So-net無料ブログ作成
検索選択

青空で登り、ガス・吹雪で滑走。八甲田・硫黄岳 [スキー・ボード]

平成28年12月18日(日)

昨日まで雪。今日は晴れで気温上昇。今日はチャンスじゃないか?
ということで、yasuさんに誘われて八甲田へ。酸ヶ湯集合。

20161218iou01.jpg

青空です。山頂方面は風が強そうですが弱まることを期待。
今日はSATORUさんとkimuraさんもご一緒。
ゲートからの出発。お二人が先に出発。

私とyasuさん出発。8:54。
お二人のトレースで楽々。ありがとうございます。

20161218iou02.jpg

前方に大岳。期待が高まります。

20161218iou03.jpg

青い、白い、きれい。

20161218iou04.jpg

酸ヶ湯駐車場からの冬ルートと合流し、地獄湯ノ沢へ。9:38。
入ってすぐ硫黄岳の直登ルートへ。

SATORUさん先頭。速い。ラッセルしてるのに、置いて行かれました。
私がヘタレすぎるんですけど(汗w

20161218iou05.jpg

硫黄岳鞍部10:17。
天気が怪しい。ガスで視界がない。そして強風。

手前のピーク到着10:31。強風の中滑走準備。
時々下まで見えます。ちょっとでも良くなった隙に滑走。

20161218iou06.jpg

kimuraさん。うっすらと下部が見えてます。

でも滑ってると斜面が見えません。斜度が分からない。
そしてウィンドパックされた雪。表面固くて、でも潜るという難しさ。
それも含めて楽しみました。全身でww。2回撃沈(汗w。

小屋まで登り返し25分。私ヘロヘロ。弱い…
小屋でまったり。小屋は賑わってました。

12:20小屋から出てみると、ガスで真っ白。さらに悪化してる…
風は益々強いし、吹雪いてきました。
小屋下を滑ろうと思っていましたが中止。下ることに。
シールを着けたまま名無し岳(通称)へトラバース。

20161218iou07.jpg

名無し岳からの滑走開始地点。こんな状況。
ここでシールを外し慎重に滑走。地獄湯ノ沢のトレースに合流。

一息ついていたら上から人が。
夏の八甲田残雪スキーで良く会うchibaさん。
大岳の途中まで行って来たそう。この天気の中、流石です。

酸ヶ湯ゲート到着13:23。
こんな状況の中、硫黄岳を1本滑れて感謝。
ご一緒くださった皆様のお陰です。ありがとうございます。

本日の動画 40秒。



https://youtu.be/8SntdXeKooE 


トラックバック(0) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。