So-net無料ブログ作成
検索選択

お寺の本堂で、黄金ギターとシタールを聴く [雑記]

先日記事で紹介した、

清水ひろたか&ミナクマリ
 シタールと
 黄金ギターと
 歌のスパイシーツアー

に行って来ました。

20170604minamakuri01.jpg

会場の感応寺さん。雨に濡れた絵。

始まる前に、ミナマクリさん特製のチャイを1杯100円で頂きました。

20170604minamakuri02.jpg

インドの紅茶専門学校を卒業しているそう。
本日のは、カモミールとキャラメルと秋田県産豆乳。
甘さ控えめの柔らかい味。身体がポカポカと温まります。

20170604minamakuri03.jpg

廊下にあったパンフレット。これからの寺院サービス。ほぉ~。

最初は、清水ひろたかさんのソロから。
会場の写真は、感応寺さんのFBに出るかと思います。
(本堂を写真に撮るのは憚られた。勿論演奏は撮影不可です)
https://www.facebook.com/karyobingashow/

※感応寺さんのFBに記事がアップされました。
https://www.facebook.com/karyobingashow/posts/1403804569714005

清水ひろたかさん、金箔張りのエレキギター弾いてました。
寺院でのライブ限定だとか?。金沢産の金箔を自分で貼ったそうです。

エレキギターと、アコースティックギターによる演奏。
とても心地よい。背景はご本尊様で上は天蓋で、どこかに吸い込まれそう。
どこか?宇宙か彼岸か…

休憩を挟んで、ミナマクリさん登場。
シタールを映像以外で見るのは初めて。もちろん生で音を聞くのも初めて。

ミナマクリの名前について解説ありました。
ミナ=さかな マクリ=お嬢さん とか 神様のこと?とか。
なので、人魚、さかなのお嬢さん等。
インドに住んでる時のニックネーム。

シタールで弾き語りをしてる人は殆ど居ないようなことも話されてました。

清水ひろたかさんのギター、ミナマクリさんのシタール、そして声。
ミナマクリさんの声が加わって、ますます広大な感じ。
本堂は宇宙に繋がってて我々はそこに浮いてるような。
時間も超越し、あの世もこの世も全てに広がる音、な感じ。

二人の楽器と声、感応寺の本堂、による効果でしょうか。
楽器と声が止んだ瞬間に外から聞こえる雨音もプラス効果。
素敵な空間と時間でした。

20170604minamakuri04.jpg

ミナマクリさんの最新アルバム(4枚目) 「REHENA」
サイン貰いました。ヒンディー語。上が私の名前、下がサイン。


トラックバック(0)