So-net無料ブログ作成
検索選択

「森羅万象:棟方志功とその時代」展 青森県立美術館 [美術館(の空間)が好き]

殆ど呑み会だったGW。アルコール漬けでした。天気もイマイチでしたし。
そんな中、3日だけは気温も上がり天気も良いとのことで急遽お出かけ。
目的地は青森県立美術館。って、インドアなら天気関係なし?w
でも、行き帰りが楽です…。

20160503aomori1.jpg

1年ぶり。先回は成田亨展。もう1年も経ったのか…

今回の企画展は棟方志功。
青森県立美術館開館10周年記念
「オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代」展

美術館には常設コーナーがありますし、青森市内には記念館もありますが、
まとまった展示且つ普段は他所に有るものが来るということで楽しみ。

感想的メモ
・雑誌「白樺」のゴッホの絵を見てゴッホを目指したというその白樺。
・棟方志功が描いたひまわりの絵。同時代の他の画家のひまわり。
・晩年に棟方志功が描いたひまわりが展示会場の終盤に。
・ひまわりからひまわりまでの変遷?という見方も面白い。
・棟方志功と言えば狂気的な版画家、なイメージがあった。
・テレビ等で見た、版木に顔をくっつけて激しく彫る映像のせい。
・作品も、太く黒い線の激しい物か、丸い顔の女性のイメージ。
・実際には様々な作品があった。油絵もあった。
・初期の風景画は穏やかだった。
・ラベルや包装紙などのデザインも手掛けていた。
・今も使われている。銀座中村屋など。
・柳宗悦主導の民芸運動にも関わっていた。
・そのため、柳宗悦、濱田庄司の陶芸も展示されていた。
・その昔、立ち寄った美術館で偶然「濱田庄司」展を見たことを思い出した。
 http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2011-08-26-1

続いて常設展へ。
・奈良美智氏、少女の頭像?が新たにあった。
・家?が奥の部屋に移動していた。
・対面の窓から覗き込む人の顔が作品ぽく見える。こちらの顔も?w

・棟方志功の三湯仏(蔦、酸ケ湯、浅虫)が一同に会して展示されていた。
・通常は土用丑の日前後の丑湯祭りでそれぞれの宿で特別公開されるものだとか。
・丑湯祭りで各宿へ行きたくなりました。もちろんお泊りで。

・成田亨氏の「鬼」が展示されていました。
・昨年の成田亨展で購入した図録で見た実物が。満足w
 図録購入時の記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2014-08-14

そして、今日も「あおもり犬」へ。人気です。

20160503aomori2.jpg

20160503aomori3.jpg

この背中のラインが好きです。哀愁を帯びてる、と思いますw

20160503aomori4.jpg

こんな所も撮ってみましたw

20160503aomori5.jpg

美術館併設のレストラン「cafe4匹の猫」へ。
混んでました。
塩と胡椒の入れ物が電球。美術館っぽい遊び。

20160503aomori6.jpg

頼んだのは、新鮮アスパラガスとウニのクリームパスタ。
ウニたっぷり。ウニの風味が効いてて美味い。
秋田県人の私でも塩分大丈夫か?と思う味の濃さ。
でも、濃いからこそ美味いんだと思います。もっと食いたい。また食いたいw。

トラックバック(0)