So-net無料ブログ作成

純米酒を飲むことは、緑の日本と農業を守る大切な仕事 [食べ物・飲み物]

天の戸(浅舞酒造)http://amanoto.co.jp/history.htmlの杜氏、
森谷康市さんの講演に行って来ました。講演を聴くに当たって予め
杜氏の作ったお酒を飲み、著作を読んで臨みました。

演題は「秋田酒屋唄を読む」。

浅舞酒造の美味しい湧水のエピソードから話が始まりました。1時間40分の講演はとても面白く、
今後に役立てたいことが満載。
人の一番頑張ってるところを見て誉める恩師の話とか、真似すると言うことについてとか。
真似したいというのは尊敬と憧れがあり、最高の評価。
真似する時は真似させてくださいとはっきりお願いし、
真似した時は、誰それの真似していると公言するとか。

いっぱいありましたが、呑兵衛的wに気になった話をメモ的に。

どぶろくの隠語
「えんぺ」「袋」「やぶのとも」「すみません」とは何?
(私は分かりました。お袋から良く聞いてましたからw)
「えんぺ」=隠ぺい。
「ふくろ」=フクロウ?夜に隠れて作業するから?
「やぶのとも」=藪の友=藪に隠している。
「すみません」=澄みません=澄んでいない=濁っている=どぶろく。
全部どぶろくの隠語。
昔、秋田県は密造酒摘発日本一。罰金30円=公務員の月給に相当。払えない。
昔は毎日が休肝日。ハレの日だけ飲んだ。晩酌の習慣は東京オリンピック以降。

二つの「だけ」
天の戸(浅舞酒造)のある横手盆地は、日本最大の盆地で春は水鏡になる。盆地に太陽が昇ると
田んぼの水面が照らされて水鏡のようになる。その風景を瓶に詰めたい。
蔵から半径5km、旧・平鹿町の米だけで、純米酒だけを作っている。二つの「だけ」

「純米酒を飲むことは、緑の日本と農業を守る大切な仕事」
天の戸の純米酒「美稲」(うましね)一升を作るのに畳2畳分の稲が必要。=稲を作ることが出来る。
20160728amanoto02.jpg

日々、仕事に勤しみます!w


きっと、森谷杜氏が伝えたかった話とズレてると思います。
酒屋唄には、メトロノーム(仕事のスピード)、ストップウォッチ(作業時間)の役割や
歌詞には段取り、記録等の要素がある話とか、和醸良酒(和をもって良い酒を醸す)の話とか、
仕事に対する考え方、天の戸としてどう取り組んでいるかと等の話もあり、メモはA4用紙3枚分に。

私にはとても有意義な講演でした。


20160728amanoto03.jpg

家に戻り、大切な仕事をw。
六郷町(現・美郷町)の友人から頂いた春霞。んまいっす。

天の戸の杜氏さんの講演を聴いて締めが他の酒ではアレなんで
天の戸関係の過去記事を。

天の戸 夏田冬蔵
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21

天の戸 天黒 黒麹仕込み純米原酒(居酒屋バルTUBASA)
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-05-29-1

天の戸 五風十雨
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-01-01

天の戸 美稲(うましね)
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2015-12-27


トラックバック(0) 

車のシート清掃、重曹とクエン酸で 169PANDA4x4 [車・バイク]

パンダのシートに水をこぼしたらしく、またまた汚れの輪が出来ちゃいました。

20160725seat02.jpg

原因は先回と同じように、スキーや山道具から垂れた水かな、と。
雨に濡れた鞄を置いたのもマズかったか。水筒の蓋が緩んでた、
ということも。

12年目のパンダ、シートも汚れているしちょっとの水で輪っか完成(涙。

先回はカー用品店から買ってきたクリーナーを使いましたが、
先回=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2015-09-13
他の人はどうしてるんだろうとネット検索。

重曹とクエン酸を使っている模様。
こちらのサイトとか=http://moomii.jp/lifestyle/car-sheet-dirt.html

20160725seat01.jpg

早速100均からw。

重曹とクエン酸、それぞれ溶かして準備。

まずは重曹を雑巾に吹き付け、それでシートをゴシゴシ。
汚れ、落ちてるような気がします。

20160725seat05.jpg

雑巾も茶色くなってるし。

その後、別の雑巾にクエン酸を吹きつけ再度ゴシゴシ。
汚れの輪っかが見えなくなりました。良いのでは??

20160725seat03.jpg

写真を撮ってみたらこの状態。黄色い部分は目立ちませんが、
グレーの部分が酷い。清掃前より酷いんじゃないか?
肉眼では気付かないんだけど、カメラの目?、恐るべし。

もう1回、重曹、クエン酸の順で清掃。

20160725seat04.jpg

まあ、良いのではないでしょうか。


ネットによると、洗浄液を高圧で吹き付けそれを掃除機のように吸い取る、
という清掃機械があるようです。それで清掃している業者も。
パンダもやりたいなぁ。きっと洗浄液が真っ黒になるでしょう。

秋田市にはあるようなんだけど。どんなもんかな? 


トラックバック(0) 

能代花火2016 音の迫力がいい! [アウトドア]

今年も先輩に招待していただき、能代花火へ。
が、チケットを持ってる先輩が来ない。シャトルバスが混んでて乗れないらしい。

1時間ほど待ってようやく合流。んー、屋台の売り上げに貢献しちまったw

昨年は雨、一昨年は直前まで雨、でしたが今年は快晴。
適度な風も有り、花火の煙も良い具合に流れていきます。絶好の日。
明るいウチに飲み食いして花火に備える、予定が遅くなったんで
花火の光で飲み食いの状態に。

まあ、あまり早くから始めると飲み潰れる可能性もあるので、良かったかもw

20160723hanabi01.jpg

今年も県内4社(大久保煙火、和火屋、小松煙火、北日本煙火)+
三尺玉の阿部煙火(新潟)。

それぞれ違った毛色の花火が見られるので楽しい。

今回三尺玉は2発。開始早々一発目打上。
米代川鉄橋を渡る「リゾートしらかみ」の通過に合わせた模様。

三尺玉の音は凄まじい。空気の圧を感じます。床も揺れるし。

会場で花火を見る、というのは音を音圧を楽しむんだと思ってます。
(個人の感想です)

音圧のシャワーを楽しんできました。
写真は三脚使ってスローシャッターで撮ると良いらしいですが、
手持ちのコンデジで記録的にw。写った中から、へぇ~と思ったものを。

20160723hanabi02.jpg

BGM、踊るぽんぽこりん。まるこ?


20160723hanabi03.jpg

BGM、サザエさん。サザエさんっぽい。


20160723hanabi04.jpg

BGM、サザエさん。たま?
丸くない花火が益々面白いことに。


20160723hanabi05.jpg

三尺玉。全然大きさが伝わりませんね(汗。

20160723hanabi06.jpg

最後のスターマイン。気合い入ってたと思います。 


トラックバック(0) 

「夏田冬蔵」 本とお酒(浅舞酒造・天の戸) [食べ物・飲み物]

浅舞酒造(天の戸)の杜氏、森谷康市さんの講演に申し込みました。
講演を聞く前に、お酒を飲んでおくのが礼儀でしょう、
ということで天洋酒店さんへ。はい、飲むための口実ですww

夏田冬蔵(なつたふゆぞう)3種類有りました。純米吟醸《こま美》と、
純米大吟醸が秋田酒こまちと星あかり。(酒米の違い)。
全部は買えない。買って飲みたいけど。

天洋さんのお話では、大吟醸は酒こまち(酒米)を使った方が甘みがある、
食事と一緒なら吟醸が合うとのこと。この2種類にしました。
さらに、天洋酒店さん情報。森谷さんは何でも出来るとのことで、
話も上手いし、歌も上手いし、料理も美味いし…、とのこと。講演会に期待が高まる。

20160718fuyuzou02.jpg

まずは食事に合うという純米吟醸《こま美》から。みました。濃醇。甘く感じ且つキツイ。
私好みの水のようにサラッとした酒とは違うけど美味い。
じっくり飲むつもりが、一晩で四合瓶が消失(汗ww

20160718fuyuzou03.jpg

二晩目は、手配していた森谷さんの著者「夏田冬蔵」が届いたので、読みながら大吟醸。
前日の純米吟醸と同じく濃醇。でもこちらの方が口当たり良い。呑みやすい。美味い。
飲み干しそうなので、強制的に片付け(られ)ましたw。

本は21年前、森谷さん新人時代の著。4年連続全国金賞受賞の頃。
夏は農家、冬は蔵人として酒造り、で、夏田冬蔵というペンネーム。
夏田冬蔵という吟醸酒が誕生するずっと前。

子どもの頃の思い出から始まるのですが、いきなり引き込まれました。
生きてる時代が近いせいかも…。
大学を卒業し、農業の後継ぎになり、農閑期の冬、酒造りに関わるようになりと続きます。

一気に読みました。
そしてどうなる、次は何が来る、と止められなくて。面白い。
ここから21年、講演会では何が聞けるでしょうか。楽しみです。

印象に残った一文「酒造りは仲良くやらねば」
チームワークに関する、蔵だけで無く畑作の話も前後に。

興味を持たれた方は、図書館か古書店で探してみてください。


トラックバック(0) 

スキー後の、岩ガキ~能代ナイト [食べ物・飲み物]

鳥海山での夏スキーを終え、
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-07-17
鳥海荘で汗を流し、土産を買うというkimuraさんと道の駅「鳥海」へ。

何が良いかと訊かれたので「オランダせんべい」をオススメw
http://www.sakatabeika.jp/
秋田県内なら何処でも売ってます。秋田のソウルフードかも。
酒田産のお菓子ですが。

ついでに、岩ガキもここで食べようと見てみたら売り切れ。
やっぱり象潟のスーパーへ行くしかないか。と思ったらyasuさんが、
隣に「岩ガキ」って幟があるよ、と。

道の駅の隣にマルジンさんというお店が。

20160716iwagaki01.jpg

岩ガキ特大600円、大500円、生ウニ800円、アワビ3,000円、フグ刺し一皿500円…etc
岩ガキ飯なども売ってました。店先では魚も焼いてるし。呑みたくなりますww

20160716iwagaki02.jpg

岩ガキ特大。美味。

20160716iwagaki03.jpg

kimuraさんは焼きも。

満足~。で、能代へ移動。(私は帰宅w)。

ホッピーみなみさんで打上。

20160716iwagaki04.jpg

煮込みと生ビール。
山の話、スキーの話、などなど。飲んで食って写真撮るの忘れたw

20160716iwagaki05.jpg

kimuraさんの写真を拝借。
楽しい夜、楽しい一日でした。kimuraさん、yasuさん、ありがとうございます。


トラックバック(0) 

鳥海山夏スキー~岩ガキ~能代ナイト [スキー・ボード]

平成28年7月16日(土)

弘前からkimuraさん、八戸からyasuさん、そして能代から私。
鳥海山心字雪渓でテレマークスキーの集い?w

滝の小屋駐車場出発6:10
3連休初日のせいか大勢の人が出発準備中。

滝の小屋6:28
八丁坂途中からガスの中。暑くなくて良い感じ。

20160716choukaim01.jpg

河原宿手前から心字雪渓。
kimuraさん、3回目?にして初めて見渡せた、とか。

河原宿7:23通過。大勢の人が休憩中。
大雪渓端で休憩。7:31

雪渓思ったほど固くない。柔らかと言えるかも。
そのまま雪渓を登り、小雪渓へ。8:32
大雪渓と小雪渓は切れてます。

20160716choukaim02.jpg

荷物をデポし、滑走準備をして小雪渓トップへ。1915mくらい。
滑走距離300m、標高差100m。
凸凹はありますが小さく、雪は柔らかで整地作業不要。
早速滑走。

20160716choukaim03.jpg

kimuraさん

20160716choukaim04.jpg

yasuさん

20160716choukaim05.jpg

大勢の登山者が雪渓を登って行きます。目立ってるyasuさんw。
夏道はこの写真右側の雪の無い場所にありますが、雪渓を歩く人大半。

3本目の途中で、スノーボードの方もいらっしゃいました。
岩手の女性。我々より早いペースで繰り返し滑ってました。

20160716choukaim06.jpg

私。BCクロカン。雪柔らかいので快適。

20160716choukaim07.jpg

ガスが濃くなったり薄くなったり。5本目の滑走中。河原宿まで見えます。
が、この後ガスが濃くなり小雨もパラパラ。体力的にもそろそろwかなと
撤収。12:40。

大雪渓まで歩き、そこから滑走。凸凹大きめ。ガタガタ。
固い氷の山脈?のようなものもあり慎重にアルペンターン。
それでも10分で雪渓の下部へ。
スキーで下ることを覚えると歩いて下るのが面倒に感じちゃいます。
ということで、夏山歩かないのかもw

スキーブーツからトレッキングシューズに履き替え、ザックに板を括り付けて
下山準備。ここで、エッジが(また)壊れているのを発見。ガタガタのせい…
さすがに限界か?次回からは細革3PINにします。はい、次回もある予定ww

雪渓出発13:20
河原宿にボードを背負った方が二人。こちらの方も岩手からいらしたそう。
タイミングが悪いのか滑る方と会うことが少ないのですが、
今日は同好の士(=変な人たち?すみません…w)とお会いでき嬉しい。

さらに、ツイッター繋がりのmaquazyさんもいらして滑ったとか。
ブログに登山道から見えた我々の姿がありました。
http://maqua.cocolog-nifty.com/powder/2016/07/2016716-3a8e.html

20160716choukaim08.jpg

八丁坂はお花畑。
シシウド、トウゲブキ、ハクサンフウロ、ハクサンシャジン、クルマユリなど
ミヤマハンショウヅルに初めて気付きました。

駐車場到着14:33

鳥海荘で汗を流し、遊佐で岩ガキを食べ、能代で反省会?へ続きます。
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-07-17-1

本日の動画 2分30秒



https://youtu.be/0W_c1lTxkys


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/c5bawRPnmLs


トラックバック(0) 

覇者の一杯 鳥海山頂生ビール [アウトドア]

1ヶ月近く山へ行ってません。あまり間が開くと登れなくなってしまいます。
(私の場合、下でトレーニングするよりも定期的に登ってた方が効果有るみたい)

今週末も梅雨の天気に振り回され、心字雪渓でのスキーは中止。
山は雲に覆われそうだし。でも、どっか登りたい。月山なら、と早朝出発。

したものの月山遠い。ダメ元で祓川へ。
なんと、鳥海山全開~!でも海側の雲が気になる…

20160710choukaibeer01.jpg

残念。駐車場に着く頃には雲に隠れてしまいました。

山は雲の中だし、風も有るし、でスキーは背負わず。
七ツ釜小屋までは雲の外なので、取りあえず七ツ釜小屋まで。
そこから先は様子を見ながら。

5:36出発。いきなりタッチラ坂の残雪が固い。軽アイゼン欲しい…。
賽の河原の雪渓も大きい。キックは入るけど。

七ツ釜小屋まで誰にも会わず。七ツ釜小屋で出発準備した女性二人と会ったきり。
それっきり山頂まで誰とも会わず。とても静かな山行。


20160710choukaibeer02.jpg

七ツ釜の避難小屋を過ぎると雲の中に突入状態。康ケルン。

雪渓が段々大きくなり、しかも雲(ガス)の中。行く先分からんw。
前に来た時の記憶、ガスが薄くなった時の赤テープ、標柱、そしてGPS。
ゆっくりゆっくり慎重に。大雪路は不安でした(汗

1800m付近でガスから雨に。合羽装着。あとは一日合羽。

氷の薬師、舎利坂を経て稜線へ。谷から吹き上げてくる風雨が厳しい。

20160710choukaibeer03.jpg

8:31、七高山山頂。そそくさと写真を撮って通過。
カメラのレンズがすぐに曇る湿気。カメラ、壊れませんように…

山頂を通過して向かったのは山頂神社。8:50着。

20160710choukaibeer04.jpg

覇者の一杯!レンズが曇っちゃいました。
天気がイマイチなので、七高山から引き返そうと思ったのですが、
この誘惑に勝てずww
結局、様子を見ながらと言いつつ、生ビールまで来ちゃいました。

この後、休憩料300円を払い売店隣の小屋で朝飯。
それから鳥海山頂美術館へ。
記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-07-10

山頂神社出発9:50。稜線へもどるため雪渓を渡っていたら
得意の両足痙攣。キックステップが悪かったみたい。

芍薬甘草湯をドーピングしw、攣らないようゆっくりゆっくり登坂。
10;06稜線、10:12再びの七高山。

相変わらず雲の中。霧雨というか。たまに本降り。

20160710choukaibeer05.jpg

霧雨が弱まった隙にパチリ。ホソバイワベンケイ?
カメラ壊れるかも、なので、あまり出せず。

20160710choukaibeer06.jpg

チョウカイアザミ。

登ってきた時の記憶をたぐりながら雪渓を下山。
足は攣りそうだし、右膝の裏が痛くなりそうだし、とノンビリ、ノンビリ。

12:17駐車場到着。まあまあです。


トラックバック(0) 

行ってきました、鳥海山頂美術館2016 「2,236枚のLOVE m*wa写真展」 [美術館(の空間)が好き]

前の記事で紹介した鳥海山頂美術館、休みがぁ~、天気がぁ~、と
なかなか行けそうにない、と締めくくったのですが、行ってきましたw

20160710choukaim01.jpg

雲の中を3時間15分かけて来ちゃいました。(祓川から)

20160710choukaim04.jpg

鳥海山頂美術館2016
「2,236枚のLOVE m*wa写真展」
http://choukaizan.jp/?page_id=8

20160710choukaim02.jpg

今年も松本館長さんからお話を聞くことができました。

宮城県大崎市在住の山photoガール、m*waさんはとにかく鳥海山の写真を
撮りまくっているそうで、写真の他に動画も撮って編集し作品にしているそう。

松本館長さんが
m*waさんに声を掛けて2,236枚(鳥海山・標高2,236m)の
写真展開催が決まったそうですが、2,236枚の写真は半端じゃ無い量。

m*waさんも選んでみたら1,200枚くらいしか無かったとか。
そこで5月から松本館長さんの案内で鳥海山を撮りまくったらしい。

その写真の量には圧倒されます。

20160710choukaim05.jpg

片面だけでは収まらず、両側、天井、棚の下、入口のドア…

20160710choukaim03.jpg

宿泊室入り口ドアです。何処がドアなのか分かりませんww

この圧倒的な数の写真、ありとあらゆる鳥海山が撮されています。
山の中は勿論、里から望んだ鳥海山。湿原の花を前景に鳥海山。
朝の影鳥海もあれば、夜の星空もあります。季節も春夏秋冬。

鳥海山に住み着いてるんじゃ無いかというくらい。
初めて見る鳥海山のアレコレを楽しんできました。
いつか自分の目でも見てみたい。ってためには通わなきゃないですね。
そんなことを考えると、凄い写真達です。

20160710choukaim06.jpg

写真集もありました。(販売品では無いそうです)

お土産に絵葉書。
20160710choukaim07.jpg

5枚セット500円。
2種類有ります。今回は、赤い岩と影鳥海に惹かれてコチラのセット。

ドアの写真の上辺りに貼られています。すぐ見つけました。
写真集の表紙にも使われているので、m*waさんイチオシなんでしょうか?
館長さんに聞いてみれば良かった。

20160710choukaim08.jpg

ポストカードの裏側。
トラックバック(0) 

鳥海山頂美術館2016のCM動画 [美術館(の空間)が好き]

鳥海山の山頂に山開きの期間だけオープンする鳥海山頂美術館。
(正確には、9合目の神社の所ですが)。
登らなければ見ることの出来ない美術館。

2011年から毎年見に行ってます。生ビール付きでw。
昨年の記事
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2015-07-14

今年のサイトがあったのでご紹介。
http://choukaizan.jp/?page_id=8

今年は「2,236枚のLOVE m*wa写真展」。

宮城県大崎市在住の山photoガール、m*waさんの2,236枚の写真を展示。
(鳥海山は標高2,236m)

CM動画もありました。30秒


https://youtu.be/9Wgbr5uh2HI

行く気満々なんだけど、休みと天気が合わない。
明日は晴れると思ったんだけど、雨マークに変わっちゃった…

※2日後の7月10日に行ってきたw
 http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-07-10
トラックバック(0) 

久々に食べられた 福士そば屋の中華 [食べ物・飲み物]

鷹巣に勤務していた頃は時々食べに行っていた福士そば屋の中華。

昨春、転勤が決まり暫く機会が無いなと訪ねてみれば休業中。
その後、中華のみで営業を再開したと聞いたものの行く機会に恵まれず。

所用で北秋田市へ行く機会があり、ようやく食べることが出来ました。


20160707fukusi.jpg

久しぶりなので?w、中華大盛りチャーシュー 800円。

魚ダシの優しいスープに中華の麺。満足。
半分食べてから胡椒投入。胡椒と相性が良いスープです。
(あくまで個人的感想です。感じ方には個人差がありますw)

11時過ぎの開店したばかりでしたが、私の前に一人。その後も次々と。

満ち足りた気分で帰途に就きました。


トラックバック(0)