So-net無料ブログ作成
検索選択

除雪機 オイル交換と塗装 [車・バイク]

出動まではまだ1ヶ月以上有りますが、暖かいウチに除雪機整備。

20151114josetuki01.jpg

最初に錆落とし。ワイヤーブラシ等でそれなりに。
箒やブラシで出た錆を払い落とし、雑巾で水拭き。
これで塗装の下準備OK。って、2時間近くかかってしまった。

20151114josetuki02.jpg

塗装の前にオイル交換。オイルを出しやすくするためにエンジン始動。
まずは外しておいたバッテリーを接続。ついでに液量なんかもチェック。
セル一発、エンジンが掛かりません(汗w

ガソリンが足りませんでした。GSまで買い出しへ。

20151114josetuki03.jpg

キャタピラを避けるため、段ボールで樋を作り廃油トレーへ。
先日買ってきた高清水四合瓶の箱が丁度良い感じ。コーティングされてるしw。

20151114josetuki04.jpg

新しいオイルを注入。入れ過ぎるとエンジンの負担になって不調となるらしいので、
ゲージで測りながら下限と上限の中間辺りまで。大体1L投入。

20151114josetuki05.jpg

塗装はスノーノーベル。シリコン入りの透明(に近い)塗料。
分解して部品ごとに色の塗れない私には便利な塗料です。
http://www.snownobel.co.jp/

塗料は10分ほどで乾燥。
各種操作レバー等の可動部にグリス塗布。で整備終了。

のハズだったんですが、故障発覚。
走行クラッチとオーガクラッチ(除雪クラッチ)を同時に握ると
オーガクラッチがロックされるようなっています。そうすると
片手が空くので、シューターの向き・角度を変えたり、走行スピードを
変えたり出来るのですが、そのロックが出来ない。
操作が必要になる度に除雪機を止めていたのでは作業効率が悪すぎる。
かといって、オーガクラッチをゴムバンド等で固定してしまうのは危険すぎる。

農機具屋さんに連絡して、見て貰うことにしました。
直るかな? 

※11/17追記
 土曜日に電話したら月曜日に持って行ってくれ、火曜日に戻ってきました。
 オーガのベアリングがダメになってて、オーガのシャフトが壊れる寸前だったとか。
 危ねぇ~。買い換え、しようにも新車も中古も手に入らない時期。
 その前に新車は無理ですが…

 オーガ分解修理作業 15,000円
 ベアリング2個、ベルト2本 5,300円
 の20,300円の修理費でした。農機具屋さん曰く「大変だった」とのことw


トラックバック(0) 

トラックバック 0