So-net無料ブログ作成

洗い場も熱い 熱い湯「大川原温泉」(青森県黒石市) [温泉]

八甲田夏スキーの帰りに良く立ち寄る「大川原温泉」。
夏スキー&山歩きは、汗まみれですから早くスッキリしたい。

登山口は有名な酸ケ湯温泉で、私も大好きなのですが、
硫黄臭が強過ぎて普段使いには向きません。
入浴すると家の布団まで硫黄臭くなる素晴らしさ。
この強烈さが良いんですけどね。

20160619ookawahara_01.jpg

ということで、大川原温泉。アルカリ性単純温泉。
看板に従って国道394号線から大川原の街へ。

20160619ookawahara_02.jpg

大川原温泉館 ふくじゅ草

入浴料金200円。
安いです。石鹸とシャンプーはありません。
持っていない場合は、向かいの高橋商店で買えます。

20160619ookawahara_03.jpg

地元の特産物もあります。私はもっぱら風呂上がりのアイスw

大川原温泉の特徴はその熱さじゃないかと思ってます。(個人的感想)
源泉温度が57度。使用温度42度とか。熱いです。
湯量も豊富なようで、湯船から溢れ洗い場を流れています。
チョロチョロじゃなくて、ごうごうと言う感じで。

脱衣所から風呂場=洗い場に足を踏み入れた瞬間、「アチッ」となります。

身体を流して湯船へ。右の方がやや温め。でも他と比べたら熱い。
向かって左側は熱め。以前よりは低くなったような。
前は1分も入っていると、肌に赤い点々が出るくらい熱かった。
あれはあれで面白かったんですが。下げたのかな?

大川原温泉は、NHK「ふだん着の温泉」でも取り上げられていました。
地区の家々が当番を決めてお風呂を掃除しているというのが印象深く
記憶に残っています。

トラックバック(0) 

トラックバック 0