So-net無料ブログ作成

大館土産「明がら寿」(あけがらす) [食べ物・飲み物]

大館市の銘菓「明がら寿」(あけがらす)。
寒氷(寒天と砂糖をまぜたもの)にクルミの実を入れたお菓子。
乱暴に言えば、砂糖のヨウカン。強烈な甘さが売りです。

子どもの頃、一口で挫折した記憶が。
能代銘菓「東雲羊羹」を1本食べる子どもでしたが。
あまりの甘さに、総毛立ったような。
こちらでは、「ムシ被る」と表現する甘さ。

今回アメッコ市で大館市に行ったついでに、
駅前の山田桂月堂さんに寄って仕入れてきました。

職場へのお土産。
ヨウカンのように、1本になっているのですが、
それを切って1個ずつ包んでいる品を買いました。

お店の方は、
「1本の方がお得ですよ」、とおっしゃってましたが、
職場では、こちらの方が食べやすいかと。

思ったより好評。
昔ほど甘さを感じません。フワッと広がるクルミの風味がグッド。
ですが、食べた後で甘さが襲ってきます。やはり「明がらす」。
美味しいと2個食べた方も。

遠野市にも「明がらす」と言う、有名なお菓子があるそうです。
味は違っているとか。今度行ったら試さねば。

※2017年8月3日。行って来ました。
 http://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2017-08-05

1234895494.jpg
職場へのお土産

明がら寿…右

斉作のアメと生キャラメル…左


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0