So-net無料ブログ作成
スキー・ボード ブログトップ
前の10件 | 次の10件

立春スキーは快適シャーベット 寒風山 [スキー・ボード]

平成29年2月4日(土)

暫くぶりのスキー。
膝の痛み、&除雪の疲れで滑る気が起きず。
毎日4時起きで除雪作業のため休みの日は寝ていたいw

膝の痛みは軽くなったし、たっぷり寝たしで、午後から出動。
気温も高いしシャーベットを期待して遅めの出動です。(って、二日酔いのせいw)

20170204kanpuzan01.jpg

良い天気なのに、誰も来た跡がありません。
勿体ない。って、大きなスキー場や山に行ってるんでしょうね。

20170204kanpuzan02.jpg

本日は細革仕様。先回の寒風山でBCクロカン板がご臨終のため。
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-12-17

スカルパ ビンソン にモンベルのテレマークゲーターを履かせるのが一苦労。
15分ほど掛かりました。BCクロカンなら1本滑り終わってたかも(汗。

ようやく準備を整え、雪上へ。
期待通りのシャーベット。柔らか。ウロコも効きます。
先週、先々週と沿岸部に降ったので雪もたっぷり。
上の方は風が当たって表面が凍ってます。フィルムクラスト風味w。

20170204kanpuzan03.jpg

上の駐車場。天気が良いので山頂を目指します。

20170204kanpuzan04.jpg

回転展望台。冬眠中。
この回転展望台の前庭が山頂。

20170204kanpuzan05.jpg

山頂の三角点。埋まってました。ここまで20分ちょいのハイクアップ。
何故か汗ダラダラ。スキー休みすぎ&除雪作業疲れ。体調ボロボロ。

20170204kanpuzan06.jpg

山頂からの眺め。大潟村の干拓地と秋田湾。

20170204kanpuzan07.jpg

滑走~。なんか身体がフワフワする感じ。力が入らない。
足が絡まって早速転倒ww。ブランク長すぎました…。

上部は表面が凍って滑る雪。中間はドフドフ。下は凍って滑る雪。
登り返して2本目へ。良さそうなラインを探しながらハイクアップ。

20170204kanpuzan08.jpg

誓いの御柱まで登り返し。
いつもは斜度が緩くなる手前まで。上まで登っても斜度は緩いし、
雪付きは悪いしであまり面白くないため。
でも今日は雪たっぷり、フィルムクラスト風味で板も走る。面白い。

さらに3本目。
向かって左側の方が風が当たって表面が凍ってるようなのでそちらへ。
目論見通り。走る走る。楽しい~。

たった3本でしたが、膝は怪しくなってきたし、体力はもっと怪しいので終了。

20170204kanpuzan09.jpg

満足です。
私の後に、ボーダーさん1人、スキーヤー1人、カメラマン数人いらっしゃいました。

で、カメラマンの方にナンパwwされました。

20170204kanpuzan10.jpg

ナンパアイテムはミカン。
冬の寒風山も盛り上げようと活動している方のようです。

昨年、秋田魁新報に寒風山が取り上げられたのもこの方の活動みたい。
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-02-21
この写真に写ってるスキーヤーの方。夏井さんとおっしゃっていました。

何かイベントを考えている模様。
情報があれば、ブログで紹介したいと思います。
トラックバック(0) 

青空で登り、ガス・吹雪で滑走。八甲田・硫黄岳 [スキー・ボード]

平成28年12月18日(日)

昨日まで雪。今日は晴れで気温上昇。今日はチャンスじゃないか?
ということで、yasuさんに誘われて八甲田へ。酸ヶ湯集合。

20161218iou01.jpg

青空です。山頂方面は風が強そうですが弱まることを期待。
今日はSATORUさんとkimuraさんもご一緒。
ゲートからの出発。お二人が先に出発。

私とyasuさん出発。8:54。
お二人のトレースで楽々。ありがとうございます。

20161218iou02.jpg

前方に大岳。期待が高まります。

20161218iou03.jpg

青い、白い、きれい。

20161218iou04.jpg

酸ヶ湯駐車場からの冬ルートと合流し、地獄湯ノ沢へ。9:38。
入ってすぐ硫黄岳の直登ルートへ。

SATORUさん先頭。速い。ラッセルしてるのに、置いて行かれました。
私がヘタレすぎるんですけど(汗w

20161218iou05.jpg

硫黄岳鞍部10:17。
天気が怪しい。ガスで視界がない。そして強風。

手前のピーク到着10:31。強風の中滑走準備。
時々下まで見えます。ちょっとでも良くなった隙に滑走。

20161218iou06.jpg

kimuraさん。うっすらと下部が見えてます。

でも滑ってると斜面が見えません。斜度が分からない。
そしてウィンドパックされた雪。表面固くて、でも潜るという難しさ。
それも含めて楽しみました。全身でww。2回撃沈(汗w。

小屋まで登り返し25分。私ヘロヘロ。弱い…
小屋でまったり。小屋は賑わってました。

12:20小屋から出てみると、ガスで真っ白。さらに悪化してる…
風は益々強いし、吹雪いてきました。
小屋下を滑ろうと思っていましたが中止。下ることに。
シールを着けたまま名無し岳(通称)へトラバース。

20161218iou07.jpg

名無し岳からの滑走開始地点。こんな状況。
ここでシールを外し慎重に滑走。地獄湯ノ沢のトレースに合流。

一息ついていたら上から人が。
夏の八甲田残雪スキーで良く会うchibaさん。
大岳の途中まで行って来たそう。この天気の中、流石です。

酸ヶ湯ゲート到着13:23。
こんな状況の中、硫黄岳を1本滑れて感謝。
ご一緒くださった皆様のお陰です。ありがとうございます。

本日の動画 40秒。



https://youtu.be/8SntdXeKooE 


トラックバック(0) 

寒風山は開幕。BCクロカン板は終了。 [スキー・ボード]

平成28年12月17日(土)

降りました、積もりました。来週は連日10度越え。
来週末の雪は期待薄。寒風山に行くのは今日しか有りません。
寒風山を滑らなければシーズンインになりませんw。(自分ルールww)

ということで、半日しか時間が無いけれど車に道具を積み込み、いざ!寒風山。
ウェア忘れましたw。10分走って気付きましたが、戻らないことに。
山用ダウンジャケットを着ているので、これで頑張ります。
スキーパンツはOKでした。

20161217kanpu01.jpg

風強い。雪着き悪い。飛んでいった?。まあ予想どおりですが。
雪の溜まっているところを滑れば楽しめるでしょう。
まずはBCクロカン。エポキシ仕様ww。

20161217kanpu04.jpg

下は、まあパフパフ。中間は厳しいクラスト。上部はウィンドパックされ固く締まった雪。
写真は中間。潜ったら大変そう。

20161217kanpu02.jpg

今年の草は長い。短く刈らないみたい。残念。でも邪魔じゃないです。

20161217kanpu03.jpg

おや?駐車場にパトカーが。通報された??
なんてことはなく、巡回の一環みたい。

慎重に滑走開始。転ぶと面倒。ウェアも裂けそうだし。
ローインパクトな滑りを心がけて、踏まないように踏まないように。

上部はゲレンデみたい。おもしれ~。速い。
問題の中間。いい感じで踏まずに行けてる、と思った刹那、
うっかり踏んじゃいました。トップがズポズボと潜っていき…
見事にグラウンド縦360をメイクw。

20161217kanpu05.jpg

そして、トップシートが剥げました。いよいよ限界。よく頑張りました。
新しい板欲しいなぁ。タマキスポーツ行きたいなぁ。
買うことは出来そうですが、東京への旅費が目処立ちません。
(交通費より酒代が大きいのは内緒です。酒代無しで?無理ですww)

20161217kanpu06.jpg

BCクロカン板はご臨終だし、本格的に山登る前に練習したいしで、
ZEN OXIDEにシールを着けてもう1本。

これも中間はヤバそうでしたが、トップを浮かすようにしてクリア。

20161217kanpu07.jpg

帰ろうかと思ったら、TAKA3氏、なんど氏、そのお友達氏が。
せっかくなのでもう1本。

BCクロカン1本、テレマーク2本の寒風山シーズンインでした。

20161217kanpu08.jpg

BCクロカンで遊び始めた皆さんに手を振り帰途へ。
晴れたり吹雪いたり、でもずっと強風の寒風山でした。


トラックバック(0) 

秋田八幡平スキー場でゲレンデパウダー [スキー・ボード]

平成28年12月3日(土)

秋田八幡平スキー場がリフト運転を開始すると聞き出動。
能代出発6時。天気晴れ、路面乾燥で順調。大館までは。

大館に入ったらブラックアイス。濡れた路面が凍結。滑る滑る…
山に入ったら圧雪路面に。走りやすくて助かります。

秋八には8時前到着。リフト運転9時からですが既に10台以上の車。
隣は宮城ナンバー、その隣には…、kuriさん登場。来たのねw
着替えてる間にyasuさんも登場。

レストハウスでリフト運転まで待機。
シーズン初日の秋八で(だけで?w)お目に掛かる方がいっぱい。
二ツ井のY井さんお久しぶりです。(後で、鷹巣のY井さんにも会えましたw)

20161203akihachi01.jpg

リフト開始直前。
並んでいたら、以前鳥海山でお会いした方から声を掛けられました。
仙台の方だったはず。んー、並々ならぬ熱意です。
この時=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-08-01

場内放送によると、
・積雪が足りないので圧雪は弱め。ゲレンデは柔らかい。
・トド松ゲレンデは未圧雪。クローズしてます。
 が、入るんなら自己責任でね。

ほぉ~、入ってもいいんだww

圧雪ゲレンデでシーズン初めらしく滑ろうと思ってたんですが。
こりゃ行くしか無いでしょう。

20161203akihachi02.jpg

我々が一番乗り~。
圧雪ゲレンデで足慣らししてから、なんて言ってたら喰われちゃいます。
そして我々の横を仙台の方が。さすが~。

20161203akihachi03.jpg

20161203akihachi04.jpg

上・yasuさん、下・kuriさん。動画から切り出し。

軽く1本だけ、とか言ってたのに面白くて5本ほどw。
重くなってきたので、圧雪のぶな森ゲレンデへ。

リフト側は未圧雪。滑ってる人はいっぱい。
トド松ゲレンデより斜度が無いため期待せずに入ったら滑る滑る。
雪質のせい。こりゃ面白い、とまたまた未圧雪ゾーンを数本。

20161203akihachi05.jpg

ぶな森ゲレンデを滑る自分 動画から切り出し。

20161203akihachi06.jpg

折角スキー場に来たんだから圧雪も滑ろうと行ってみると、荒れ地ww
柔らかなゲレンデを大勢の人が滑ったためコブの出来はじめ状態。
面白過ぎ。1080は頑張ります。食い付きます。切れます。楽し~。

ただ、人間が限界でした。ヘロヘロ~。
滑走2時間半で終了。

20161203akihachi07.jpg

食堂で味噌チャーシュー。
期待通りの美味しさ。スキー場のラーメンです。

本日の動画 1分23秒



https://youtu.be/CuKdIg0PDi0


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/9x5hDJ73D0I 

トラックバック(0) 

エポキシスキー?再びの再びの… [スキー・ボード]

エポキシ接着剤で修理を重ねたBCクロカン板。

昨季ラスト鳥海山で?回目のエッジ剥離。いよいよ買い換え、と思ったのですが、
諸事情のためww、?回目のエポキシ修理を試みました。

除雪機整備の合間にササッと。

20161113bc01.jpg

エッジが飛び出しています。

20161113bc02.jpg

エポキシ接着剤のA液とB液を混ぜ混ぜ。
気温が低くて固い。
miyanoさんに教えて貰った技、ドライヤーで温め。

柔らかくなった接着剤をエッジとスキーに塗りつけ。
そこへもドライヤーを当て、エッジの収まる溝へ流し込み。
エッジを入れて、溢れた接着剤を拭き取って完了。

寒風山ぐらいなら、使えるじゃ無いかと期待しています。

これで何回目なんでしょうか?そろそろ新しいのが欲しいけど
諸般の事情が~。

過去記事。記事にしただけで5本有った(汗
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2014-08-30
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2014-09-14
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2014-11-08
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2015-06-22
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-01-03


トラックバック(0) 

オープン前の秋八で初滑り [スキー・ボード]

平成28年11月12日(土)

水曜日(11/9)に降りました。酸ヶ湯52センチ。でも人ごと。
例年ほど、早く滑りたい!と思いませんでした。
早起き辛いしw、寒いし、夜遅くまでたっぷり呑んで翌朝まったりしたい気分。
成長の証です。老人力アップww

金曜日もそのつもり。たっぷり呑んで、翌日(12土)は除雪機整備の予定。
でしたが、携帯にメール。kimuraさんから。
「yasuさんが週末出動予定。八甲田リフトは途中まで圧雪済、ロープ山頂駅まで行って来ました」
ん?んんん?。kimuraさん滑ったの?休みだったの?

お二人の初滑り&初滑り予定のことを知ったら、浮き足立っちゃいました。
浮き足だったまま、後ろ足を上げるためテレマーク出動決定。
帰宅して大急ぎで準備開始。何もしてません。アレ無いコレ無い状態。
何とか準備したもののシーズン最初って何か忘れるんだよねぇ~。

はい、カメラを忘れました(汗。以降、写真はスマホ。Zenfone2Laser。

20161112akihachi01.jpg

秋田八幡平スキー場。オープン前。小雨。かなり溶けてます。
な、ところに3人の物好き。ええ、私たちです。
yasuさん、kimuraさん、私。

準備してたらもう1台スバルが。我々以外にも物好きが!
って、SUNSUNさんでした。青森、岩手、秋田の好き者集合ww。

20161112akihachi02.jpg

ツボ足ハイクアップ。我々は、前日までのハイク跡を。
SUNSUNさんはツボ足でもノートラック部分を。ラッセル、好きねぇw。

20161112akihachi03.jpg

雪は湿雪。水が浮くほど。ベチャベチャ。こちら弁で「じょっぷり」。
GWにうっかり降っちゃった新雪みたいというか。重くてターンしづらい雪。

私は3ターン目で、今年初ゴケ。テレは転倒込みですからww。
こんな雪でも滑ると面白い。圧雪したバーンより好きかも。
何とかしたい、何とか出来た一瞬が楽しい。

20161112akihachi05.jpg

無理矢理w、浮き浮きなテレマークターン。撮影、SUNSUNさん。

とテンション上がりまくりで、登り返して4本も滑っちゃいました。
一人なら1本で満足だったかと。
集った濃い皆さんのお陰です。盛り上がりました。
皆さん、ありがとう。今シーズンもよろしくです。

20161112akihachi04.jpg

そして、偶然全員がサロモン。しかも、いにしえのw。
私の1080,2002年の購入。数年落ちを1万円で買った記憶が。

本日の動画(スマホ撮影)


https://youtu.be/LUjKN5P_9lY


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/H5L7P7-3tB8
トラックバック(0) 

2015/2016シーズンラストスキー 鳥海山心字雪渓 [スキー・ボード]

平成28年9月4日(日)

久しぶりの山。スキーは山の日以来。
本日もyasuさんと心字雪渓。先回より遅めの到着。
駐車場出発6:35。天気は快晴。秋晴れ。
というか日差しが痛い。気温も高い。暑い…

意識してゆっくりペース。滝の小屋通過6:52。
八丁坂もゆっくり。バテそう。風も無く、ツラい…。

河原宿到着7:46。大休止。

20160904choukaisann01.jpg

雪渓小さい。3年前の10月よりも小さい。
3年前=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2013-10-05

どこ滑ろうか、と悩むことなく手前の雪渓。さらに登る気力・体力なしw。

20160904choukaisann02.jpg

雪渓到着。8:14。雪渓の上なのに涼しくない…

20160904choukaisan03.jpg

雪渓の上端から。向こうに月山が見えます。
スプーンカット浅め。凸凹も尖ってない。乗り易そう。
それでも一応デラがけ。スプーンカットの頭を落とします。登り返して2回。

距離は無理矢理w100m。標高差は20m。
雪上に居るだけで満足です。

20160904choukaisan07.jpg

yasuさん。

20160904choukaisan06.jpg

私。

いつもより登ってないし、雪渓も短いし、なのに「こえ~」(疲れたぁ~)。
暫く山に登ってないせい。その間、呑み会だらけだったし。
不摂生で体力落ちまくってる模様。

11時頃昼飯。その後2本。トータル、デラ掛け2本、滑走10本。で終了。

20160904choukaisan04.jpg

雪渓から流れ出た水で泥を落とし、12:57雪渓出発。

20160904choukaisan05.jpg

八丁坂から庄内平野。遠くに佐渡。草紅葉も始まってます。

14:05駐車場到着でした。

今年は残雪が少ないので、これで終了の予定です。
次は、勤労感謝の日あたりに八甲田で滑れたら、と思ってますw

本日の動画 1分30秒



https://youtu.be/FsPNxQEzYkY


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/TTyHFeuPZXM
トラックバック(0) 

世界遺産「白神山地」の二ツ森をご案内 [スキー・ボード]

姪の旦那さんとお友達が、世界遺産「白神山地」を見たいとのことで
二ツ森へご案内。

姪が独身時代に、姪と友人達を連れて行って以来。8年ぶり。
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2008-08-19

旦那さんのお友達、世界遺産を巡るのが好きなんだそうで、
国内だけでなく海外も巡っているそう。

姪、旦那さん、そのお友達と一緒に二ツ森へ。運転は旦那さん。

20160820futatsumori01.jpg

20160820futatsumori02.jpg

まずは、ぶなっこランドで入山届け。
お土産も売ってます。

ここから登山道入口まではかなりの距離&狭く険しい道を40分弱。
過去記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2008-08-13

お陰さんで、標高930m付近まで行けます。登山の殆どを
車で出来ちゃう気楽さ。道路は気楽じゃないですが。正直、崖が怖い。
ガードレールない箇所も多いし。

20160820futatsumori03.jpg

駐車スペース。だいたい930m。出発9:46。
9:51 945m付近。青森県境。藤里町と八峰町の町境。
ここから県境沿いに歩きます。

9:58 890m付近。15m登って、55メートル下りました。鞍部。

20160820futatsumori04.jpg

20160820futatsumori05.jpg

急登が始まる直前のブナ林。二ツ森ではここの景色が好きです。

ここを過ぎると急登。950m~1050m付近まで。10分ちょっと。

山頂は、北側と東側の展望がイマイチなので、1055m付近からの眺め。

20160820futatsumori06.jpg

左奥の台地状に見えるのが白神岳。手前が真瀬岳。

20160820futatsumori07.jpg

岩木山。残念ながら雲の中。右側に八甲田の山々。

20160820futatsumori08.jpg

山頂到着 10:24。 1,086.2m。
南側の展望。森吉山、鳥海山などは雲の中。

20160820futatsumori09.jpg

男鹿半島。大潟村の干拓地も見えます。

下りは30分ほどでした。
ほぼ、車で登れる軽い山行ですが、気温と湿度が高い上に風も無く
サウナを歩いているような気分。
お二人は喜んでくれたようですが(私の手前w)、どうだったんでしょ?

20160820futatsumori10.jpg

20160820futatsumori11.jpg

展望台へも行ってみました。登山道から分岐して100m。
周りのブナが成長してて展望効かず。でした。


トラックバック(0) 

渡辺洋一氏のスノーカルチャー誌「Stuben our snow culture」 [スキー・ボード]

渡辺洋一氏のスノーカルチャー誌「Stuben」

庄内平野をぼけーっと走っていたらラジオから上村愛子さんの声。
へぇ~、ラジオ番組やってたんだ。

その日のゲストは渡辺洋一さん。http://yoichiwatanabe.jp/
スキー、スノーボードのカメラマンとして超有名な方。

話題は渡辺さんが創刊したという雑誌「スチューベン」について。
えーと、ブドウのことだと思ったのは内緒ですww

という訳で、スノーカルチャー誌「Stuben our snow culture」。

雑誌については、こちらのページの紹介が素晴らしいのでリンク。

渡辺さんと上村さんのお話。

マテリアルを紹介する雑誌はある、技術を紹介する雑誌もある、
そのどちらでも無い雑誌を創った。

写真だけではない、文章だけでも無い、雑誌。

のようなことを話されていたと思います。(記憶が…w)

とっても気になって探したのですが、ニセコ発で全国流通していません。
=アマゾンには無いし、一般書店でも扱っていない。

発売したのは昨年の秋。ネット通販で在庫が有る店を見つけようやくゲット。

20160818stuben.jpg

素晴らしい写真と文章。文章書いてる皆さんの名前に、おっ!内容に、おっ!。

写真と文章が半々な感じ。写真を見て文章読んで。本に近い感じかも。
雑誌を買っても隅々まで読むことはないのですが、この本は全部読みました。
老眼が始まった目には文字が小さくてツラかったにもかかわらずw

児玉毅氏が昔ブラボーに書いてた(多分)、雪育の妄想?wが具体化してるのには
ワクワクしちゃいました。やるなぁ。北海道の方々。

※ブドウのスチューベンは綴りが Steuben です。
 こちらのstubenは、オーストラリアの小さな村の名前です。

トラックバック(0) 

2016山の日の秋スキー 鳥海山心字雪渓 [スキー・ボード]

平成28年8月11日(木)

今年から始まった祝日「山の日」。
山の日なんだから山でしょう、と実に分かりやすく乗せられておりますw

20160811choukaisan01.jpg

前回より気持ち早く到着。まだ駐車スペース有ります。(帰りは溢れてた)。
暦の上では秋、空も秋っぽい気が。

駐車場出発 5:51。滝の小屋通過6:04。気持ちペースが早い。入れ込んでる?
ペースを落とさなきゃ遊ぶ体力が不安、と思いつつ河原宿6:51。
自分にしてはオーバーペースかも。ここで小休止。

20160811choukaisan02.jpg

河原宿前の川。水量が少ない。雪渓もかなり小さくなってます。

夏道では無く雪渓へ。様子を見ながら登行。
スプーンカット浅め。且つ、尖ってない。毎年溶け方が違って面白い。

20160811choukaisan03.jpg

3つに分かれた大雪渓の2つ目上部。奥は月山。
スプーンカット浅くて小さく且つ丸い。ここでも良いかなぁ?
ちょっと距離が短いので、もう一つ上へ。

20160811choukaisan04.jpg

3つに分かれた大雪渓の3番目。一番上。ここ良さそう。
小雪渓や奥の雪渓も気になるけど、ここで手を打つことに。7:40。

本日も細革3pin。まずはデラ掛け。
しなくても大丈夫そうですが、一応、大きめの凸凹の頭を落とします。

20160811choukaisan05.jpg

雪渓の周りはニッコウキスゲ。
直線上に咲いてます。溶けた雪渓の縁に沿って咲いてる感じ。

ニッコウキスゲをバックに滑走。

20160811choukaisan06.jpg

yasuさん。

20160811choukaisan07.jpg

私。鳥海山の外輪をバックに。

20160811choukaisan08.jpg

我々以外にもテレマーカーがお二人。小雪渓を滑ってました。
(下からデジタルズーム)

距離150m、標高差40mを9本。
途中、滝の小屋の管理人の方がいらしてました。

20160811choukaisan09.jpg

10本目。ラストと言うことで雪渓端へ。1790m付近。
途中のトラバースを入れて距離350m、標高差80m。

本日ラスト、と気合いを入れて滑走。最後にひっくり返りましたw。ヘロヘロ。

13:00撤収。ザックを背負い、アルペンターンで慎重に下へ。

20160811choukaisan10.jpg

スキーと靴を洗い、トレッキングシューズに履き替え下山。
河原宿で小休止。出発14:00。駐車場到着14:50でした。

本日の動画 2分。



https://youtu.be/Rb6CSmGt7tY


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/yNyPokqVnbs
トラックバック(0) 
前の10件 | 次の10件 スキー・ボード ブログトップ