So-net無料ブログ作成

天気に誘われ茶臼岳まで 八幡平BCテレマーク [スキー・ボード]

平成28年1月30日(土)

yasuさんに誘われ八幡平へ。駐車場9時集合でしたが、偶然にも
前森山PAで合流w。駐車場到着8時過ぎ。

サクサクと準備を整え出発 8:25。
気温マイナス8度。暖かく感じるのは無風のせいか?

前山を登りながら良い場所を探す予定。この時点では茶臼岳予定無し。

20160130hachimantai01.jpg

先行するグループが旧・ゲレンデを登ってます。が、灌木だらけ。滑れないヨ…
雪が少ないせいか?木が大きくなったのか?両方??。

この状況は前山へ向かうルートも同じでした。恵比須沢沿いのルートも
灌木がうるさくて大変。ミニ尾根を無理して超え、樅山へルート変更。

20160130hachimantai02.jpg

樅山を登ってる最中に晴れてきました。ちなみに斜面は最中(クラストw)。
ここでシールトラブル。なんかスリップするなぁと見たら剥がれてた…orz。
yasuさんに大休止をお願いし、シールの雪を取り除き、腹に入れて解凍(汗。

復活してヤレヤレ。こっから滑っても楽しくない。

20160130hachimantai03.jpg

無事に樅山を登り切り、天気に誘われ何となく茶臼岳へ。
前山をパスしてアスピーテライン沿いに。その分、後でまとめて登るんですがw。

20160130hachimantai04.jpg

アスピーテラインから畚岳。畚(もっこ)という名前に納得の姿。

20160130hachimantai05.jpg

前山をパスした分の標高差をあえぎあえぎようやく山頂。11:10。

久しぶり(何年ぶり?)の茶臼岳山頂。眺め最高。そして寒くない。
ダイヤモンドダストがキラキラ。写真には写せず。(腕がありません)。

20160130hachimantai07.jpg

茶臼岳避難小屋方面。小屋下が良さそうに見えます。見えるだけかも。
ここまでずっと薄皮最中~もうちょっと固いクラスト。パウダーなし。

20160130hachimantai08.jpg

小屋下大当たり。締まったパウダー。あまり沈まず走ります。楽しいww。
1ヶ月ぶりの山、ニューザックは重く、少ない体力を削り取られてましたが、
快楽の誘惑に勝てず登り返し…。

攣りそうな脚をだましだまし登り返して2本目。この時点でまだ12:00。
ですが、色々終わってきたので(体力&天気etc)下山コースへ。

樅山へは右足を上にした長い長いトラバース。攣りかけました(汗。
樅山で大休止。最後の滑走へ。

20160130hachimantai09.jpg

薄皮最中ですw。舞い上がるパウダー、じゃなくてブロックww。
これはこれで楽しい。って、山に居るだけで楽しいです。

駐車場到着13:45。

本日の行程
20160130hachimantai.jpg

本日の動画 2分 (ラストにオマケなというかオマヌケなネタあり)



https://youtu.be/Dz_6SEoP4DI


yasuさん撮影・作成の動画
にしても、滑ってる俺うるさすぎ…



https://youtu.be/EzWWy1zfhX4
トラックバック(0) 

藤田嗣治の小宇宙~私のアトリエへようこそ~ 秋田県立美術館 [美術館(の空間)が好き]

20160123kenbi02.jpg

藤田嗣治の日本のアトリエに注目して紹介する展示会。アトリエには平野家の米蔵も含んでます。
(秋田の行事という大壁画を描いたのが平野家の米蔵)。

順路は「秋田の行事」展示室から。
米蔵で制作中の「秋田の行事」をバックにした写真が数点。平野政吉氏、藤田嗣治氏は当然として、
君代夫人も写ってました。秋田に来てたんだ、とビックリ。

県立美術館が所蔵している絵は何度か見ていますが、映画の後で見るとまた違います。
あの時のかなぁ、とか、あの後で描いたんだなぁ、とか。
県立美術館は映画に出てこなかった4番目の奥さん、マドレーヌさんが多いかと。

アトリエ再現と言うことで、目黒区美術館から藤田使用のトランク、
土門拳記念館から、アトリエ及び藤田を撮影した写真を借りてきてます。
その写真に写っていた制作中の絵がチケットにある「優美神」(聖徳大学川並記念図書館) 
こちらも展示されています。他に、絵では残っていない最初の奥さんとの写真とかも。

面白いな、と思ったのがトピックコーナー「藤田嗣治と東郷青児」。
とある画廊で同じ女性をスケッチした物が並べられていました。女性の写真も。
東郷青児はやはり東郷青児の女性に、藤田は割とリアル。

それと映画の中に登場した蚤の市で売られていたドールハウスも展示されていました。

映画を見てから鑑賞したお陰でより楽しめました。
さらに、映画をみればもっと楽しめるかも。

20160123kenbi01.jpg

美術館のカフェでコーヒーセット。榮太郎さんの米粉ロールケーキ。 

トラックバック(0) 

岡田謙三-色彩・形・マチエール- 秋田市立千秋美術館 [美術館(の空間)が好き]

20160123enzo01.jpg

千秋美術館の常設展です。=所蔵品+α。岡田謙三氏の作品をたくさん所蔵しているのですが、
きみ夫人からの寄贈品が大半です。秋田市に藤田嗣治があるのなら、ということで寄贈された
そうで、藤田嗣治氏とはとても縁があります。
岡田謙三氏は1924年から3年間パリに渡っており藤田嗣治氏と交流があったそうです。

さて、岡田謙三氏と言えば抽象画、なわけですが今回は初期のころの具象画もたくさん
展示されていました。私、岡田氏の具象画が好きです。パリ時代には向こうで賞も受けた
ようですが、日本には持ち帰ってないとか。

藤田の勧めで満州に渡って描いたものや、藤田の戦争画に影響を受けて描いた群像画があり、
その群像画に対する藤田からの手紙も展示されていました。

千秋美術館で一番有名かもしれない「踊り子」。具象画から抽象画への移行期でしょうか、
輪郭線だけで表現された4人の人物、見慣れてるせいか一番好きですw。

抽象画の方は、正直分からないのですがそれでも見る場所によって印象が違ったり、白にも
いろいろあるんだな、とか自分なりに鑑賞。

デザイン的な仕事や水彩画もあり、また違った岡田謙三氏を楽しめました。
岩田屋(福岡市)のレリーフ(写真)と紙袋もありました。紙袋、現役!

そして今回の目玉?(藤田ファン的にw)、初公開の映像がロビーに。
岡田謙三夫妻が35年ぶりにパリの藤田嗣治夫妻を訪問した際の8ミリフィルム。
撮影は多分岡田謙三氏。初めて動画撮影する人が陥るキョロキョロした絵ですが、
当時のパリ、藤田嗣治氏、君代夫人、岡田謙三氏、きみ夫人が映ってる貴重な映像でした。

トラックバック(0) 

映画「FOUJITA」からの自分的「藤田嗣治」祭り [美術館(の空間)が好き]

20160123foujita01.jpg

公開から遅れること数カ月、秋田市のルミエール秋田で
「FOUJITA-フジタ-」の上映が始まりました。

嫁さんから、県立美術館と千秋美術館の展示も藤田嗣治絡みで
良かったと聞いたので、まとめて堪能することに。

映画は上映初回。なんとw、ルミエールの社長からご挨拶が。
盛岡からいらしたのかぁ。何かお得な気持ちww。
小栗康平監督と同い年とか、松竹に勤めていたとか、面白い。

映画は、2番目の奥さんと別れて3番目の奥さんと暮らしたあたりの
乱痴気騒ぎのパリから、戦争画を描いている5番目の奥さん(日本人)
との日本での話へ。唐突な感じがしました。が、終わった後の監督挨拶
によるとあえてストーリーを追わないように作ったみたいです。
でも、藤田嗣治の来歴等知ってた方がより楽しめるかと。

映像は絵画的というか、全体に暗い画面が多くて、映画館の暗闇でこそ
見たい、見られて良かったと思いました。前半、パリでの伏線を後半の
日本で回収しているのを見つけて楽しんだり、ラストにフジタの眠る
教会にフジタが描いた壁画をじっくり映しているのを堪能したり、
絵画鑑賞のよう。

20160123foujita02.jpg

映画が終わった後に小栗康平監督の挨拶と質疑応答。
司会は、FM秋田の村井アナウンサー。

質問した方々は3人。皆さんレベル高い。そのお陰で興味深い話を伺えました。
いくつかを。
・藤田の絵を貶めないような映像を作った。
・映画にも静物画的な力があるはず。
・物語を追わないようにした。藤田のエピソードを集めれば波乱万丈な物語は
 できるが、絵に負けない映画を作るためにそうはしなかった。
のようなことを。

他にもいろいろありましたが、私の文章力では違うものになりそう(汗。

素晴らしい時間を過ごした感動を引き摺って、この後、藤田嗣治に関わる展示をしている、
千秋美術館「岡田謙三-色彩・形・マチエール-」、
秋田県立美術館「藤田嗣治の小宇宙~私のアトリエへようこそ~」
を巡ったのでした。


トラックバック(0) 

どきっ!女だらけのワインバー 「バラード」(秋田駅前) [食べ物・飲み物]

しょうもないタイトルですみませんw。何故だか頭から離れません…
そんなお年頃の昭和ジジイです…。ちなみに、客は男だらけww。

「浜盛」さんで、予定を2杯ほどオーバーし、フラフラと宿へ。
の途中に、ワインバー「バラード」さんがありました。

外から見るとカウンター席にお客さん。
居酒屋風な感じでワインが飲めるのかな?、と入店。
カウンターびっしり。1つだけ空いてて座れました。
一人呑みって、いい!w

グラスワインは5種類ずつとのこと(赤・白それぞれ)。
好みを伝えてお任せ。

20160117balade01.jpg

お通しと赤ワイン。

20160117balade02.jpg

メニュー。秋田タパスとあります。
タパス、バル好きとしては頼むしかないでしょうw。
(バルの文化が好きというか、昼から呑む文化が好きというか…ww)

20160117balade03.jpg

赤ワインと秋田タパス。

タパスが食べきれず、もう1杯白ワイン。
1杯で帰るつもりが3杯。前の店から4杯オーバー?w

常連さんらしき方に声を掛けてもらったり、お店の方にお話を伺ったり、
一人呑み堪能。帰ってから調べたらカウンター内は女性だけで回してるとか。
どうりで、男性客ばっかり(含む・自分w)

2Fの方には、男女のグループが居たようです。

20160117balade04.jpg

お店外観。お姉さんがお見送りしてくれました。


※追記
 twitterのフォロワーさんから情報をいただきました。<(_ _)>
 ・ランチも美味しいそうです。
 ・ランチの時もガールズだそうです。
 ・少し離れたとこにある串揚げ『蕾』も同じ系列とのこと。

んー、昼時も野郎で溢れかえってるんでしょうか?ww 


Balade
Balade
ジャンル:ワイン居酒屋
アクセス:JR秋田駅 徒歩3分
住所:〒010-0001 秋田県秋田市中通4-16-20(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 秋田市×ダイニングバー
情報掲載日:2016年1月19日


トラックバック(0) 

楽しい一人呑み 魚が美味い 居酒屋 浜盛(秋田駅前) [食べ物・飲み物]

※2016.05.27追記
 とても良かったので、また訪ねたら別の店になっていました。残念。
 移転したのか?閉めたのかは分かりません。肴、美味かったなぁ。

秋田の夜2日目。用事を終え出動できたのは20時過ぎ。
さて、どこへ行こうか。出遅れた感じが満々w。

20160117hamasei01.jpg

前夜、「からす森」へ行く手前に在った居酒屋が気になります。
「からす森」の看板はすでに消えています。その秋田駅側手前、
「居酒屋 浜盛(はませい)」さん。昼は麺屋らしい。
(ぐるなびより http://r.gnavi.co.jp/pvh7jnkv0000/

中を覗くとお客さんは無し。カウンターと8人掛けの大テーブル1台。
マスターに何を呑みますか?と聞かれ、日本酒のオススメは?と
尋ねて数本出てきた中にあったのが、これ↓

20160117hamasei02.jpg

「みなと 土崎」(那波商店) http://jizakemonogatari.net/
初めて見るお酒。那波商店のブランド、銀鱗は見たことがあります。
多分、那波商店のお酒を飲むのは初めて。一升瓶からセルフでコップにw。

なんと!呑み易い。私好みのすーっと入るお酒。水のようで効くと言う。
最終的に4杯飲んじゃいましたww

20160117hamasei03.jpg

お通しは小皿に4品。どれも美味しい。
「みなと 土崎」に合うオススメを、とのお願いに出てきたのが、

20160117hamasei04.jpg

ぶりの昆布締め。男鹿の塩orワサビ醤油で。

20160117hamasei05.jpg

ご飯ものを、というリクエストに海鮮丼。

20160117hamasei06.jpg

そしてつまみにエビ。

これで3000円でお釣りがきたような?。アルチューハイマー(汗

ビジネス客が多いそうで、土曜日は暇とのこと。
店を出るまで、客は私一人。とマスターと奥さん。

二晩続けて良い店に当たりました。
秋田に来る用事が殆ど無いのが残念。
ん?呑みに来る用事を作ればよいのかww

ぐるなびのタグが貼れるそうなので試してみますw

居酒屋 浜盛
居酒屋 浜盛
ジャンル:居酒屋
アクセス:JR秋田駅 徒歩5分
住所:〒010-0001 秋田県秋田市中通4-11-5 栄ビル1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 秋田市×居酒屋
情報掲載日:2016年1月18日



トラックバック(0) 

湯の越の宿(五城目町) 乳白色の良いお湯でした [温泉]

ツイッターでフォロワーさんが絶賛していた温泉、湯の越の宿(五城目町)
 http://www.yunokoshinoyado.com/

前々から気になっていました。
旧・山本町から五城目町に抜ける道路沿いにあるのですが、
通常は通ることの無いルートなので、ついでということも無いままでした。

今回、秋田市で暇を持て余し「そう言えば」と向かった次第。
秋田市から農道の山道を抜け、道の駅五城目を過ぎてまた山道?へ。
やや狭い道、雪道に小さな四駆で良かったなぁ、とw。
 20160116yunokosi01.jpg

案内の看板を曲がり、急な坂道を登って到着。
坂道は水?お湯?が流れており、雪はありません。
宿の前の駐車場は狭め。クラウンが苦労して切り返してました。が、
上と下にやや広い駐車場もあるので、大きな車でも大丈夫かと。

20160116yunokosi02.jpg

こちらから入館。日帰り入浴料400円。大広間休憩付き800円。
券売機には食事のメニューも並んでました。

ボディソープはありますが、シャンプーは置いてないとのこと。
使い切りのシャンプーを50円で販売しています。
貸しタオルもありません。210円で販売しています。

お湯は乳白色。硫黄の匂いがします。(強くは無い)。
源泉は47.5度らしいですが、浴槽では42度くらいとのこと。
熱くも無く温くも無く、と感じました。

お湯に入った直後はキシキシした感じでしたが、時間が経つと
気にならなくなりました。
また、上がった後、ふやけた指が乾いてガサガサしてたのが
いつの間にやらスベスべに。面白いww。 

さらに手足はポカポカ。良い湯です。
気持ち膝も痛くなくなったようなww


トラックバック(0) 

地酒BARU TUBASA (秋田市) [食べ物・飲み物]

朝、確実に秋田市に居なければならない用事があり前泊。
この機会に、前々から行きたかった大衆酒場「からす森」さんへ(秋田駅前)。

混んでます。運良く1席空いてて入れました。

20160115karasumori01.jpg

生ビール(大)を頼んで店内観察。皆さん何食べて飲んでるんだろ?
お隣さんの前に有ったメニューを借りて、煮込み豆腐入りを注文。
味噌味。甘め。

20160115karasumori02.jpg

お隣さんが「アブラ」なるものを注文していたので、私も。
豚肉の脂身を茹でて冷まし、酢醤油とニンニク&生姜。うめ~。

常連さんと店主の会話によると、今日は2階席が満杯。そんな状態が
ずっととのこと。それに対して常連さんが「テレビさ出たからだべ」。
ツイッターのフォロワーさん情報によると、先週AABに出たんだとか。
なるほど~。

この後、熱燗と焼き魚を頂き店を後に。
さて、ホテルに帰るには早い。少し近辺を散策。と明後日の方向へ。
ええ、宿に向かってるつもりだったんですが、見事に逆方向ww。

灯りに誘われるまま、あっちの通りへフラフラ、こっちの通りへフラフラ。

20160115jizakebaru01.jpg

ひときわ明るい看板に釣られてこちらのお店へ。
「雪の茅舎ナンバリング(限定)」の張り紙に吸い込まれましたww

地酒BARU TUBASA  さん。

20160115jizakebaru02.jpg

まずは、その「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)ナンバリング」。とお通し。
甘い。甘露甘露w。そしてお通し左端のイカが美味い。
ホタルイカを炙った物だそうですが、内臓の美味さというか酒に合います。

写真上、左側の黒いファイルがメニュー。じゃあ、右のカラフル表紙は??

20160115jizakebaru03.jpg

20160115jizakebaru04.jpg

蔵の情報や酒の情報が綴じられています。読みながら飲むと有り難み倍増w 


お薦めのツマミをお願いしたところ(揚げ物以外で)、だし巻き玉子。
これは飲んでおいた方が良いお酒は?と伺ったところ
まんさくの花 超限定 の 「金」と言うのが有るそう。

20160115jizakebaru05.jpg

こちら、お店の壁に貼ってあるのは「白」。その他に金が有るとか。
ええ、頼みましたよw。

20160115jizakebaru06.jpg

玉子に日本酒。合います。

20160115jizakebaru07.jpg

さらに、千代緑純米大吟醸 酒こまち

他にも、色々お薦めはあるそうです。
マスターの実家が秋田市御所野の有名な地酒取り扱い店である
「地酒やおおた」さんとのことで、そちらのPB酒もあるそう。

0.5合で1杯のため、何種類も味わうのに好都合。
1杯当たり250円(純米酒)から500円(大吟醸など)と高くもありません。
能代で飲んでも1合600円~千数百円ですし。

良いお店に行き当たりました。
今晩も秋田市だから、飲んでない酒を試しに行こうかなww
行けたらです…

ふらふらと辿り着いたため(酒の神に誘われた?かまけしの神か?w)、
店を出て、ここは何処?状態。私は誰?では無かったけれどww
帰り道、スマホのGPSに助けられたのは内緒ですww


トラックバック(0) 

ティーバッグのコーヒー版 COFFEE BAG [食べ物・飲み物]

20160112coffe01.jpg

こんなのがあるんですね、COFFEE BAG(コーヒーバッグ)。
ティーバッグのコーヒー版。08COFFEEさんの。

先日買ってきたコーヒー豆を飲み終えたのですが、
秋田市までは遠い。でも08COFFEEさんは、好みど真ん中。
そう言えば、近所のケーキ屋「Pomme(ポム)」さんに有るとか。

COFEEE BAGというティーバッグみたいなのをサイトで見た記憶が。
この先しばらく家で飲んでる暇は無さそうですが、明日はちょっと飲めそうだし、
ティーバッグ風なら職場でも飲めるかなと。

ポムさんを訪ねたら、COFEEE BAGだけでなく普通に豆もありました。
08COFEEEさんのポムさん用ブレンドが2種、季節の豆が一種。

スイーツに合うという「ポムブレンド」を購入してきました。

20160112coffe02.jpg

そして興味があったCOFEEE BAGも。

20160112coffe03.jpg

1個150円。職場でさっそく頂きました。
紐じゃなくて、プラスチックの板状なスティック。説明どおりに振り振り。
いつも飲んでた9番ブレンド。豆には負けるが美味しい。
香りは落した時のようにはありませんが、それは仕方ないかと。

コンビニコーヒーよりはずっと好みです。お値段1.5倍ですが私には価値ありでした。
対ブル○クスでは、お値段10倍。これはコーヒーバッグを使う機会が少ないのでOK。
週に数回だし、味は全然違うし。

もっと多く飲むんだったら値段に悩むかも。って、だったら豆にしますねw。


トラックバック(0) 

三途の川の渡し船はUFOだった!そうな [雑記]

ずっと昔、お花畑に行った記事を書きました。
臨死体験まで行かない、三途の川へ続く道の分岐点ぐらい。

霊魂もあの世も、在っても無くてもと思ってますが、
人間には、そんな時にそのようなものを見る機能が備わってるんだろう
とは思ってます。

以上前置き。
とある方から、そのパターンは初めて聞いた、というのを伺ったのでメモ。

とある方の状況
・倒れて意識不明。
・医者も無理だろうと言う
・親戚中が集まる。
・3日間意識不明の後、意識を取り戻す。

とある方の話
「UFOに乗ってパラダイスに行こうとしていた。あのまま行ってれば
死んでいたと思う。必要なものを自宅に取りに寄ったら看護婦さん達に
手足をしばられ、奥さんよりも若くて綺麗な女神さまが現れて
「あなたにはこの世でまだ受けなければならない試練があります」と言われ、
ついフラフラとその気になったら、目が覚めて病院のベッドだったそうな。

UFO、若い女神さまw…。どっちも初めて聞いた。死んだ親族じゃないんだ…

普段の生活と言うかバックボーンと言うか、見る物に影響与えるんだな、
と思った次第です。

1376255883.jpg
写真はイメージですw

※ 追記1(UFOの中の様子、本人談)

UFOに乗る際、入ったら私にはとても買えないようなレコードプレイヤーの
高級カートリッジがあって、これを先輩に見せたらUFO信じるだろうなぁと、
2,3個もらいポケットに入れました。
UFOの中はひとつの街になっており何でもタダで自由に使えると!
まさにパラダイスでした!その後、女神様になる女性が布団に寝ているのですが
空中浮遊しているんです!某オームの教祖のようなインチキじゃ無く布団に寝ながら
掛け布団と一緒に上下していて本当に浮かび上がれるんだなあと見てました。


※追記2(幽体離脱?、やっぱり本人談)

意識が戻らなかった3日間最初に見た夢?は親戚が見舞いにきてくれて帰りに
駅まで見送りに行くのですが、駅の階段をどうしても登れない (幽体離脱?)で、
駅前の交番に携帯電話の拾得物が無いのか聞いている。
(血を吐いて救急車呼ぶにも携帯が見つからなくて困っていたため?)

次は上下にローラーがありそこから看護婦さん達がペロペロの紙のような
物体になって出てきて普通の人間になり私は手足をつながれ自由を奪われ。
そうしているうち母が首だけになって浮遊し、やたらと私におせっかいをやく!
胡散臭くてその頭を踏んづけたらゴム製の頭だった。
手足のロープを切り取ろうともがき、カッターやハサミ持て来いと叫んだ!
(これは実際叫んでいたらしい)

次に運転した事もない大型トラックを見ず知らずの女性と乗り合わせ
山道を運転しうまく操作できなくて、もっと速度ゆるめろ!とか止まれ!とか
叫んだらしい(これも実際叫んでいたとの事)



いがらし感想
 どうしても若いお姉さんが出てくるんだな…
 カートリッジの件は、プログレ好きのレコード大量保持者らしいエピソードだな、と。

トラックバック(0)