So-net無料ブログ作成
検索選択

藤田嗣治の小宇宙~私のアトリエへようこそ~ 秋田県立美術館 [美術館(の空間)が好き]

20160123kenbi02.jpg

藤田嗣治の日本のアトリエに注目して紹介する展示会。アトリエには平野家の米蔵も含んでます。
(秋田の行事という大壁画を描いたのが平野家の米蔵)。

順路は「秋田の行事」展示室から。
米蔵で制作中の「秋田の行事」をバックにした写真が数点。平野政吉氏、藤田嗣治氏は当然として、
君代夫人も写ってました。秋田に来てたんだ、とビックリ。

県立美術館が所蔵している絵は何度か見ていますが、映画の後で見るとまた違います。
あの時のかなぁ、とか、あの後で描いたんだなぁ、とか。
県立美術館は映画に出てこなかった4番目の奥さん、マドレーヌさんが多いかと。

アトリエ再現と言うことで、目黒区美術館から藤田使用のトランク、
土門拳記念館から、アトリエ及び藤田を撮影した写真を借りてきてます。
その写真に写っていた制作中の絵がチケットにある「優美神」(聖徳大学川並記念図書館) 
こちらも展示されています。他に、絵では残っていない最初の奥さんとの写真とかも。

面白いな、と思ったのがトピックコーナー「藤田嗣治と東郷青児」。
とある画廊で同じ女性をスケッチした物が並べられていました。女性の写真も。
東郷青児はやはり東郷青児の女性に、藤田は割とリアル。

それと映画の中に登場した蚤の市で売られていたドールハウスも展示されていました。

映画を見てから鑑賞したお陰でより楽しめました。
さらに、映画をみればもっと楽しめるかも。

20160123kenbi01.jpg

美術館のカフェでコーヒーセット。榮太郎さんの米粉ロールケーキ。 

トラックバック(0) 

トラックバック 0