So-net無料ブログ作成
検索選択

大曲の花火、日帰りバスツアーレポ2 [アウトドア]

大曲の花火、日帰りバスツアーレポ1 からの続きです。
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-08-28

真正面でジリジリと照りつけていた太陽が山の陰に入ると急激に気温が下がります。
持ってきたウィンドブレーカーを着込み、雨に備えて持ってきた合羽の下も装着。
フリース地の毛布も待機。

早めにトイレを済ませ、ついでにアルコールの追加へw。
ビールはおしっこの元なので、「日本酒ください」と行ったら、
居合わせたアベック(死語)wから飲み切れないので上げます、って半分以上残ってるのを
貰ってしまいました。んー、酔っ払いの勝利…w

準備万端?、いよいよ夜花火。

大曲の花火は質が違います。業者の気合いが違うというか。
花火がピシッとしています。

競技は、10号芯入り割物、10号自由玉、創造花火の3種類を上げて競います。
創造花火は、音楽と花火の競演。大曲から始まったんだとか。

業者毎に割り物2発、その後、創造花火。(スターマインのようなもの)。

割物は、最高点で爆発するか、まん丸に開くか、一斉に点火するか、色が変わるか、
おかしな方向に飛んでいく光はないか、そして一斉に消えるか、等を見ます。
私も分からないながら、分かったふりをしてw、チェック。

割物がしっかりしている業者は、創造花火も良い感じです。
ダメな業者は、創造花火もグダグダ。来年から居なくなるのかなぁ、なんて。
(今年は5年に1度の業者入れ替えの年だそうで、点数の低い業者が…)

20160827oomagari09.jpg

花火の写真を撮りに行ったのではないので、手持ちコンデジで雰囲気など(汗 
(花火を撮る腕前はありません…)

気になった業者さんは、
野村花火工業(茨城県)。国内何社もない五重芯を打ち上げました。
創造花火は、音楽に合わせて花火の先端の閃光がネオンのように走る、
と言葉では説明できない素晴らしさ。製造工程を考えると手間が凄そう。
全体の構成も含めて、私的には内閣総理大臣賞候補筆頭。
※8/29追記。創造花火の部で内閣総理大臣賞。
 素人の私にも違いが分かる素晴らしさだったと言うことです。

イケブン(静岡県)
昨年の内閣総理大臣賞。創造花火は流石。花火の半分ずつ、1/4ずつ、光ったり
消えたり。これまた言葉では表しにくい。昨年の総理大臣賞と言うことで、
特別プログラムも担当していましたが、マイケル・ジャクソンにスキャットマン・ジョン、
音楽に必然性があり、そこに上がる花火に必然性があると感じました。

他に、K藤さんチェックのマルゴー(山梨県)、三遠煙火(静岡県)も流石でしたし、
地元の小松煙火、北日本花火も負けてないと思いました。

20160827oomagari11.jpg

大会提供花火。これが一番人気。手持ちコンデジでカメラ任せ撮影。
パナソニックLUMIX DMC-TX1 4K連写を比較明合成。

始まる前から帰り始める団体多数。勿体ない。人混みと渋滞を避けるため、
背中で見ながら帰るのでしょうね。

そして、大会提供が終わると帰る人が大勢に。勿体ない。
この後も競技会は続き、レベルはとても高かったのに。
創造花火、スターマインよりずっと面白い。競技だからか?

20160827oomagari10.jpg

帰り客が増えたため、階段下の照明点灯。花火の邪魔…。

ウチのツアーは、最後までしっかり見てから移動。
最後の尺玉連発で、秋田県民歌を大声で歌いました。満足。

♪秀麗無比なる鳥海山よ~ … 黄金と実りて豊けき秋田~♪

一番と二番。 秋田県民で良かったww。

20160827oomagari12.jpg

警官の誘導付き。DJポリスはしてませんでしたw
右側の棒の上に青い光。ウチのツアーです。慣れてます。
ツアー客の首に目立つ色のタオルを巻かせたり、長い棒の先に見えやすく
且つ他とは違う光など、長年のノウハウなのか?

20160827oomagari13.jpg

駅までまだまだ。最近見かけないと思ってた方々が布教活動中。
今もやってたんだ…。

だれも迷子にならず駐車場到着。トイレも心配したほどの混雑はなく、
他のツアーに先駆けてウチ方のバス出発。22:30頃。

20160827oomagari14.jpg

すぐ渋滞w。
とは言え、JRはホームから人が溢れそう(なのが見えた)で、駅250m前から
列の制御してるし。車はこの通りだし。バスで寝るだけの自分幸せw。

運転手さんが色々ルートを考えて何とか13号線へ。

20160827oomagari15.jpg

秋田方面へ向かう13号線。凄いですねぇ。
盛岡方面とかどうなってんだろ?…

この後も運転手さんは色々ルートを選び、24時前に西仙北ICへ。
能代到着1:20でした。

このツアーの良かった点。
・駐車場から30分。(後ろの席のツアーは1時間の所だったそう)
・最初の昼花火から、最後の打ち止めまでゆっくり観覧。
・にも関わらず、行きも帰りもあまり混雑に巻き込まれず。
 (運転手さんの能力かも知れません。偶然にも元同僚のT氏。さすが!)
・目の前に屋台エリアがある。(俺だけかもw)
・C桟敷だったが、6人分を3~4人で使用。ゆったり。

イマイチだった点。
・目の前が喫煙所。時々流れてくる花火の煙よりキツイ…
・正面に電柱、上空に電線。
・通路の横なので、ずっと叫んでる警備員の声。
・同じく通路の横なので、照明の光が邪魔。
とはいえ、花火が素晴らしいので些細なことに思えてしまいますw。

もし、次回があったら申し込む前に上記の点を確認したいと思います。
でも、世界トラベルのツアーは要所を押さえてて満足度は高かったです。


トラックバック(0) 

大曲の花火、日帰りバスツアーレポ1 [アウトドア]

四半世紀ぶりに大曲の花火へ行って来ました。

大曲の花火、素晴らしいんだけど人混みも凄い。
何となく敬遠してました。車だと行きの渋滞、帰りの渋滞、
電車だと駅~会場、電車内がラッシュアワー状態。
見たいけど近付きたくない。

と、嫁さんが日帰りバスツアーのチラシを持ってきました。
確実に桟敷に座れ、往復の運転は不要、弁当おやつ付き。
お安くはないけどイイかも。

20160827oomagari01.jpg

能代出発13:00。マイクロバスかと思ったら大型バス。総勢43人とのこと。
ご年配の方が多い。(含む、自分たちww)
オヤツ(えびせん、さきイカ、味ごのみ、栗あんパイetc…)と白神山水が配付され出発。

長年添乗しているというK藤さんから、見所と注目すべき業者さんのお話。
そして、今年は5年に1度の業者入れ替えの年。点数悪い業者は交代するとのお話。

漫然と見るより楽しめそうです。

渋滞にはまることなく、バスは大曲駅前の駐車場へ。15:00到着。順調。
配付されているタオルを首に巻くように指示。暑さ対策&一目でツアー客と分かるとなw

20160827oomagari02.jpg

こんな感じ。世界トラベル(能代市)の目立つタオル。
道中、いかにも花火を撮りに来ました、な方から写真撮られちゃいましたww
お弁当が配られ、会場まで徒歩。2km30分。足下は長靴。

20160827oomagari03.jpg

会場は心配したほど泥濘んでませんでした。が、暗くなると見えないので
長靴で正解だったと思います。
我々の桟敷はC席。土手にベンチのような板が水平に置かれています。

シートを敷き、座布団(エアまくら)をセット。靴が脱げます。

20160827oomagari04.jpg

場所としてはイマイチかも。正面に電柱、喫煙所も近い。
横は人が大勢通る階段。警備員が「立ち止まらないでください」と、
エンドレスで叫んでました。

そして太陽は真正面からジリジリと。
雨対策に持ってきた折りたたみ傘をタープ代わりにし、その陰に隠れてお弁当。

20160827oomagari05.jpg

食べ終わって昼花火。
今や昼花火の競技会があるのは大曲だけなんだとか。

20160827oomagari06.jpg

閃光と煙の色と形で表現します。これは最後に龍の形になりました。

20160827oomagari07.jpg

昼花火のスターマイン。初めて見ます。音楽に合わせて
音と閃光と煙で表現。

昼花火、サングラスを掛けて見ると良いそうです。
試してみたら背景の青空が暗くなりコントラストがはっきりに。
K藤さん経由花火鑑賞士さん情報とのこと。

20160827oomagari08.jpg

段々暗くなってきました。いよいよメインの夜花火へ。
その前にトイレ&屋台で補給w。

とはいえ、大曲まで小便に来た訳じゃないのでビールは自重。
冷酒にしましたww

ちなみにトイレ、フリーエリアはぼっとん、有料エリアは洋式水洗w
との情報です。

大曲の花火、日帰りバスツアーレポ2へ続く
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-08-28-1


トラックバック(0)