So-net無料ブログ作成
検索選択

日曜美術館に釣られてジョルジョ・モランディ展 岩手県立美術館 [美術館(の空間)が好き]

静物画への興味は薄い方です。
岩手県立美術館でモランディ展を開催中ですが行く予定は無し。
でした。

が、先日の日曜美術館(NHK)を見たら俄然興味が湧きました。
ただのミーハーとも言いますww
常設展示も見たいし、と行ってきました。

職場のクリーンアップに参加した後、普段より遅めの出発。
美術館到着11時。

20160528morioka01.jpg

日曜美術館での解説を思い出しながら鑑賞。

以下メモ
モランディは描く対象の静物を自ら作成していた。
同じ静物が繰り返し登場する。
静物の配置はすごく計算されているようだ。
同じ組合せで、配列を変えた絵を描いている
それらを並べて展示していて比べやすい。

-終わりなき変奏- の副題に沿った展示でした。
私にもおぼろげに分かったような。

20160528morioka02.jpg

岩手県立美術館と言えばこの回廊。

20160528morioka03.jpg

反対側から。
この雰囲気好きです。美術館の建物好きですからw。

常設展示は、岩手県ゆかりの方々。陶芸がインパクト有り。
萬鐵五郎氏の部屋は入ると正面に自画像5枚。コチラ向き。
病んでるなぁ、と感じます。(感じ方には個人差が…)

松本俊介氏、舟越保武氏の部屋もゆっくり鑑賞。満足。

20160528morioka04.jpg

休憩コーナー。
三角のイスが面白い。そして、座り心地良好。
トラックバック(0) 

ワインバー「Balade」(バラード)にも再訪しちゃった(秋田市) [食べ物・飲み物]

会議帰り、電車までの時間で地酒BARUに立ち寄った訳ですが、
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-05-29-1

駅まで後僅かの所でまたまた寄り道。
バルとかタパスとかピンチョスとか、そんな言葉に弱いんですw

20160527_09balade01.jpg

1月にも立ち寄ったワインバー「バラード」へ。
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-01-19

20160527_10balade02.jpg

AKITAタパスが食べたかった。
県内産のアレコレです。白神酵母のパンと土田牧場の何とかと…
メモ撮ってくれば良かった。酔ってて覚えてませんw

20160527_11balade03.jpg

もう1品食べたくなってオススメされたのが、こちら。
エビとホタテのアヒージョ。油がぐつぐつと出てきました。
あふあふと火傷しないよう食べました。満足。

グラスワイン800円くらいなので、お会計はそれなり。
まあ、年に1度行けるかどうかなので、いっかなぁ。

切り盛りしているお姉さん(女性じゃ無きゃマスターなんでしょうけど。
ママは違う感じだし)の客あしらい?会話?もイイし楽しい一時でした。

トラックバック(0) 

地酒BARU TUBASA (秋田市) 2回目 [食べ物・飲み物]

秋田市での会議が終わって17時前。電車に乗る前に飯でも。
飯には酒が付きものですww。憑きもの??w

1月に立ち寄って良かった駅近くのお店を訪ねてみたら…無かった…。
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-01-18

それじゃあ、とちょっと離れてますが、地酒の揃えが独特?な
地酒BARU TUBASA へ。 開いてるかな?空いてるかな?
ここも機会があったら再訪したいと願っていたお店。
前回の記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-01-16

20160527_05bal01.jpg

こんな明るい時間にww。開いてました。本日の第一号。
カウンターの無いお店ですが、他にお客さんが居ないのでマスターが
フロアに出てきてお話できました。

20160527_06bal02.jpg

お通しはネマガリダケを皮ごと茹でたもの。太い。
マスターのお父さんが採ってきた物だとか。田沢湖近辺産とのこと。
もちろん皮は剥いて食べます。
「お客さん、タケノコの皮剥けますか?」と訊かれました。

1杯目のお酒は、まんさくの花 雄町酒 純米大吟醸 一度火入れ原酒。
辛口とのことでしたが、スッキリとした甘さを感じるお酒でした。

肴をお任せしたら、刺身の盛り合わせはどうですか?とのことでお願い。
準備してる間、この子と話してて、とJDなスタッフを置いていったのですが、
オジサン(オジイサン?)、会話に詰まります…。
お酒の解説とか地元のお話とか、とても素敵なお嬢さんでした。

2杯目は阿桜 荒走り。 メニューには載せていない酒。裏メニューとのこと。
ビリビリと感じるお酒。暴れているというか。面白い。楽しい。

3杯目は(汗…。2杯くらいのつもりがあっという間の暴走モード。
で、3杯目は まんさくの花 金亀のラベルのお酒(名前忘れたww)

20160527_07bal03.jpg

スタッフのお嬢さんが、白い亀も有ると言ってたような?
この日、一番辛く感じたお酒。飲む順番とか良い方も有るのでいい加減ですが。

そして4杯目ww
天の戸 天黒 黒麹仕込み純米原酒
20160527_08bal04.jpg

今までのお酒と味の系統が全然違う感じ。酸味が有るような甘いような。
デザート系の甘いお酒とも違います。初めての味かも。美味いです。

グラスの写真、お酒の銘柄に合わせて、そこの銘柄のグラスが出てきます。
(無いのもあるそうですが)

ここまで1時間弱。1杯600円くらいなので、お値段はそれなり。
ですが、それ以上に楽しい時間を過ごせたので満足です。
トラックバック(0) 

リゾートしらかみでランチ [雑記]

JR東日本の観光列車、リゾートしらかみ(秋田~青森・五能線経由)で優雅?wにランチ。

といっても残念ながら観光じゃ有りません。お仕事。
秋田市で会議があったのですが、丁度良い列車がリゾートしらかみでした。

指定席料金520円かかりますが、その価値はありました。
・1本前だと早すぎる。仕事が片付かない。秋田市で暇すぎる。
・1本後ろだとギリギリ。タクシー使ったら520円じゃ済まない。
・リゾートしらかみは指定席。確実に座れて弁当が食える。etc

20160527_01higashinoshiro.jpg

東能代駅のホームでリゾートしらかみ待ち。

20160527_02shirakami01.jpg

五能線からポイントを幾つも超え、奥羽本線上り用の1番線へ。
クマゲラ編成でした。

20160527_03shirakami02.jpg

通常?座席の1号車。前との間隔がやたらと広い。ゆったり。
私の足の長さが不足している、のは確かですが、それ以上に広い。
広すぎて、テーブルが遠く感じます(汗

20160527_04karaagetorimeshi.jpg

駅弁。花善「から揚げ 鶏めし弁当」

車内販売もありました。仕事じゃ無きゃ、「ビール!」なんだけど… 


トラックバック(0) 

本因坊戦記念スイーツ 「フランス菓子カスミ」(能代市) [食べ物・飲み物]

来月、能代市の元・料亭「金勇」に於いて本因坊戦が開催されます。

囲碁には疎い私でも知っている井山裕太7冠王がやって来ます。(ミーハーw)
能代市中が盛り上がってます。ミーハー心を刺激しますw。

そんな雰囲気をさらに盛り上げようと、カスミさんからスイーツ各種が発売されました。
囲碁にちなんで、5月15日の今日。ゴ・イゴなんだそうです。

数種類有る中から早速買ってきたのがコチラ。

20160515kasumi.jpg

ハネドレアチーズ と ハネドショコラ。
碁石のイメージがあります。

ハネドショコラ、チョコムースケーキの上に丸くスライスしたチョコ。
一枚一枚剥がして食べようとしましたが、そのままバクッとw。
カスミさんのチョコムースは大好きなので大満足でした。

黒を食べたら白も食べなければなりません?ww
ハネドレアチーズ。上のチョコはホワイトとストロベリー。こちらもバクッとw。
ケーキは甘酸っぱさがイイ!木莓?かなり甘いんだけど酸っぱさが爽やか。
これは美味い! 両方食べて正解ww。


他にも本因坊戦をイメージしたケーキが出ています。
明日(2016.05.16)の毎日新聞全国版にも出る予定とか。

※なんと…、YAHOOニュースにもう出てる…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160515-00000046-mai-soci


ところで、先日の金勇でのイベント、ケーキの写真を誉められちゃいました。
コチラ=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-04-24
もちろん偶然の出来です。光線の加減とか、カメラの向きとか。
でも美味しそうに見えて良かった。


トラックバック(0) 

08(ゼロハチ)COFFEE(秋田市)は私好み [食べ物・飲み物]

秋田市へいったついでに、08(ゼロハチ)COFFEEさんへ
http://08coffee.tumblr.com/

201605150801.jpg

ここの豆がとても私好みだったので。
過去記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-01-03-1

今回購入するのは、ブレンド#7
酸味の爽やかなコーヒーです。

実は、酸味は苦手です。コーヒーでも酒でも果物でも。グレープフルーツ苦手。
(あ、グレープフルーツハイは好きですww)
でも、ここのコーヒーを飲んでから酸味のコーヒーも良いな、と。
というか、08の酸味は好きだな、と。

今回は、喫茶コーナーへも。前回は満員で入れず。
酸味と甘みがあるというエチオピア浅煎りを(うろ覚えです…)。
抽出してる時の匂いがとても良い!。甘いというか。
味はフルーティ。酸味が有り甘みがあり果物みたい。こんなの初めて。

コーヒーの他はスイーツ(ケーキ3種類)だけで、漂う香りはコーヒーのみ。
お店によっては、折角の匂いがカレーやパスタの匂いに負けてるお店もあるので、
コーヒーだけ楽しみたい時にはこちらの方が有り難い。
(もちろん両方美味しい店を楽しみたい時もあります)

201605150802.jpg
     
ブレンド7番を挽いて貰って200gとコーヒーバッグを買ってきました。
コーヒーバッグの過去記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2016-01-12
トラックバック(0) 

「最後の印象派」展 秋田市立千秋美術館 [美術館(の空間)が好き]

アトリオンに用があったついでに秋田市立千秋美術館へ。
http://www.city.akita.akita.jp/city/ed/ss/senshu-art/

20160515inshouha.jpg

企画展「もうひとつの輝き 最後の印象派  1900-20's Paris」開催中。

日本ではあまり知られていない?、私のようなミーハーに知られるほど
有名では無いのだと思いますw。

見てて落ち着く穏やかな絵が多いと感じました。

千秋美術館にしては人が多く、印象派って人気あるのかな。

常設展示の岡田謙三記念館へ。(手前の一室です)。  Ⅰ期
具象画3枚と抽象画。

私、岡田謙三氏の具象画が好きです。1940年代?。戦前の作。
今期は、熱河村ほか何度か見た作品ですが、また見られて満足。

抽象画も抽象と具象が混在しする1970年代の作品が多数。
竹、松、梅、四季、藤、桜、かきつばた、竹垣、など何となく統一感のあるような?
亡くなられた年の作品も展示されていました。

6月から始まるⅡ期ではどんな作品が見られるでしょうか?楽しみです。

20160515inshouha2.jpg

ところで、年間パスポート買っちゃいました。元取れるかは??。
でも、気楽に入場できるから、何かのついでがあれば躊躇せず寄れるかな、と。

トラックバック(0) 

ミント、かき氷器、黒糖焼酎のモヒート風(コクート) [食べ物・飲み物]

庭のミントが元気です。

20160513_01mint.jpg

勿体ないから使わなきゃ。使い途と言えばアレしか思い浮かびません。
モヒート。ラム酒とミントとライムのカクテル。

ラム酒と親戚とも言える?、黒糖焼酎で作るモヒート風カクテル、コクートも
好きです。
http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2013-09-05-1

ラム酒は常備してませんが、黒糖焼酎は常備ww。
モヒートのレシピは色々ありますが、くラッシュドアイスを使ったのが好み。

氷を袋に入れて叩いてましたが面倒。調べたらかき氷器があるらしい。

20160513_02icemachine.jpg

2000円切ってました。ポチッとなw。そしたら「ペストル」なるものを勧められましたw
ミントを潰す道具とか。スプーンの背で潰すより楽々です。

20160513_03kokuto.jpg

ミントの葉10枚くらい。ペストルのお陰で豪快に潰せます。匂いたっぷり。
生ライムが入手できずライムジュース、ハチミツ、黒糖焼酎。

かき氷器でクラッシュドアイス(というかかき氷w)をドバドバ。
ソーダ水を入れて完成。

美味いww 


トラックバック(0) 

「森羅万象:棟方志功とその時代」展 青森県立美術館 [美術館(の空間)が好き]

殆ど呑み会だったGW。アルコール漬けでした。天気もイマイチでしたし。
そんな中、3日だけは気温も上がり天気も良いとのことで急遽お出かけ。
目的地は青森県立美術館。って、インドアなら天気関係なし?w
でも、行き帰りが楽です…。

20160503aomori1.jpg

1年ぶり。先回は成田亨展。もう1年も経ったのか…

今回の企画展は棟方志功。
青森県立美術館開館10周年記念
「オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代」展

美術館には常設コーナーがありますし、青森市内には記念館もありますが、
まとまった展示且つ普段は他所に有るものが来るということで楽しみ。

感想的メモ
・雑誌「白樺」のゴッホの絵を見てゴッホを目指したというその白樺。
・棟方志功が描いたひまわりの絵。同時代の他の画家のひまわり。
・晩年に棟方志功が描いたひまわりが展示会場の終盤に。
・ひまわりからひまわりまでの変遷?という見方も面白い。
・棟方志功と言えば狂気的な版画家、なイメージがあった。
・テレビ等で見た、版木に顔をくっつけて激しく彫る映像のせい。
・作品も、太く黒い線の激しい物か、丸い顔の女性のイメージ。
・実際には様々な作品があった。油絵もあった。
・初期の風景画は穏やかだった。
・ラベルや包装紙などのデザインも手掛けていた。
・今も使われている。銀座中村屋など。
・柳宗悦主導の民芸運動にも関わっていた。
・そのため、柳宗悦、濱田庄司の陶芸も展示されていた。
・その昔、立ち寄った美術館で偶然「濱田庄司」展を見たことを思い出した。
 http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2011-08-26-1

続いて常設展へ。
・奈良美智氏、少女の頭像?が新たにあった。
・家?が奥の部屋に移動していた。
・対面の窓から覗き込む人の顔が作品ぽく見える。こちらの顔も?w

・棟方志功の三湯仏(蔦、酸ケ湯、浅虫)が一同に会して展示されていた。
・通常は土用丑の日前後の丑湯祭りでそれぞれの宿で特別公開されるものだとか。
・丑湯祭りで各宿へ行きたくなりました。もちろんお泊りで。

・成田亨氏の「鬼」が展示されていました。
・昨年の成田亨展で購入した図録で見た実物が。満足w
 図録購入時の記事=http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2014-08-14

そして、今日も「あおもり犬」へ。人気です。

20160503aomori2.jpg

20160503aomori3.jpg

この背中のラインが好きです。哀愁を帯びてる、と思いますw

20160503aomori4.jpg

こんな所も撮ってみましたw

20160503aomori5.jpg

美術館併設のレストラン「cafe4匹の猫」へ。
混んでました。
塩と胡椒の入れ物が電球。美術館っぽい遊び。

20160503aomori6.jpg

頼んだのは、新鮮アスパラガスとウニのクリームパスタ。
ウニたっぷり。ウニの風味が効いてて美味い。
秋田県人の私でも塩分大丈夫か?と思う味の濃さ。
でも、濃いからこそ美味いんだと思います。もっと食いたい。また食いたいw。

トラックバック(0)