So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「FOUJITA」からの自分的「藤田嗣治」祭り [美術館(の空間)が好き]

20160123foujita01.jpg

公開から遅れること数カ月、秋田市のルミエール秋田で
「FOUJITA-フジタ-」の上映が始まりました。

嫁さんから、県立美術館と千秋美術館の展示も藤田嗣治絡みで
良かったと聞いたので、まとめて堪能することに。

映画は上映初回。なんとw、ルミエールの社長からご挨拶が。
盛岡からいらしたのかぁ。何かお得な気持ちww。
小栗康平監督と同い年とか、松竹に勤めていたとか、面白い。

映画は、2番目の奥さんと別れて3番目の奥さんと暮らしたあたりの
乱痴気騒ぎのパリから、戦争画を描いている5番目の奥さん(日本人)
との日本での話へ。唐突な感じがしました。が、終わった後の監督挨拶
によるとあえてストーリーを追わないように作ったみたいです。
でも、藤田嗣治の来歴等知ってた方がより楽しめるかと。

映像は絵画的というか、全体に暗い画面が多くて、映画館の暗闇でこそ
見たい、見られて良かったと思いました。前半、パリでの伏線を後半の
日本で回収しているのを見つけて楽しんだり、ラストにフジタの眠る
教会にフジタが描いた壁画をじっくり映しているのを堪能したり、
絵画鑑賞のよう。

20160123foujita02.jpg

映画が終わった後に小栗康平監督の挨拶と質疑応答。
司会は、FM秋田の村井アナウンサー。

質問した方々は3人。皆さんレベル高い。そのお陰で興味深い話を伺えました。
いくつかを。
・藤田の絵を貶めないような映像を作った。
・映画にも静物画的な力があるはず。
・物語を追わないようにした。藤田のエピソードを集めれば波乱万丈な物語は
 できるが、絵に負けない映画を作るためにそうはしなかった。
のようなことを。

他にもいろいろありましたが、私の文章力では違うものになりそう(汗。

素晴らしい時間を過ごした感動を引き摺って、この後、藤田嗣治に関わる展示をしている、
千秋美術館「岡田謙三-色彩・形・マチエール-」、
秋田県立美術館「藤田嗣治の小宇宙~私のアトリエへようこそ~」
を巡ったのでした。


トラックバック(0) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。