So-net無料ブログ作成

浅草好きすぎるw ホッピーとデンキブラン [食べ物・飲み物]

春画展でムラッとしたので、性地じゃなくてw聖地・浅草へ。
私にとってホッピーの聖地・浅草なのですww

地下鉄で浅草へ。京急のドレミファインバーターに当たりプチ鉄的にラッキーw
(京急1000形 001-009でした)。盛り上がった気分で浅草ホッピー通りへ。

20151129asakusa01.jpg

○げつ(まんげつ)さん。
コラムニストの勝谷誠彦氏が、ここの「丸腸」を誉めていたので気になってました。
次にチャンスがあれば行こうと。氏が酒と食べ物について書いたのはアテになります。
(私にとっては、です。感じ方には個人差がありますのでよしなに…)

だれも居ないと思ったら12時からだそう。んー、まだ1時間あります。

20151129asakusa02.jpg

かっぱ橋道具街へ。
プロ相手の街ですが、最近は素人さんも歓迎してくれるとか。
とは言え、日曜日は大半の店が閉まっているのが本物らしいというかw

20151129asakusa03.jpg

まだ時間が潰せないので浅草寺にお参り。ん~、罰当たりかもww

20151129asakusa04.jpg

12時5分前、常連さんらしき方々が飲んでたので入店。
丸腸とホッピー。丸腸とタマネギの炒め物。噛むと脂がジュワッと。
脂身好きの私には堪らない。脂が甘い。これはイイ!

20151129asakusa05.jpg

黒ホッピーと牛すじ煮込み。こちらも美味しい。

マスターは30代?奥さんも出てます。店の奥から小さいお子さんが顔を見せてました。
カウンター後ろの壁にはマスター、奥さん、子どもたちのイラストが。
すごく良い味のイラストでした。

20151129asakusa06.jpg

さて、快特羽田行きに乗るべく浅草駅へ。
もう一杯ぐらいなら時間があるな、と神谷バーを覗いたら…
1席空いてます。これは寄るしかないでしょうww

20151129asakusa07.jpg

デンキブランオールドにチェイサーの生ビール。
サクッとやっつけて電車に向かいました。幸せだww。

浅草、好きすぎます。

20151129asakusa08.jpg

お土産にデンキブランとグラス。
通販でも買えますが、行った時にしか買わないようにしてます。
行った時に買った、というスパイスが味を更に引き立てる気がして。

トラックバック(0) 

SHUNGA春画展 永青文庫 [美術館(の空間)が好き]

世界が、先に驚いた。 SHUNGA春画展
明治以降、西洋的な価値観によって不謹慎なものにされた春画。
(と言ってもそれ以前も幕府非公認ではあったらしいが)
それが海外で芸術として評価され展覧会が開かれるように。
日本でも是非!となったのですが、どこも価値は認めるものの
ウチでは無理(圧力団体が怖い)となるなか引受けたのが永青文庫。

この機会を逃せばもう見る機会は無いかも。
というタイミングで職場の旅行。これは神の思し召し。(仏教徒ですがw)

20151129shunga01.jpg

地下鉄の駅を降り神田川沿いをぶらぶら。江戸川公園の隅を通って永青文庫。
8時59分に到着。並んでます。20番目。(9時半開館)
その後10分で40人、どんどん増えていきます。女性が多いような。

20151129shunga02.jpg

9時25分開門。80人ほどの列に。
開館までの時間を使い、係の方が永青文庫について説明。
元々は細川家の屋敷があったところで、事務所として使われていたとか。
屋敷は学生寮に、残り3万坪は新江戸川公園になっているとのこと。

春画展は永青文庫の4階から2階まで。4階から降りながらの順路。
例によって?入口付近は激混み。じっくり見るのは諦め後ろからざっと拝見。

そこを過ぎるとゆっくり。開館に並んだかいがありますw
肉筆画も版画も微に入り細に入り描かれています。いえ、アソコじゃなくて。
いやアソコもなんですが、着物も背景も精緻。表情も素晴らしい。流石一流どころ。

鈴木春信、葛飾北斎、喜多川歌麿、円山応挙…
私でも知ってる皆様が手掛けてます。皆さん、普通に?アソコを描いてます。
有り余る実力でww。でも、男のナニ誇張しすぎじゃないでしょうかw。

春画は、幕府が禁止してから益々盛んになったとか。
地下に潜ったので自由に表現できるようになったらしい。
上段に文、下に春画を白黒というか線画というで描いた冊子も。
これが絵本の元になったとか。エロは発展の元?昔のVHSの普及率アップとかw
貸本屋が村々を周り一対一で貸す地下出版物。的には無い物扱いで何でもありw

大名家でも春画を持っていたそうで、それらの展示もありました。
これがまた素晴らしく豪華。贈答用に贅を尽くして作ったんだとか。

最後に永青文庫で所蔵している春画も公開されていました。
細川家が所有していたことになりますが、入手先やいつからかは不明とのこと。
版画なのですが、色を重ねて何十度も刷ってる上に、金刷り、銀刷り、雲母刷りの
超絶技法を贅沢に使ってて鮮やかと言うかキレイというか素晴らしすぎ。

いいもの見ましたw

20151129shunga03.jpg

帰りは元細川家の敷地だった新江戸川公園を通って。
左上方が永青文庫です。

ところで、全然いやらしくなかった。なんてご意見の方もいらっしゃるようですが、
正直なところムラっと来ました。超一流どころが、そのために描いたんだから
一切ない方が失礼なんじゃ無いかとww。
(あくまでも私の感覚です。感じ方には個人差があります)。

もちろん全てにムラッとはしませんし、裸体の絵を見てムラッとするほど若くもありません。
絵の場面に、その絵の描くシチュエーションに、でしょうか。
あと、本物の力か?ww。

図録見ても納得はしてもムラッとはしませんし。
はい図録買ってきましたww

20151129shunga04.jpg

時代背景や歴史なんかを勉強中です。
浮世絵の有名どころはほぼ描いてるんじゃ無いでしょうか。
国芳、国貞、英一蝶、狩野派も。

トラックバック(0)