズンのタイヤ交換でした。

2台目PANDAピンチ!1台目復活かw [車・バイク]

スタッドレス購入ついでに、あれこれ補修とチェックをお願いした2台目パンダ。

あれこれ。
引き取り翌日に切れたインパネのライト交換。
球切れはあることだし(前のエスティマも交換した)と思っていたら
フィアットでは交換球を供給してないとか。???です。え?。
なんでもパネルごと交換、部品8万円だとか。なんじゃそりゃ?ww。

それだけでなくもっと問題が。
リアデフ周りの錆が酷く、リアブレーキホース固定部フランジの
腐食が大。部品交換ではなく、ワンオフ作成の溶接か?だと。

ST330410.JPG

ST330402.JPG

さらに大問題(汗。
エンジンとミッションを繋ぐ部分からオイルが滲み出てるそうな。
クランシャフトシールあたり。修理にはクランクケースを割る必要があり
ディーラー対応。修理は現実的では無いそうな。

ST330403.JPG

主治医チームw曰く、1台目の方が程度が良いとのこと。
今すぐ壊れる訳じゃ無いので、車検までは2台目パンダを楽しみw、
その後、プロペラシャフトを移植して1台目の四駆を復活させる方向が
妥当かな。

2台目パンダ、エンジン軽快だしガラスサンルーフ明るいし乗ってて楽しかった
だけに残念。って、元々部品が使えれば、と思っていたのが余りにも綺麗でw
欲かいちゃいましたw。十分、お値段以上です。


あ、こうなればどうでも良いのですがw、気になっていた異音、
プロペラシャフトのセンターベアリング(社外品)からみたいとのこと。
問題は無いそう。

で、移植した場合、この異音?騒音も漏れなく付いてくることになりますww

冬タイヤに交換 2台目2代目パンダ [車・バイク]

20171110tire01.jpg

1台目2代目パンダ(4x2w)は、5年物のスタッドレスに交換済みですが、
2台目2代目パンダには新品スタッドレスを奢りました。4x4復活したし。

車を譲り受けた時にスタッドレスタイヤも付属していましたが、
7シーズン目らしいので新品にしました。
以前履いていたピレリのアイスコントロールが私の感覚にぴったりだったため、
(コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2013-12-05)、
後継モデルのアイスアシンメトリコにしたかったのですが、185/65R14は製品がなし。
最近の車は採用しないサイズのためらしい。

それじゃあ、ということであれこれ検討して選んだのが
ダンロップのウィンターマックス01。値段と性能が決め手。特に値段ww。

以前はどんなに高くても最新のタイヤ、その性能差が分かれ目になるかもって思ってました。
(この考えは支持します)。が、タイヤ価格上がり過ぎ。
そして10年前辺りからどのタイヤも十分効くようになったと思います。
逆に最新タイヤの進化方向がアレで、履いて「え~っ?」となることも。
高い金を払ってガッカリしたことが何度か。

ってことで財布に優しく評判も悪くないこの前までの最新wから
ダンロップをチョイス。嫁さんの車がヨコハマなのでダンロップを試してみたかった、
というのもあります。

20171110tire02.jpg

ホイールは純正アロイ。
この型が欲しかったので2台目パンダに付属しててラッキーですw。

20171110tire03.jpg

明日は大荒れだというので、夜中ですが街灯の灯りでタイヤ洗浄。
午後9時台にタイヤを洗ってる人ww

2台目2代目パンダ 最初の燃費計測 [車・バイク]

手元に来てから2度目の給油。満タン法で燃費を計測。
417km走って26.6リットル。15.67km/リットル。
良いんじゃないでしょうか、踏んだ割にはw。

1台目と同じ車=同じエンジンなのですが、2台目の方が元気。
特に中回転域が。軽やかに回転が上がります。もちろん車速も乗ります。
(クラッチが滑ってるわけではないw)。その後の高回転も良い感じ。

まあ、44kwで軽から毛が抜けたパワーですからそれなりですが、
楽しくて楽しくてw。シフトの方は相変わらず、まだら。
すごく軽い時ととても固い時が。まだらなのが不安。なんでだろ?。

そして車体下部から聞こえる、ガーッという異音。
何でしょ?ギア?クラッチ?ベアリング?。

前オーナーが手放す気になった2点。プロからは修理の必要なし、
パンダはこんなもんとの診断だったとか。それを信じて乗る所存w。

「日本車とドイツ車は壊れると走らないが、イタ車は壊れながら走る」
という名言(迷言?w)を思い出してます。

夏タイヤ洗って収納しました 16912Q PANDA4x4 [車・バイク]

2台目2代目PANDAに本格的に移行するべく作業。
といっても、積みっぱなしだったアレコレを下しただけ。

そして1台目から必要な物を積み替え。
1台目の夏タイヤを外し洗って収納。来季も使います。

20171105tire01.jpg

20171105tire02.jpg

ダンロップ ルマン4
6か月で14,000㎞走行。良いタイヤです。結構減ったかな。
左がフロント、右がリア。FFベースの四駆ですが(しかも
今は完全にFF)、リアの方が減ってる気がしますw。

20171105tire03.jpg

1台目2代目PANDAにはスタッドレスタイヤ装着。
FFですがw、いざという時は使えます。週末怪しいかも、だし。

この状態時に、父親が来て「見分けが付かない、どっちが新しい?」と。
嫁さんも見分けがつかないね、だと。

まあ、交互に通勤してますが職場の誰も気付いてないし、
ぱっと見じゃ分からないと思いますw

除雪機買いました Kubota SLA1070(=和同SXC1070) [車・バイク]

今使っている除雪機はコマツゼノアKSS9S(=ヤマハYT970E)。

平成22年の種苗交換会で衝動買いした中古。
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2010-11-18

97年製。買った時で13年落ち。今年で20年物。元気は元気です。
が、私が元気じゃないww。

KSS9Sは、旋回人力、高さ調整人力。
方向を変えるには腰を入れてよいしょっ!。除雪高さを変えるには、
足でバーを踏み込みよいしょっ!。機械除雪ですが汗ダラダラw。

嫁さんに言われました。若くないんだからもっと楽なのにすれば、と。
除雪機なんて要らないだろう、と言ってたのに。進化?いえ、老化ww。

新しい除雪機についての妄想は十分にしてましたw
まずはホンダ。ハイブリッドが人気です。ホンダの13馬力はイイ!
職場にもありますがイイ!。屋根から落ちた雪も除雪車が置いてった雪も
どんどん飛ばします。が、我が家には過剰。80万以上するし。
でもホンダの11馬力は微妙。職場にもありますが微妙w

ならばヤマハ。ヤマハの10馬力、YS1070T。雪が良く飛ぶ。
音が静か。親指だけでターン操作ができる。ブレードも付けられる。
そして、シャーボルトが切れない。これかな?と妄想してました。
KIORITZから出ている赤いバージョンもいいな、とw。

と、有名どころ2社しか知らなかったのですが、実は他にもありました。
藤井、和同、など。昨年、和同から出た10馬力が魅力的。

WADO SXC-1070
https://www.wadosng.jp/product/sxc1070.html
旋回がサイドクラッチ(人力じゃない)は当然として、
除雪高さ調整も電動。高さを変えても車体の位置に変化なし。
(他はハンドル位置が変わります)。
オーガの両端が皿型。雪への刺さり具合が良いと思われます。

動画を見ると使いやすそうだし



欲しいな、と妄想はしていました。

で、できればKubotaカラーのが良いな、と。
Kubota SLA1070。Kubotaと和同の共同開発とかで両社で販売しています。

なんて妄想を抱いたまま、種苗交換会に行ったものですからww

20171105josetuki.jpg

ありました。で、同行の農家様が自分の担当者を呼び値段交渉。
納入は地元農機具店。(今の除雪機も面倒見てもらってます)。

買っちゃいました。
これから支払いに悩みます(汗w

シフト不調でも楽しくて楽しくて♪ 2台目2代目PANDA4x4 [車・バイク]

新しい??w車が面白くて毎日記事書いてます。自分向けメモ。

シフトは不調のまま。って、何も対策してないですし。
調子良く、スッと吸い込まれるように入る時もあれば、
頑として受け入れません、な固さを無理矢理押し込む時も。


何なんでしょうね?。シンクロ駄目なんでしょうか?
運転の楽しさをスポイルしてますが、それでも楽しいww

この、まだら状態さえ楽しいという。
今度は入るかな?引っかかるかな?。普通ストレスになりそうですが、
何故かワクワク。段々酷くなるのか、こなれてスムーズになるのか?
試したくて仕方ない。ビョーキですか?ww

明日は1台目2代目PANDAで出動予定。
車2台を乗り換える贅沢。(期間限定です。ほぼ同じ車ですw)

シフトだけは快調な1台目2代目PANDA。
アイドリング音が野太かったり、やたらガス臭かったり、
どっか破れてるかも。後少し頑張って貰いましょう。

2台目2代目PANDAに、早速イタ車の洗礼? [車・バイク]

いきなりお詫びww
すみません、タイトル大げさにしました。
イタ車の洗礼なんて浴びまくりだし、今回のはイタ車関係ないし(多分…)

20171031panda04.jpg

帰り道で切れました。インパネのランプ。
温度調整ツマミと風量調整ツマミの周り部分。

ん、見えないな。あれ?…。点いてない…。

俺が乗るなり切れるなんて、やっぱり俺って持ってる??
(要りませんw)


そうそう、シフトの具合は良くないです。
3速へのシフトダウンが特に。

でも、フィアットはこんなものというお墨付きがあるのでw、
躊躇せず力を込めてます。多分大丈夫でしょう。

ちょっとタイミングがずれますけど、それが気になる乗り方しないし、
それを差し引いても乗ってて楽しいし、ガンガン乗ってみます。

ん?、変ですかw。
ランプ切れに気付いた時も、「きたきた~」ってニヤニヤしちゃったので、
大分毒が回ってるかも(汗w

2台目2代目パンダ4X4、取りあえずの感想 [車・バイク]

譲っていただいた19年式の2代目パンダ、200kmほど走ったので
1台目2代目パンダwと比較しながら感想など。

懸案のシフトフィーリング
・引き取った日は特に問題感じず。快調。
・翌日。朝イチは1速に入り難い。3速、5速へも渋い。
・本日。4→3速が入らない。5速へも入り難い。
快調な時もあるが、突然不調になる。
サーキットだったらシフト抜けで追い越されるレベル。
サーキット行かないけどw。下り坂で4→3速が抜けたら焦るかも。
ダブルクラッチ対応すれば良いのか?出来ないけど

エンジン、快調。軽く回ります。
1台目も快調だったけどそれ以上。プラグコードが新品だからかも。
1台目は交換後6年13万キロ、性能落ちてない方が不思議だし。

インテリア

20171030panda01.jpg

・室内、明るい。ダブルサンルーフだから。シェードが半透明だったのね。
・ハンドル、1台目の方が太い。シフトノブも革巻きだし。オプション部品?
・オーディオ、USB入力対応のケンウッド。使い方不明(汗
・シフトノブ、SPARCOに換装されてた。冬冷たいかも。後で考えます。
 (純正品も付属してます。それよりだったらこのままが良いなと)

20171030panda02.jpg

騒音
・プロペラシャフト周りからと思われるガーガー音。
1台目はプロペラシャフトを外してるから比較できず。そんなもんだったっけ??

1台目もかなり怪しくなってきてるので、このまま2台目2代目で行きたいけど、
シフト次第。通勤に使いながら判断します。

と書きつつ、シフトの不具合を騙しながら乗る方向に傾いてます。
決定的な何かが起こらなければ、このまま2台目2代目で行きたい。

20171030panda03.jpg

空気圧調整中。かまけしなショットww


前の10件 | - 車・バイク ブログトップ